アフロ

「ごみ焼却施設は余っている」――ごみ行政の構造的課題

2016/2/9(火) 14:17 配信

日本のごみは減り続けている。ピーク時には5500万トンに迫る勢いだったが、いまでは4000万トンの半ばまで減少している。私たちが生活し、産業活動をする限り、ごみはいつまでも出続ける。だが、ごみを捨てた後、そのごみがどうなったのかまで気にかける人は多くない。身近なのに意外に知らない「ごみ=廃棄物の世界」。環境問題を25年間追い続けている元朝日新聞記者で「ルポ にっぽんのごみ」の著者、杉本裕明氏は、日本のごみ処分は「焼却至上主義」だといい、ごみ焼却施設は余っている状態だと硬直化したごみ行政を批判する。(Yahoo!ニュース編集部/THE PAGE)

ごみが足りない?

杉本氏は「いまの日本にはごみが足りない」という。焼却施設の数が過剰になり、燃やすためのごみが足りない状況だというのだ。ごみには、家庭から出る家庭ごみと商店やビルなどから出る事業系ごみからなる「一般廃棄物」、そして、工場などの事業活動から出る「産業廃棄物」がある。杉本氏が「足りない」と指摘するごみとは一般廃棄物のことだ。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。