Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュース運営方針

Yahoo!ニュースが、コンテンツを利用者にお届けするうえで大切にしている考え方、サービスの運営方針、主なコンテンツ、掲載面などを紹介します。

Yahoo!ニュースの考え

Yahoo!ニュースは、信頼される公共性の高い情報流通の場として、多様な情報や意見が健全に流通することを大切にし、多くの利用者に安心してご利用いただけるようサービス運営にあたっています。

Yahoo! JAPANは、Yahoo! JAPANの運営するあらゆるメディアサービスの基本方針を明確にするため、「メディアステートメント」を定めています。Yahoo!ニュースでは、当該メディアステートメントに基づいて法令や社会規範、品位を守り、人権に配慮したコンテンツを利用者に届けるため、パートナーである情報提供元には「Yahoo!ニュース記事入稿ガイドライン」(以下、「入稿ガイドライン」と呼びます)に沿った配信をお願いしています。

また、Yahoo!ニュースではインターネットが持つ双方向性という特性を生かし、利用者にも発信の場として「コメント欄」を提供し、さらなる情報価値の創出を目指しています。

インターネット上で情報摂取する機会が進む中、ニュースサイトの「情報の届け方」に対する社会の関心も高まっています。利用者に快適かつ安心して利用し続けていただくため、情報流通の場を営むプラットフォーム事業者が、どのような考えに基づきサービスを運営しているのか、サービスの仕組みをなるべく分かりやすく説明し、私たちがそのためにどのような取り組みをしているのか、つまびらかにすることが社会的責任として重要であると考えています。また、当該取り組みを明らかにしたうえで、社会の皆さまの声を受け止め、さらなるサービスの改善に努めていくことが大切であると考えています。

ここでは、Yahoo!ニュースがどのようにサービスを提供しているのか、コンテンツをどのように選定しているのか、情報提供元との関係や、品質管理の観点からどのようなことに取り組んでいるのか、などについて示します(※1)。

(※1)LINEヤフーでは、人権に関する基本方針(人権ポリシー)を定めています。

コンテンツと掲載面

Yahoo!ニュースのコンテンツ

Yahoo!ニュースには日々、数千に上るコンテンツが新たに公開され、その大半が情報提供元から配信いただいているものです。他方、Yahoo!ニュースが独自制作するコンテンツなども一部あります。

1. 情報提供元パートナーのコンテンツ

Yahoo!ニュースは、新聞、雑誌、テレビ局、ウェブ媒体など数百に上る情報提供元と契約し、配信料を支払った上(※2)、記事、写真、映像と多様な表現でコンテンツの提供を受けています。扱うジャンルも政治、経済からエンターテインメント(エンタメ)、スポーツと幅広いほか、海外の情報提供元とも契約しています。

個々のコンテンツは、入稿ガイドラインに従い情報提供元が直接ヤフー内のシステムに入稿し、自動的に公開されます。この際にYahoo!ニュースによる個別のコンテンツの事前確認はありませんが、後述する情報提供元の契約前の審査と契約後の審査などにより不適切なコンテンツが配信されることがないようにしています。

コンテンツの掲載期間は、各情報提供元との契約によって異なります。ただし、情報提供元やYahoo!ニュースの判断により非表示または削除されて契約で定めた期間に満たなくても閲覧できなくなる場合があります。特定の情報提供元との契約が終了した場合は、その情報提供元のコンテンツの掲載も終了となります。

情報提供元が配信するコンテンツの中には、Yahoo!ニュースの編集者がともに企画するものもあり、末尾にその旨記載されています。

(※2)Yahoo!ニュースでは、情報提供元各社のコンテンツを閲覧数(PV)だけではなく評価できる指標の構築を目指しており、情報提供元に対しては、PVの他、利用者の課題解決につながる記事を支援するために配信料を追加する取り組み「課題解決バリュープログラム」による支払いをしています。なお、「課題解決バリュープログラム」の支払い指標の一つとして、利用者が記事の内容に対してボタンを押してフィードバックできる「記事リアクションボタン」のクリック率データを活用しています。

2. その他のコンテンツ

情報提供元から配信を受けるもの以外にも識者が専門的な知見に基づいて発信する「Yahoo!ニュース エキスパート」、Yahoo!ニュースのオリジナルコンテンツである「Yahoo!ニュース オリジナル 特集」などがあります。

(1)Yahoo!ニュース エキスパート

「Yahoo!ニュース エキスパート」は、各分野の専門家や有識者、ジャーナリスト、クリエイターが情報発信者(以下、「エキスパート」と呼びます)としてその専門性に基づいて、自らの意思および判断でコンテンツを制作・発信するサービスです。各エキスパートの持つ独自の視点による解説記事や体験レビューなどを多くの人に届けることで利用者に新たな発見や気付きを与え、社会やユーザーの日々の課題解決につなげることを目的としています。

エキスパートには、情報提供料を支払い(※3)、コンテンツの提供を受けています。

(※3)エキスパートには、Yahoo!ニュース エキスパートで公開いただいたコンテンツの閲覧数などに応じて支払いをしています。

(2)Yahoo!ニュース オリジナル

Yahoo!ニュースでは、社内の編集者・プロデューサーが携わってオリジナルのコンテンツを制作する枠組みがいくつかあります。

  • 「特集」では、大量の情報の中で埋もれがちなイシューを独自の視点で掘り下げ、社会に横たわる課題を浮き彫りにし、良質な文化の発展を目指しています。
  • 「THE PAGE」では首相会見や知事会見などの中継を担うほか、ニュースを分かりやすく理解するための解説コンテンツを制作しています。
  • 他にも、各界の第一線を走る人々へのインタビューシリーズである「RED Chair」、「今、これを伝えたい」という意志を持つ有識者や著名人が自ら視聴者に語りかける「Voice」などもあります。

いずれのコンテンツも、制作・公開にあたっては情報提供元からコンテンツを配信いただく場合と同様に「入稿ガイドライン」の考え方に則しています。

オリジナルコンテンツの一覧をご覧ください。

主要掲載面~「Yahoo!ニュース トピックス」と「タイムライン」~

Yahoo!ニュースの主な掲載面には、「Yahoo!ニュース トピックス」と「タイムライン」と呼ばれる場所があります。

「Yahoo!ニュース トピックス」はYahoo! JAPANトップページ上部に、Yahoo!ニュースの「国内」「国際」「エンタメ」など8分野に分けて掲載しているものです。コンテンツは、社内の編集部員が下記の基準に沿って判断し、掲載しています。

「タイムライン」はトピックスの下にスクロールすると表示されるもので、主にAIによって利用者の興味関心に合うコンテンツが掲載されるように編成されています。

1. Yahoo!ニューストピックス

Yahoo!ニュース トピックス(以下「トピックス」と呼びます)は、編集部員が「公共性」と「社会的関心」などを軸として選定しています。24時間365日、絶え間なく配信されるコンテンツから、特に多くの人に関係し、重要度の高いものを選び、分かりやすい見出しや関連する情報を付け、利用者に届けています。

Yahoo!ニューストピックスの画像
(1)編集方針、選定基準
  • トピックスは、「公共性と社会的関心に応える」ことを編集方針に掲げています。「公共性」とは政治や経済、災害など社会に広く伝えるべき重要度の高いニュース、「社会的関心」とはスポーツやエンタメをはじめとして、多くの人々の関心を集めるニュースを指します。
  • 情報提供元から配信される数多くのコンテンツの中から、速報性や公益性などを勘案したうえで、編集部員が「今多くの利用者に伝えるべき話題かどうか」を総合的に判断して選んでいます。
  • トピックスの見出しをクリックすると、メインの記事や写真へのリンクのほか、そのニュースの要点が分かるよう編集部員がまとめた「ココがポイント」で構成される面が表示されます。「ココがポイント」では、用語の解説やこれまでの経緯、論点整理などを文字や図表で分かりやすく提示することを目指しており、メインの記事をより多角的に理解できるよう努めています。
  • 「Yahoo! JAPANアプリ」と「Yahoo!ニュースアプリ」では利用者の設定に応じて、号外ニュースをプッシュ通知で受け取る機能があります。トピックス編集部による判断で、国内外の重要なニュースを届けています。台風上陸など人々の生命や財産に関わる情報は緊急性が高いものが多く、時間帯を問わずプッシュすることがあります。
  • なお、トピックスでは、重要なニュースを利用者の皆さまに届ける観点から、2021年6月以降、ヤフーが主体となるニュースであっても、「公共性」や「社会的関心」などに照らして、多くの利用者に伝えるべき話題であれば、Yahoo!ニュース トピックスに掲載することとしています。詳細は「Yahoo!ニュース トピックスにおける自社(ヤフー)ニュースの取り扱いについて」をご覧ください。
(2)トピックスの編集体制
  • トピックス編集部は25人程度の体制でシフトを組んで対応しています。
  • トピックスは、その時間帯を担当する複数の編集部員が議論してコンテンツを選び、見出しなどを付ける「作成者」と、作成者が付けた見出しなどに誤りがないかを第三者的にチェックする「校正者」の二人一組で作成します。さらに、経験豊富な部員がこれをサポートするほか、校閲専門チームがチェックする仕組みをとっています。また、時間帯ごとの責任者を置いて対応しています。
  • トピックス編集部では前職でメディアを経験している者を中途採用しています。新聞、通信社、テレビ局、出版社、ネットメディアなど多様なバックグラウンドを持つ社員が在籍し、多角的な視点でトピックスを提供するよう努めています。いずれの場合も、社内外で十分な研修を積んだ上でトピックス編集作業に従事しています。
  • 災害時など有事の際にも更新が滞らないよう、編集部員は本社(東京)以外の拠点にも在籍しています。
(3)見出しや掲載コンテンツに誤りがあった場合の対応

トピックス編集部が選定して掲載したコンテンツに誤りがあったことが判明した場合や、誤った見出しを掲載してしまった場合には、Yahoo!ニュースのオウンドメディア「news HACK」でお詫びするとともに、訂正内容について掲載することとしています。

2. タイムライン

タイムラインでは常時、AIを活用したレコメンドシステムを用いて、情報提供元などから配信される数千のコンテンツの中から、一人一人の利用者の興味関心に合うコンテンツを掲載しています。その日に起きたニュースはもちろんのこと、料理レシピや掃除・洗濯のヒント、幅広い趣味情報、地域の話題など、Yahoo!ニュース以外のコンテンツも含め、多岐にわたります。

利用者へのおすすめ(レコメンド)の仕方について
  • 各利用者のこれまでのコンテンツの閲覧履歴と世の中の注目度・人気度などを基に、興味を持っていただきやすいとAIが判断したコンテンツを中心に掲載しています。
  • AIで重複要素のあるコンテンツの掲載を減らすなど、極端に類似した内容のコンテンツばかりが掲出される状況を人とAIの両方の力で回避しています。これにより、大きな事件事故や広く関心を集めるニュースでタイムラインが埋め尽くされることを低減するほか、多様なコンテンツを提供することで、利用者の興味関心の幅を広げることにもつなげていきたいと考えています。
  • コンテンツの表示方法や掲載の仕組みについては、より快適に安心して利用いただくため、今後も改善を重ねていきます。

3. その他の掲載面(Yahoo!ニュース以外での発信)

  • トピックスに掲載されたコンテンツなどについては、ソーシャルメディアのYahoo!ニュースアカウントでも発信しています。
  • Yahoo!ニュース オリジナル 特集など、一部のコンテンツについては、LINEニュース上でも配信をしています。

品質を維持・向上させるための仕組み

Yahoo!ニュースは信頼される公共性の高い情報流通の場であり続けるため、第三者の権利を侵害したり、利用者が不快感を抱いたり、不利益を被ったりするコンテンツが流通しないよう適宜確認し、情報提供元との契約や入稿ガイドラインの見直しなど改善を重ねています。

Yahoo!ニュースの品質保持体制は以下の通りです。

情報提供元のコンテンツ

1. 契約前の審査

情報提供元の企業情報、コンテンツ内容や取材・制作体制などについて審査を行い、総合的に判断して契約しています。

2. 情報提供元との契約・入稿ガイドライン

Yahoo!ニュースは、パートナーである情報提供元を信頼しており、各社の編集基準を尊重しています。ただし、以下のような情報については入稿しないよう、契約や入稿ガイドラインなどにより、情報提供元にお願いしています。

  • 正確性に欠けるもの
  • 誤解を招く表現のあるもの
  • 名誉権やプライバシー権侵害
  • 個人・団体などへの誹謗(ひぼう)中傷や差別的表現
  • 著作権侵害
  • 人命を軽視するもの
  • 自殺・自傷行為を誘発するおそれのあるもの
  • 過剰な性的表現
  • 健康被害など利用者に深刻な不利益を及ぼすおそれのある健康・医療情報
  • 内容が伴わない過度に興味を引く見出し
  • 宣伝要素の高いもの(いわゆる「ステマ行為」を含む)
  • 各種法令に違反するもの

入稿ガイドラインは適宜改定しており、その都度、情報提供元へお知らせし、遵守をお願いしています。

3. 媒体審査

契約後も情報提供元が入稿ガイドラインなどに照らして適切に配信しているかなどの審査を適宜行っています。違反が続き、改善が図られない情報提供元とは解約を含めて契約関係を見直しています。

4. ガイドライン違反など

  • 媒体審査などにより、入稿ガイドラインなどの違反となるコンテンツが発見された場合、Yahoo!ニュースより情報提供元に修正・削除や改善のお願いをします。
  • 入稿ガイドラインに抵触すると判断したコンテンツについては、修正のお願いや掲載の見合わせ、一部の掲載面での掲載の抑制等の措置を講じます。
  • 内容の誤りが発覚した場合などは例外的にYahoo!ニュースがコンテンツを取り下げることもあります。
  • 入稿ガイドラインの重大な違反が起きた際や、改善のお願いにもかかわらず違反が継続した場合などには、情報提供元との契約を終了することもあります。

Yahoo!ニュース エキスパートのコンテンツ

Yahoo!ニュース エキスパートに参加いただく際には、各専門領域における実績、執筆経験などを基に、 サービス内で審査を行い、契約を結んでいます。

また、法令に違反するもの、社会規範や品位から逸脱するもの、正確性に欠けるもの、不適切な内容により利用者に深刻な不利益を及ぼすおそれのあるもの、エキスパートとの間で定めた執筆範囲を逸脱するものなどを禁止するガイドラインを定め、エキスパートに遵守していただいています。ガイドライン違反となるコンテンツについては、修正・非公開などの対応をエキスパートに依頼するほか、サービス内でガイドラインの定めに従いコンテンツを非公開にすることがあります。ガイドライン違反が繰り返される場合には、該当エキスパートとの契約を終了することもあります。

詳しくは「Yahoo!ニュース エキスパートについて」をご参照ください。

Yahoo!ニュースのオリジナルコンテンツ

多数の書籍を出し、ノンフィクション分野の主要な賞を受賞する著名な社外のジャーナリスト・編集者、識者らを含む執筆・制作陣に携わっていただき、高い品質のコンテンツを世に送り出しています。コンテンツの品質保持のため、社内の編集者、プロデューサーらが複眼的にチェックする仕組みを導入しています。

Yahoo!ニュース コメント

コメント欄を提供する理由

  • Yahoo!ニュースは、インターネットが持つ双方向性という特性を生かし、情報提供元各社による良質な情報発信に加えて、利用者にも発信の場を提供することで、さらなる情報の価値を創ることを目指しています。そして、その情報に触れた多くの利用者の行動をサポートし、より良い社会の実現に貢献したいという理念を掲げています。こうした理念のもとで、2007年よりコメント欄を提供しています。
  • コメントは、携帯電話番号が設定されたYahoo! JAPAN IDを利用すると投稿できます。これまで多くの利用者が多様な意見を発信し、共有し合ってきたと考えています。「Yahoo!ニュース エキスパート」のコメンテーターコメントも、ニュースへの理解が深まる解説や意見を発信し、利用者に新たな視点を提供する目的で掲載しています。
  • 一方、コメント欄は利用者が安心して見たり、書き込んだりできる場であることがなにより重要です。人権侵害や誹謗(ひぼう)中傷に当たるおそれのある投稿は禁止しており、利用者一人一人の多様な意見を尊重しながら、健全な言論空間を創出するため複数のAIを活用するなどさまざまな取り組みを行っています。

コメント投稿のルール

ガイドライン違反への対応

  • 健全な言論空間を創出するため、24時間体制の専門チームによる人的なパトロールに加えて、ヤフー独自の深層学習特化型スーパーコンピューター「kukai」を活用し、自社で開発した「深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)」を利用するなど、テクノロジーを駆使しながら、誹謗(ひぼう)中傷をはじめとするガイドライン違反コメントを1日平均約数万件削除するなどの対策を行っています(削除数などについては後述の「メディア透明性レポート」で公開しています)。
  • 過去数日以内に違反コメントを投稿している利用者に対し、コメント投稿時に注意メッセージを掲出することがあります。
  • 誹謗中傷などの違反コメントを繰り返し投稿した悪質な利用者のアカウント(Yahoo! JAPAN ID)については、それ以降の投稿ができなくなるように「投稿停止措置」をとっています。
  • 一定以上コメント数がある記事のコメント欄を対象に、AIが判定した違反コメント数などの基準に従い、コメント欄を自動的に非表示にする機能を実装しています。
  • その他、コメント欄健全化に向けてさまざまな取り組みを行っています。詳細は「Yahoo!ニュース コメント 取り組みまとめ」をご参照ください。

今後の方針および報告書(透明性レポート)

ご意見やご指摘など

Yahoo!ニュースへのご意見

  • 利用者からのYahoo!ニュースについてのご意見は、フォームに従ってご連絡をいただくようお願いしています(※4)。いただいたご意見は、サービス改善の参考とさせていただきます。

(※4)「Yahoo!ニュースへのご意見

コンテンツへの指摘、問い合わせ

  • Yahoo!ニュースの掲載コンテンツについての誤字脱字、表示の誤りの指摘、内容に関する指摘などがある場合には、その内容に従ってご連絡いただくようお願いしています(※5)。
  • 情報提供元のコンテンツについては情報提供元に直接指摘やお問い合わせをいただくようお願いをしていますが(※6)、Yahoo!ニュースにご連絡をいただいた場合も、情報提供元に速やかに連絡し、必要に応じた対応をお願いしています。
  • コンテンツの適切性について当事者から疑義を示されるなどした場合、情報提供元にてコンテンツの修正や取り下げを行うことがあります。また、当該当事者がプレスリリースや公式サイトなどにおいて掲載コンテンツが事実と異なると表明した場合は、Yahoo!ニュースにて、当該異議を併せて掲載したり、コンテンツの取り下げを行うことがあります。

(※5)(※6)「掲載記事に関する指摘・問い合わせ

コメントの違反報告

利用規約やコメントポリシーに違反するコメントを発見された場合には、専用の違反報告フォームからご連絡をお願いしています(※7)。

(※7)「違反報告の手順

(公開:2022年3月16日、更新:2023年10月2日)