稲垣謙一

【写真ルポ】日向坂46、8月のある日の撮影現場で見せた「素顔」

9/3(火) 9:43 配信

乃木坂46、欅坂46に続くグループである日向坂46。9月26日には、さいたまスーパーアリーナでのワンマンライブをひかえている人気ぶりだ。そもそもは欅坂46の下部組織「けやき坂46」として生まれた彼女たちの歩みは、『「ねるちゃんのいない私たちを見てくれるの?」――アイデンティティーに思い悩んだ日向坂46の歩みと挑戦』で紹介したが、朝から降り続く雨を振り払うかのように、メンバー(佐々木久美、小坂菜緒、上村ひなの)のにぎやかな声が響き、スタジオがふと教室になったかのような幻を見た取材だった。

礼節を重んじ、しかし気取るところはない

明るい空から降り続ける雨が、蒸し暑い街を濡らしていた8月のある日、Yahoo!ニュース特集による日向坂46の取材が行われた。この日は、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』の収録日。そのスタジオ入りの前に、佐々木久美、小坂菜緒、上村ひなのが朝から撮影とインタビューに応じてくれた。

この日は、3人での撮影からスタート。今回のメンバーは、佐々木久美が一期生、小坂菜緒が二期生、上村ひなのが三期生という構成になるが、先輩後輩の関係を感じさせない笑い声がスタジオに響くなかでの撮影となった。

続いて佐々木久美のソロ撮影へ。佐々木は、キャプテンとして日向坂46を牽引している存在だ。

小坂菜緒は、日向坂46のデビューシングル『キュン』、セカンドシングル『ドレミソラシド』、そして10月2日リリースのサードシングルでもセンターを務める。いわば「日向坂46の顔」だ。彼女がカメラを見すえた瞬間、思わず息を飲んだ。

上村ひなのは、2018年11月に加入した、ただひとりの三期生。できあがったばかりの陶器の人形のような雰囲気を漂わせる。

誰かがソロで撮影すると、ほかのふたりがスタジオのベッドに転がってはしゃぎ、笑い声が響く。すでにトップアイドルであり、礼節を重んじながら、しかし気取るところはない。そこが日向坂46の魅力なのだと感じた取材だった。

ソロカットも掲載

以下に、今回の取材で撮影した彼女たちの写真をさらに掲載。3人の透明感あふれる写真をお楽しみください。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

仕事DeepDive 記事一覧(90)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。