Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊藤圭

白石麻衣が卒業しても「今、乃木坂って誰がいるの?」と言われたくない――次世代エース・山下美月が見据える未来

2020/01/27(月) 13:51 配信

オリジナル

年明け早々、乃木坂46の顔ともいえる白石麻衣が卒業を発表した。昨年から、西野七瀬や桜井玲香といった結成当初からグループを支えてきた中心メンバーの卒業も相次いでいる。そんな激動の真っただ中において、3期生として2016年に加入した山下美月(20)は次期エースとの呼び声も高い。昨年は、坂道シリーズ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46)とAKB48グループの合同ユニット・坂道AKBでセンターを務めた。雑誌モデルやテレビドラマ出演など多方面に活躍の場を広げており、今月発売のファースト写真集は初版14万部、さらに発売前重版を含め既に16万部という異例の数字を記録している。その山下が、変革期を迎えた乃木坂46に対する率直な思いを語った。(取材・文:左藤豊/撮影:伊藤圭/Yahoo!ニュース 特集編集部)

全員がセンターを張れるくらいの乃木坂46でありたい

「先輩方の卒業は、純粋に、すごく寂しいです。そして『もっともっと頑張らなきゃ』という気持ちです」

グループの顔ともいえる白石麻衣の卒業も発表され、昨年は西野七瀬の卒業も経験した山下美月(20)はそう思いを吐露する。

乃木坂46は2011年に結成され、今年2月でメジャーデビュー8周年を迎える。16年夏に途中加入した山下は、当時すでに爆発的人気を誇っていた1、2期生の大きな背中をひたすら追い続けてきた。先輩たちへの尊敬の念は、今も変わってはいない。

「先輩方が卒業される中で、いかに乃木坂46をパワーダウンさせずに現状を維持させるか……。それが一番難しいと感じています。今の乃木坂46らしさを作り上げてきたのは先輩方であって、私たち3期生や(2018年に)新たに入ってくれた4期生はまだ、追いつこうとがむしゃらに頑張っている途中。先輩方が持つ“強さ”を、私たちも早く身につけられたらと思っています」

山下は、“強い乃木坂46”を受け継いでいきたいと語る。

「乃木坂46というのは“常に全員が強いグループ”。選抜・アンダー(非選抜)問わず、舞台やバラエティーなど個人で活躍しているメンバーも多いですし、それこそ全員がセンターを張れるくらい一人ひとりに個性があって輝いているのが強みだと思います。それをずっと続けていければいいな、と」

アイドル、モデル、女優をこなす“不器用人間”

山下は現在、選抜の中でもフロントメンバー(通称“福神”)を務めることが多く、昨年発表された坂道シリーズ(乃木坂46・欅坂46・日向坂46)とAKB48グループの合同ユニット・坂道AKBの楽曲「初恋ドア」ではセンターポジションに立った。またファッション誌「CanCam」(小学館)の専属モデルを務め、さらに女優としてテレビドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)では主演も果たす活躍ぶりだ。

アイドル、モデル、女優とさまざまな顔を使い分けることから器用な人物像をイメージされがちな山下だが、本人の自己分析はまったく異なる。

「私は自分のことを“不器用人間”だと思っています。ただ、『最後までやりきりたい』という気持ちは強くて、例えば乃木坂46のライブでも舞台やドラマでのお芝居でも、一つひとつのお仕事に対して妥協は一切したくないんです。だから、どちらかというと“根性論”タイプの人間ですね。とにかく自分に負けたくないので」

山下は、肯定、否定にかかわらずあらゆる意見に耳を傾けている。

「お仕事終わりにスタッフの方に『今日の私、どこがダメでしたか』と聞いて、その夜に一人で反省会をしたりしますね」

ただ、その前向きな性格は決して生まれ持ったものではない。グループ加入以降数々の壁にぶつかり苦悩を繰り返した結果、身についたものだ。

「私たち3期生が初めて立ったステージは日本武道館でものすごく緊張しましたし、また、モデルやお芝居のお仕事は最初、『今の私の実力でこんなお仕事をいただいていいのだろうか』という不安が大きくて。ただ、乃木坂46の中にいると考えるよりもまず先に行動しなきゃいけないことがとても多いんですよね。それを繰り返していくうちに、『まぁ、誰にだって初めてのことはあるよね』みたいな考え方に変わっていきました(笑)。そして、泣いて悩んだことでも、結局それらの多くは乗り越えられたし、自信にもつながりました。特にこの1年くらいでとても楽観的な性格になったと思います」

面白みのない凡人だと思って、はみ出さないように生きていた

昨年11月、乃木坂46は3、4期生限定のライブを東京・国立代々木競技場第一体育館で開催した。その中で山下は複数の楽曲をセンターポジションで歌唱し、まさに“次世代エース”の名にふさわしい堂々としたパフォーマンスを見せた。

「“エース”なんて、とんでもないです。3期生も4期生も本当にみんないい子ばかりだから、みんなで一緒に坂を上っていきたいなと思っています」

そう言っていたずらっぽく笑った山下。どうやら彼女が見据えている自身の将来像は“エース”とは別のところにあるようだ。

「私、グループ内でのライバルってあんまり考えたことがないんですよ。『自分は誰と競えばいいのだろう』と考えたときに、乃木坂46のメンバーが競争相手には思えなくて。グループ内の序列や選抜のポジションにこだわったりするのではなく、外のお仕事で新しい道を開拓して“乃木坂46”という名前をもっと広められる人になりたいんです。白石さんのモデルだったり生田(絵梨花)さんのミュージカルだったり、今まではそういう役割を先輩方が担っていたんですけど、1、2期生の卒業が続く中で、3、4期生からもそれを果たせる人が出てこないといけないと思うんですよ。先輩方が卒業された後、『今、乃木坂って誰がいるの?』って言われる状況になることが、私はとても怖くて。だから、世間にもっともっとグループのことを広められるような活動をしていきたいと思っています」

昨年経験したテレビドラマ出演も、彼女が目を外に向けるようになった一因だ。

「それまではアイドルとしての活動が中心でしたが、個人でドラマに出演できたことはとてもいい経験になりました。お仕事のあり方や考え方がアイドルとは全然違いますし、新しい世界を知るのはすごく楽しくて! もともとお芝居には苦手意識があったんですけど、環境に恵まれたおかげで今は大好きになったし、これからもいろんな作品に出られたらいいなと思っています」

なかでも、「神酒クリニックで乾杯を」(BSテレ東)の経験は乃木坂46での活動にも還元され、さらには周囲からの見られ方も変化したという。

「ドラマを経験するまではあまり自分の意見を伝えないタイプでした。でも、『神酒クリニックで乾杯を』の現場を経験してからは、乃木坂46での活動においても『もっとこうしたほうがいいんじゃない?』と言えるようになりました。昔から『自分は面白みのない凡人だから、はみ出ないように生きよう』なんて気持ちもあったんですけど、そんなリミッターを外して自分の思いを伝えるようにしたら、スタッフさんから『表情が自然になったね』『実は面白い人だったんだね』と言っていただけることも多くなって」

未来の後輩たちのために、今自分ができること

そして1月21日、山下にとって初の写真集『忘れられない人』(小学館)が発売された。彼女が語った“もの作り”へのこだわりは、この本にも凝縮されている。

「自分が『こうしたい』と思っていたことを全部生かせました。ちょうど20歳になったタイミングで撮影をしたんですけど、大人になっていく上で『こういう人間になりたい』『こういう生活をしてみたい』といった自分の理想を、この写真集で表せたと思います。芯があって強くて格好よくて、でもどこか儚さもあって……そんな女性をイメージしながら撮影をして、とても満足できる仕上がりになりました。自分で言うのも何ですけど、めちゃくちゃ良い写真集です(笑)」

初版は14万部だったが、さらに発売前重版をして15万部でスタート。坂道シリーズのソロ初写真集としては過去最多の部数だ。

「いやもう、私一人の姿しか写っていない分厚い本が本屋さんに並ぶっていうのを考えただけで鳥肌が立ちますね……。もっとも、これは先輩方が努力されて道を切り開いてくださったおかげだと思います。今回も『乃木坂46メンバーの写真集だったら見てみたい』と思った方が多いと思うんですよ。そう考えると、改めて先輩方が作り上げてきた乃木坂46のブランド力って本当にすごいんだなと感じました。ファンの方も喜んでくださっていますし、あと親も喜んでくれたので、本当に多方面に感謝です」

乃木坂46に在籍しつつ、その外でも活躍することでグループの名前をさらに世間に広めたい――1、2期生の卒業が相次ぐなか、3期生である山下は自身が取り組むべき課題を明確にとらえている。きっとこの写真集も、彼女にとってはその手段の一つなのだろう。

では山下は、その先にどんな未来を描いているのだろうか? 「将来の夢は?」と彼女に問うと、「パン屋さんをやりたいんです。だって、パン屋さんっていい匂いがするじゃないですか! ……え、そういう話じゃなくて?」とおどけて周囲を笑いに包んだ後、笑顔のままこう続けた。

「5年後も10年後もみんなが幸せでいられたらな、って。乃木坂46も『居て楽しいグループ』としてずっと続いていってほしいです。卒業生の先輩方も頑張っていらっしゃいますし、乃木坂46に関わったすべての人が幸せに生きていけたらいいなと思っています。そして未来の後輩たちのためにも、今は自分ができることを精いっぱいやりたいなと思います」

山下美月(やました・みづき)
1999年7月26日生まれ。東京都出身。女性ファッション誌「CanCam」専属モデル。2016年、高校2年生のときに「乃木坂46 3期生オーディション」に合格してデビュー。2018年、乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」で初めて選抜メンバーに。ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」では主演に抜擢されるなど演技力も注目を集める。


仕事DeepDive 記事一覧(138)