稲垣謙一

波乱の2019年を乗り越えた乃木坂46、レコード大賞、紅白へ――白石麻衣と秋元真夏がいつものレッスン場で見せた「素顔」35枚

2019/12/29(日) 9:54 配信

12月30日には「第61回 輝く!日本レコード大賞」出演、31日には「第70回NHK紅白歌合戦」出場と、乃木坂46は2019年も慌ただしい年末を過ごそうとしている。今年の乃木坂46は、西野七瀬らの卒業など、大きな変化を乗り越えた1年だった。1期生として乃木坂46を牽引する秋元真夏と白石麻衣の言葉は「家族や友だちでもない、特別な関係――白石麻衣と秋元真夏『離れても私たちみんな乃木坂46』」に掲載したが、さらにここでは、いつも使っているというレッスンスペースで二人が見せた表情を未公開写真とともに紹介したい。(撮影:稲垣謙一/Yahoo!ニュース 特集編集部)

シャッターをみずから切ってもらうためにリモコンを用意

取材をしたのは11月の終わりのある日。秋元真夏と白石麻衣は、インタビュー中も背筋を伸ばし、質問に対して相手の目をまっすぐ見ながら答える。その凛とした姿勢は、他の乃木坂46のメンバーとも共通するものだ。

インタビューが終わると撮影へ。この日の撮影は、乃木坂46がいつもレッスンに使っているというスペースで行われた。その空間に組まれたセットには、ふだんの撮影にはあまりないであろうものがあった。秋元と白石にみずからシャッターを切ってもらうためのリモコンである。

白石麻衣

秋元真夏

乃木坂46を見守ってきたレッスンスペース

撮影では、二人にリモコンでシャッターを切ってもらったほか、ポラロイドカメラやフィルムカメラでお互いを撮り合ってもらった。そして、もちろんカメラマンが二人を撮影。

レッスンスペースの床には番号が貼られている。ダンスレッスンの際に、メンバーの立ち位置を確認するためのものだ。秋元や白石にカーテンにもくるまってもらったが、そのカーテンの向こうには一面の鏡が張られている。それは、ふだんは真剣な表情でレッスンに臨む乃木坂46の姿を映しているはずの鏡なのだ。

撮り下ろし未公開写真30枚を一挙公開

以下に、秋元と白石の撮り下ろし未公開写真を一挙30枚掲載する。使い慣れた場所で、リラックスした表情で撮影に臨んでくれた二人の姿を楽しんでほしい。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

仕事DeepDive 記事一覧(109)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。