稲垣謙一

「ねるちゃんのいない私たちを見てくれるの?」――アイデンティティーに思い悩んだ日向坂46の歩みと挑戦

8/31(土) 8:21 配信

乃木坂46、欅坂46などの「坂道シリーズ」の新グループとして今年誕生した、日向坂(ひなたざか)46。欅坂46の下部組織「けやき坂46(ひらがなけやき)」としてスタートした彼女たちは、約3年の紆余曲折を経て「日向坂46」としてのデビューに至った。デビューシングルは発売初週で約48万枚を売り上げるなど快進撃が続くが、一期生でキャプテンの佐々木久美は「まだ明確な個性がない」と話す。グループの象徴だった長濱ねるの離脱など、「グループがなくなってしまう」と思いつめた時期もあったという。メンバーの佐々木久美、小坂菜緒、上村ひなのに話を聞いた。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

仕事DeepDive 記事一覧(92)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。