モリシタヨウスケ

もう大食いできないジャイアント白田――全盛期は年収3000万円、「巨大食料庫」だったころ

10/16(水) 9:19 配信

2000年代前半、テレビ界は空前の大食いブームに沸いていた。そこに現れた数々のスターの中で、最も光り輝いていたのがジャイアント白田である。
195センチの巨体で、強敵たちを次々に倒していった彼は「史上最強の大食い王」と呼ばれた。
大食いは、12年前に引退した。「今は“小食”ですね。どれだけ現金を積まれても全盛期のように大食いはできません」。食い倒れの街・大阪は道頓堀で会った白田に、当時の面影はなかった。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

仕事DeepDive 記事一覧(90)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。