先発2連勝の野口稔陽と3安打3盗塁の神谷塁が勝利に貢献(BC・石川ミリオンスターズ)

野口稔陽投手(左)と神谷塁選手(写真提供:野口稔陽)

 後期に入ってますます熱い戦いを繰り広げているBCリーグだが、中でも西地区(ADVANCE―West)の石川ミリオンスターズが絶好調だ。目下、6試合を5勝1分け、負けなしである。当然のことながら首位だ。

 好調の要因は多々ある。6月25、26日の対福井ミラクルエレファンツ2連戦で活躍した長谷川潤投手矢鋪翼投手今村春輝選手を紹介したが、この2選手も“好調の要因”に該当する。

 2戦目の26日に2勝目を挙げた野口稔陽投手と3安打3盗塁の神谷塁選手だ。

■野口稔陽投手が2勝目

味方の攻撃を見つめる野口稔陽投手
味方の攻撃を見つめる野口稔陽投手

 立ち上がり、いきなり安打を許した。しかしサードに入った小林恵大選手の好守備、キャッチャー・喜多亮太選手の肩に助けられ、ノッていけた。

 以降も再三にわたるバックの守りに感謝しながら、粘り強く投げ続けた。

 五回までホームを踏むことは許さなかったが、六回だ。1つアウトを取ったあと4連打を浴びた。

 しかしなんとか2失点で踏みとどまり、リードを保って後続にバトンを繋いだ。119球の熱投だった。

調子がいいわけではなかったが…
調子がいいわけではなかったが…

 「体が重くて、あんまりスピードが出なかった。球数ももっと減らしたかった」。

 勝ったものの、反省点が多かったようだ。湿度の高い夜で、汗の量も半端なかった。ただ、その中で自分のできることを懸命にやろうとしていた。

 「ヒットが多かったし(10安打)、三振が取れなかった。打たれるのは覚悟して、取れないなりのピッチングで抑えていかないとと思って。早めに追い込もうとしたけど3-2、3-1のカウントが多くなってしまったので、なんとかストライクゾーンに集めることを考えた」。

しっかり腕を振った
しっかり腕を振った

 五回まではなんとか無失点で踏ん張っただけに、六回の集中打を悔やむ。

 「五回が終わって(グラウンド)整備が入ったとき、片田敬太郎 フィジカルパフォーマンスコーチ)さんから『立ち上がりと思って、切り替えていけ』って言われたのに…」。

 先頭をショートゴロに打ち取ったあとの4連打で2失点。

 しかし「点を取られたあと、ギアチェンジができた」と、続く一死一、二塁のピンチで空振り三振、セカンドゴロに仕留められたことを前向きにとらえた。

■白星は最強の良薬

初勝利で自信をつけた
初勝利で自信をつけた

 なによりゲームを作れたことは収穫だ。しかも勝ちもついた。

 「前回(6月17日・対武蔵ヒートベアーズ戦)1つ勝ったことが、自信になっている」と、新境地を開いたことに武田勝監督も目を細める。

 野口投手も「初勝利を挙げたことで、落ち着いて試合に臨めた。勝ててないときは、『勝たなきゃ、勝たなきゃ』と自分にプレッシャーをかけていた」と振り返る。

悔やまれる六回
悔やまれる六回

 この日のように体が重く、調子がよくない中でもしっかりゲームメイクできたことで、さらに自信を深めた。

 「いつも調子いいとは限らない。調子いいときはどんどんまっすぐで押していけばいいけど、そうじゃない日にどうするか」―。その答えが少し見えた。

粘投
粘投

 今年、滋賀から石川に移籍してきてBC2年目だ。新天地での起用に充実感を漂わせる。

 「去年は中継ぎしかやっていない。今年は先発をさせてもらって、2回負けても我慢して使ってもらっている。去年とは試合で使ってもらえる数が違う。登板数が多くなると、それだけ試合慣れもできる」。

 昨年の5試合(5回)から、今年は先発6と中継ぎ2ですでに8試合(34・1/3回)に登板している。

■投げさせてもらえることに感謝

やりがいを感じて投げる
やりがいを感じて投げる

 「ここはNPB日本プロ野球機構)に行くためのリーグやと思っている。そのためにはもっともっとまっすぐの能力を上げていきたい」。

 最速145キロの球速も、アベレージとともに上げていきたいという。

 また、「追い込んでからのヒットが目立つ」と省みる。「決め球をしっかりボール球にして投げきれずに、まっすぐが内に入ったりスライダーが高めに浮いたり…。打たれるべくして打たれている」。

 自己分析は完了しているのだ。

ワインドアップとセット
ワインドアップとセット

 「ワインドアップもセットもクィックも、同じようにコントロールできるように」。さらに「体力作りも」と、課題は山積みである。

 しかし活かしてもらえる場所を見つけた。なによりここで、思いきり腕を振ることを自身に課している。

 感謝の気持ちを込めて―。

野口稔陽*今季成績】

8試合 2勝2敗 34・1/3回 安打42 本塁打0 三振14 四球12 死球3 失点19 自責17 暴投1 ボーク0 失策1 防御率4.46  

(数字は7月1日現在)

野口稔陽
野口稔陽

■盗塁はリーグダントツの神谷塁選手

塁上の塁
塁上の塁

 神谷塁選手が自慢の足にスパートをかけ、盗塁の量産体制に入っている。

 この試合でも1番に入り、初回から走った。ファーストストライクをセンター前に運ぶと、すかさず盗塁。

 三回は無死一塁からセカンドゴロだったが、もちろん併殺にはならず残り、ここでも走った。

リーグトップの盗塁数
リーグトップの盗塁数

 さらには六回も先頭で回ってきた。逆方向に安打を放ち、次打者の初球に二塁を陥れた。

 これで盗塁数は31コ。もちろんリーグダントツだ。

 全打席で転がし、3安打。打率も.361で、リーグ3位にランクインしている。とともに.440と高い出塁率も誇る。

打者の間へ
打者の間へ

 常に意識しているのは「僕のパワーだったらフライを上げてもライナーは打てない。それならつまっても間に落とす、間を抜く」と低い弾道の、野手の間への強い打球だ。とにかく出塁することを第一に考える。

 塁に出ればこっちのものだ。「バッターへの攻めが変わる。まっすぐや外が多くなるし、外もボールになりやすい。バッターへの意識が疎かになる」。打者も球種、コースが絞りやすくなる。

 自身も「バッターとアイコンタクトで、なるべく早めに走りたい。走るまで待ってくれるんで、だからこそセーフにならないと」と打者に助けられている。お互いに「いい繋がりが生まれる」という。

勇気をもって走る
勇気をもって走る

 盗塁は3S(スタート、スピード、スライディング)が必要といわれる。

 その上で、神谷選手は「メンタルが重要」だと強調する。「勝負しよう!」「走っちゃえ!」という思いきりがないと盗塁はできないという。

 毎試合、メンタルに鞭を入れてスタートを切っている。

安野翔太選手(信濃)に注目している
安野翔太選手(信濃)に注目している

 「自分が守備にいるときに『嫌だな』と思うバッターになりたい」と言い、「信濃の安野翔太)みたいな」と具体名を挙げる。

 「背は160くらいでチョコチョコしてて、追い込まれたらノーステップでファウルで粘る。で、間をちょこんと抜かれる。すごく見習うところがある」と、うなずく。

■武田監督はバッティングのバリエーションを要望する

足で稼ぐ内野安打など
足で稼ぐ内野安打など
バリエーションを
バリエーションを

 武田監督が求めるのも、「本人も言ってるように、ウリは足。だからやっぱり出塁。それがないと盗塁もできないので。足を見せるための、足を生かしたバッティングをしなきゃ。つまり内野安打とか、そういうのを増やしていかないと」ということだ。

 「いろんなバッティングがあるというのを感じてもらいたい。セーフティでもいいし、まずは転がすってこと、あいつの課題は。フライを上げてちゃ、なんの意味もない。

 きれいなヒットよりは汚いヒットがボディブローのように効く。四球もだし、そういう嫌がられるバッター、ランナーになってほしい。

 足にスランプはないと言われる。それは盗塁での足ではなく、転がして一塁に駆け抜ける。そこはスランプなくできると思う」。

 チームのためでもあるし、神谷選手のために武田監督はそううながす。

■暑い夏はおまかせあれ

自分が引っ張る!
自分が引っ張る!

 これから気温がぐんぐん上昇する。屋外スポーツにはつらい季節だが、沖縄出身の神谷選手は涼しい顔だ。

 「暑いのは嫌いじゃない。みんなが疲れて落ちてくるときに、ひとりだけピンピンして成績を上げられたら」と目論む。

 そして「みんながきついときに、落ち込まないよう引っ張っていきたい」と表情を引き締める。

 打線だけではない。リードオフマンとして、チームをも牽引していきたいと強く誓っている。

 「ほんとに自分を売り出す最後の年」と武田監督もお尻を叩く。

 今年こそは夢を掴む、その足で。

神谷塁*今季成績】

42試合 打率.361 打数169 安打61 二塁打3 三塁打1 本塁打0 打点13 三振18 四球24 死球0 犠打7 犠飛0 盗塁31 失策8 併殺2 出塁率.440 長打率.391

(数字は7月1日現在)

神谷塁
神谷塁

(表記のない写真の撮影は筆者)

石川ミリオンスターズ*関連記事】

石川ミリオンスターズの主砲・今村春輝、いま覚醒の予感

長谷川潤の復調と矢鋪翼の満塁斬り

阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

全員一丸で戦う石川ミリオンスターズが快勝!

“勝イズム”が浸透。2年目を迎えた武田勝監督の手応え

ラストイヤーに懸ける選手が投打で牽引

長谷川潤が帰ってきた石川ミリオンスターズが開幕星

BCリーグ新監督に聞く―武田勝監督(石川ミリオンスターズ)

東京ヤクルトスワローズ・沼田拓巳

東北楽天ゴールデンイーグルス・寺岡寛治

横浜DeNAベイスターズ・寺田光輝

独立リーグ初!支配下3人の指名(石川ミリオンスターズ)

10年目の石川ミリオンスターズ。阪神タイガース戦でドラフト候補がアピール

寺田光輝*関連記事】

どん底から這い上がった寺田光輝が“プロ初勝利”

寺田光輝、2年目の覚醒

横浜DeNAベイスターズからドラフト6位指名

BC北陸選抜VS阪神タイガース・ファーム

石川ミリオンスターズ10周年記念試合は掛布阪神と

福井ミラクルエレファンツ*関連記事】

阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

方向転換と大松尚逸の加入で好転!福井ミラクルエレファンツの逆襲がはじまる

まさに“ミラクル”サヨナラ劇!福井ミラクルエレファンツが上昇気流に乗ってきた

育成初のトリプルスリーを目指す!東京ヤクルト・育成2位、松本友

崖っぷちからプロ野球選手という夢を掴んだ男・片山雄哉(阪神タイガース・育成1位)

就任1年目にして3人の選手をプロに輩出した田中雅彦監督

阪神・鳥谷敬選手のように―福井の背番号1・松本友選手はNPBで鉄人を目指す

「絶対にプロに行く!」―片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)

BCリーグ新監督に聞く―田中雅彦監督(福井ミラクルエレファンツ)

“野球好き女子”の野球との関わり方―福井ミラクルエレファンツの女性スタッフ

片山雄哉*関連記事】

母の日

虎戦士の新アイテム

ルーキーたちの初めてのキャンプ

富山GRNサンダーバーズ*関連記事】

新監督対決を制した二岡智宏監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグ新監督に聞く―伊藤智仁監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグトークショー・伊藤智仁(富山)×村田修一(栃木)×佐野慈紀(石川)

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)前編

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)後編

小林宏之と伊藤智仁から投球術を伝授された男―菅谷潤哉

「NPBで使える投手に」ー菅谷潤哉、指名漏れからの再挑戦

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【前編】

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【後編】

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~1

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~2

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~3

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)のエトセトラ

BCリーグ*関連記事】

横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【野手編】

横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【投手編】

“ラストオーディション”でアピールしたBCリーガーたち

ドラフト会議に向けてラストオーディション

BCリーグとイープラス、オフィシャルパートナー契約

野球のおもしろさを―BCリーグとアシックスの取り組み

BC北陸選抜チームvs阪神タイガース・ファーム

山本祐大*関連記事】

次代のハマの司令塔・山本祐大が古巣との試合で実戦復帰

初の関西凱旋!ハマの正捕手を目指す山本祐大、いま試練のとき

「ここじゃ終わらへん!」―ルーキーイヤーを終えた山本祐大(横浜DeNA)の中に今もあるもの

プロ初打席でホームラン!山本祐大捕手は野球の神様に愛されている

1軍デビューした19歳ルーキー・山本祐大捕手が“持ってる”ものとは

19歳ルーキーが正捕手への第一歩を踏み出した―山本祐大選手、初の1軍出場

友だちだけどライバル《後編》

友だちだけどライバル《前編》

入寮直前の決意

横浜DeNAベイスターズ・新入団会見

ドラフト指名

ドラフトへ向けて

BCリーグ北陸選抜vs阪神タイガース・ファーム

NPBを目指す独立リーガー

救世主現るー18歳のラッキーボーイ