AERA

【全文】なぜ嫌婚? 独身たちの主張なき抵抗

2015/9/15(火) 17:07 配信

誰もが結婚するのが当たり前だったのは、40年前のこと。
いまどき「結婚してこそ一人前」とはさすがに言われないが、相変わらず、結婚しないでいることには「理由」を求められる。
それでもなぜ、未婚化が進むのか。
社会学者の水無田気流さん、恋愛ブロガーのはあちゅうさん、男性学を専門とする田中俊之さんの3人が語る。
(Yahoo!ニュース・AERA編集部)

皆婚から嫌婚へ

水無田 若い人たちが結婚しないのは主として経済的な理由からであるのは統計調査でも明らかですが、ここ30年くらいで「一生結婚するつもりはない」、つまり積極的に結婚しようとしない独身者は、男性が約5倍、女性が約2倍に増えています。

はあちゅう 29歳の私の周りには、結婚を後回しにしている女性が多いです。大学院を出て、バリバリ働いているような子が多いかな。

水無田 都市部に住み、仕事を持ち、経済的に困窮していない。「家庭を運営する能力がある」と一般的にはみなされるのに結婚したがらない人たちのことを、私は「嫌婚派」と名付けました。週刊誌AERA(朝日新聞出版)の2015年6月22日号(独身男女622人調査でわかった「嫌婚」の正体
では、年収がある程度以上ある人たちを対象に調査し、「嫌婚派」にはどんな志向があるのかを分析しています。

水無田気流(みなした・きりう)/1970年生まれ。詩人、社会学者。 個人の幸福と家族規範の関係について精力的に調査・分析。著書に『「居場所」のない男、「時間」がない女』など。

考えなければ結婚しない

田中 その「嫌婚派」も、主義や主張があって結婚しないというわけではないのでは。例えば夫婦別姓でいたいから籍を入れないとか、結婚制度に反対だから未婚を貫くとかではなく、特に理由もなく結婚していない。逆に言うと彼らは、特に理由なく結婚していくこともあり得るでしょう。僕は39歳になるまで結婚していませんでしたが、なぜかと聞かれたら答えに困ります。もしかしたらもっと早く結婚していたかもしれないし、ずっと結婚しなかった可能性もある。結婚しない決定的な要素が何かは、本人たちに聞いてもなかなか答えが出ないのではないでしょうか。

水無田 「今の若者は結婚しない」と嘆いている人の多くは、1970年代の高度経済成長期の感覚を引きずっているのでしょう。当時は生涯未婚率から逆算すると、一番高いときで男性98%、女性97%が一生に一度は結婚していた。先進国でも驚異的な婚姻率で「皆婚時代」と言われ、結婚していない人には何らかの理由や原因があると考えるほうが普通でした。70年代の日本人は、何も考えなくても適齢期になるととりあえず結婚していったわけですが、今は何も考えなければ結婚しないという状況になっている。

はあちゅう 頑張らないと結婚できない、みたいな感覚はありますね。

趣味や仕事は成果が見えやすい

水無田 「嫌婚派」は、最も大事にしたいものは「趣味」だと答えた人が多かった。結婚すると生活を変えなければいけないことが透けて見えるから、おもしろい仕事や一人でいる自由など優先順位の高いものがあると、なかなか結婚が優先順位の第1位にはならない。

はあちゅう 趣味や仕事は、成果が見えやすいからおもしろいのだと思います。ゴルフや料理って、かけた時間やお金に成果がついてきて、どんどん上達していきますよね。でも恋愛は頑張ったぶんだけ返ってくるものではないし、成果や成長も見えづらい。成果主義が浸透した社会でみんな「自己成長マニア」みたいになってしまっていて、フェイスブックでも、投稿内容の質よりも「いいね!」の数を気にしている。そういう気質の現代人からすると、恋愛はコスパが悪いととらえられてしまうのかも。

はあちゅう/1986年生まれ。ブロガー、作家。 慶應義塾大学在籍時にカリスマブロガーと呼ばれる。電通、トレンダーズを経てフリー。著書に『半径5メートルの野望』など。

成果主義時代のコスパ感覚

水無田 結婚もまさに、成果主義を阻むものですね。相手ありきだから、自分でコントロールできる人生の領域が狭まる。子どもができるともう、しっちゃかめっちゃか。仕事をしながら結婚して子どもを2人産んで、仕事も家事も育児も完璧にやろうとしたら、一人でいたときの自由な時間がほぼ灰燼に帰すくらいに生活が変わってしまうわけで、多くの女性が「時間貧困」に陥ってしまいます。男性のほうも、稼いできたお金を自分の趣味だけには使えなくなる。日本の世帯はお小遣いシステムが圧倒的に多いので、月3万円程度のお小遣いと称する小銭で生活することになるなら、それまで趣味に打ち込んできた人からすると「結婚はコスパが悪い」ということになると思います。

はあちゅう 自由や成長という犠牲を払ってまで結婚するのだと考えたら、結婚相手に求める理想が高くなるのは当然ですよね。 

70年代は「お膳立て婚」だった

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。