岡本隆史

「やりたいことが何もなかった」――堤真一が21歳で生き方を決めた舞台

2018/11/11(日) 9:00 配信

円熟味を増す俳優、堤真一(54)。ある作品で重厚な存在感を放ったかと思えば、別の作品ではコミカルな役を軽妙に演じる。出演作は途切れることがない。だが、元は役者志望ではなかったという。「やりたいことが何もなかった」10代、「食えなかった」20代の日々を経て、演ずる道へどう導かれたのか。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

仕事DeepDive 記事一覧(92)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。