横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【野手編】

BCL選抜チームを率いた寺内崇幸監督《栃木ゴールデンブレーブス》

■栃木・寺内崇幸監督(元読売ジャイアンツ)が選抜チーム指揮を執った

岡田幸文コーチと巽慎吾コーチ《ともに栃木ゴールデンブレーブス》
岡田幸文コーチと巽慎吾コーチ《ともに栃木ゴールデンブレーブス》

 6月11日に行われた横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜チームの試合、今回は野手編だ。

投手編はこちら⇒投手編

 野手に関しては、それぞれのよさを生かそうと寺内崇幸監督栃木ゴールデンブレーブス)は配置に苦心した。特別ルールを採用し、守備位置も打順もコロコロ変えて、まんべんなくチャンスを与えるよう苦慮していた。

 では、数人の野手をピックアップして紹介しよう。

■神谷塁選手(石川ミリオンスターズ)

ユーティリティさもアピール(写真提供:BCリーグ)
ユーティリティさもアピール(写真提供:BCリーグ)

 「9番・セカンド」で先発出場した石川ミリオンスターズ神谷塁選手は、ほかにもサード、ショート、そして昨年以来のセンターやライトの外野にも就き、ユーティリティぶりを存分にアピールした。

 そして、“今年の本職”であるショートでは3度のファインプレーを見せて、スタンドを沸かせた。

 攻撃では敵失と二飛で快音は奏でられなかったものの、出塁するや次打者の初球に盗塁するなど、持ち味は発揮した。

球数を投げさせたかった(写真提供:BCリーグ)
球数を投げさせたかった(写真提供:BCリーグ)

 「パッとはしなかった…」と試合後、顔を曇らせた神谷選手。しかし自分ではアウトだと思ったスチールがセーフになり、「スライディングは自信につながる」と胸を張る。

 打席では「球数をあまり投げさせられなかったのが反省。でも当てるより、しっかり振れたのはよかった」と言い、初見の投手をどう打ち崩すかを課題に挙げていた。

試合前、グラウンドの土の状態を念入りにチェック
試合前、グラウンドの土の状態を念入りにチェック

 めったにない展開だ。試合中、こんなにも守備位置が変わることはなかなかない。

 「気持ちのつくり方が難しかった。ピッチャーも一生懸命アピールしている。ミスしたら申し訳ない。ピッチャーも人生が懸かってるので」。

 なんと、自身のこと以上に投手のことを気遣っていたのだ。己が試される場で、こんなふうに他人を思いやれるというのはなかなかできることではない。神谷選手の器の大きさを感じずにいられない。

 そんな中、しっかりと仕事はできた。「いろいろ守れたのはいい経験になった。久しぶりの外野は、周りがよく見えるなぁって思った」と、守備での対応力に手応えを深めていた。

試合では武器である足もアピールした(写真提供:BCリーグ)
試合では武器である足もアピールした(写真提供:BCリーグ)

 そして、もっとも大きな収穫を得たと明かす。

 「プロのシートノックとか、試合以外のところがすごく勉強になった。送球、ボール回し、タッチのしかた…。見ててカッコいいし、1コ1コしっかりやっている。練習から取り入れてやっていきたい」。

 目を輝かせながら、早くも次に視線を向けていた。

■澤端侑選手(福井ミラクルエレファンツ)

粘りを意識(写真提供:BCリーグ)
粘りを意識(写真提供:BCリーグ)

 福井ミラクルエレファンツからは3選手が参戦した。自チームでは不動の「1番・ショート」の澤端侑選手は、「2番・サード」でのスタメンだった。その後、ファースト、ショート、セカンドと内野をすべて守った。

 打席結果は中飛、一ゴロ、四球で、盗塁を1つ決めた。

出塁後、足でも魅せた(写真提供:BCリーグ)
出塁後、足でも魅せた(写真提供:BCリーグ)

 「こないだのタイガース戦(5月22日の福井ミラクルエレファンツ対阪神タイガース・ファームの交流試合)では粘り強いバッティングができなかったので、なんとか粘って粘ってと意識した」と話すとおり、2打席目は6球、3打席目は7球放らせた。

 盗塁も「思いきっていった」と胸を張る。

課題克服を誓う(写真提供:BCリーグ)
課題克服を誓う(写真提供:BCリーグ)

 ただ、試合前に課題に挙げていた送球難が顔を覗かせた。サードにて、レフト前に抜けそうな当たりを好捕したまではよかったが、ファーストへの送球が浮いてしまった。

 しかしその後、ガックリくるところを即座に切り換え、次の打者の打球をジャンプ一番、しっかりとキャッチした。

 慣れないサードの守備だ。ショートと比べると打者との距離も近く、打球も速い。待っている時間はない。

 「打球が強烈でした」と苦笑し、「はじめてで感覚が違ったけど、怖いじゃダメ。思いきっていこうと思った」と、攻めの姿勢を貫いた。

 今後に向けて「キャッチボールから胸にちゃんと投げることを意識して取り組みたい」と、引き続き送球を課題に挙げていた。

福井ミラクルエレファンツの3選手
福井ミラクルエレファンツの3選手

 その後、嬉しいできごとがあったと明かす澤端選手。「金本享祐栃木)さん、社会人チーム(深谷組)の先輩なんです。久々に会えた」と頬を緩める。

 「前は金本さんが投げているマウンドの後ろで守っていた。今日も懐かしい感じでショートを守った」。

 目まぐるしく守備位置の変更があったにもかかわらず、金本投手の登板時にショートに就けた。まさかのタイミングに感激し、笑顔を弾けさせていた。

■須藤優太選手(福井ミラクルエレファンツ)

満足はいかなかった(写真提供:BCリーグ)
満足はいかなかった(写真提供:BCリーグ)

 須藤優太選手は三回裏の守備から出場した。「あまり打席が回ってこないと思ったので、淡白にガンガン振って雑なバッティングにならないようにしよう」と臨んだのに、1打席目は4球で空振り三振に倒れた。

 2打席目は「その反省を生かそうと思ったら、逆に消極的になってしまって…」と、結果は四球だった。満足いくアピールはできなかった。

やるべきことが明確になった(写真提供:BCリーグ)
やるべきことが明確になった(写真提供:BCリーグ)

 「こんなプロとやるという貴重な経験だし、ほかのチームの人と一緒にやれることもなかなかない。でもコミュニケーションは難しい」。

 はじめてのことに戸惑いのほうが大きかったのかもしれない。

 開幕から全試合、センターでの出場だ。レフトに就いたのははじめてだった。「プロに入るには、いろんなところを守れないといけない。あらためてそこも練習していきたい」。

 今後の練習から意識を変えて、取り組んでいくつもりだ。

■坂本竜三郎選手(福井ミラクルエレファンツ)

他球団の投手陣と積極的にコミュニケーション
他球団の投手陣と積極的にコミュニケーション

 坂本竜三郎選手も途中出場だった。六回裏に指名打者の位置に入り八、九回にマスクをかぶって、2人の投手を無失点リードした。

 練習中から投手に話しかけ、念入りに打ち合せをしていた。それ以外にも積極的に他球団の選手に話しかけるシーンが見られた。

 「人見知りではないんで…」とはいうものの、最年少でありながら年上の選手たちによく話しかけられるものだと感心する。

 しかし本人は意に介さず、「ほかの人から参考になる話が聞けると思って」と、あどけない笑顔を見せる。

しっかり守った
しっかり守った

 相手のシートノック中もベンチの外に出てガン見していたし、試合前のブルペンにも足を運んで、先発投手のことも受ける捕手のこともじっくりと観察していた。

 「学べるところがたくさんあって、しっかり見ようと思った」。

 このはじめての機会を何ひとつ見逃すものかという姿勢が、随所に顕れていた。

 そのおかげで収穫もたくさんあったようだ。「相手ピッチャーの球種もわかった」とニヤリ。どうやら今後の公式戦で活かすことができそうだ。

準備不足を悔やむ(写真提供:BCリーグ)
準備不足を悔やむ(写真提供:BCリーグ)

 打席が回ってきたのは1度だけ。結果は空振り三振だった。

 「ドタバタしたので、いつもみたいにピッチャーにタイミングを合わせたりっていうバッティングの準備ができなかった。準備が安心材料だから」と、通常の動きができなかったことを悔やむ。

 準備はもっとも大切なことだが、こういう状況の中でもアピールできなければならないということを知れたのも、坂本選手にとっては勉強になっただろう。

ゲームセットの瞬間(写真提供:BCリーグ)
ゲームセットの瞬間(写真提供:BCリーグ)
ワンバンブロックの練習も念入りに(写真提供:BCリーグ)
ワンバンブロックの練習も念入りに(写真提供:BCリーグ)

 そして宮本秀明選手に盗塁を許した場面を振り返っては、「もう一回やり直したい。(ボールが)握れなかった。捕ったときは余裕だなと思ったけど…すんごい後悔した」と悔しさをにじませる。

 ふと、「(ゲームの)はじめからマスクかぶりたいなぁ」と無邪気につぶやいた。

 次の選抜試合で先発マスクに抜擢されるためには、今後の公式戦で精進していくしかない。それは本人も重々わかっている。

 「プロって2軍でも裏方さんがいて、いろいろやってくれる。すごくいい環境で羨ましいと思った。1年でも早くNPBに行きたい」。

 そう決意を新たにする19歳だった。

■ひとりでも多くの選手がNPBでプレーできるように・・・

選手に檄を飛ばす寺内崇幸監督
選手に檄を飛ばす寺内崇幸監督

 はじめて選抜チームの指揮を執った寺内監督は、こう語る。

 「この時期にアピールすることで、見てもらう機会も増える。こうしてBCの選手のために試合をさせてもらえることに感謝している」。

 試合後、出場した選手たちの力みを指摘し、「こういう見られている中で力を発揮できるかどうか。それも経験。そういう意味でもいい経験になった」とうなずいた。

神谷塁選手は石川の先輩・寺田光輝投手《横浜DeNAベイスターズ》と対戦したかった…
神谷塁選手は石川の先輩・寺田光輝投手《横浜DeNAベイスターズ》と対戦したかった…

 「ポジションがかぶる選手が多くてバタバタしちゃった」と苦笑する寺内監督。すべての選手を活かしアピールさせようと必死であるがゆえに、選手交代に頭を悩ませたことが窺えた。

 「実際に戦って、NPBとの違いを目の当たりにして、通用する部分と足りない部分がよりわかったと思う。今日学んだこと、自信になったことを後期に活かしてほしい。打席での球、投げているときや守っているときの相手打者…そういう空気感は、僕ら首脳陣が見るより本人たちが一番感じたと思うから」。

 選手たちはそれぞれ課題というお土産を手にして帰宅した。見つかった課題は伸びしろともいえる。それを克服し、さらにレベルアップすることが夢に近づく手だてだ。

 今後もBCリーガーたちの戦いは続く。ひとりでも多くの選手がNPBへ進めることを願う。

全野手の成績

(打数―安打―打点  K…三振 B…四球 S…盗塁)

〈捕手〉

速水隆成(群馬)  3-0-0 2K 

坂本竜三郎(福井) 1-0-0 1K

茨城智也(滋賀)  2-0-0

〈内野手〉

谷津鷹明(栃木)  2-0-0 1B

青木颯(群馬)   3-0-0 1K 1B

神谷塁(石川)   2-0-0 1S

澤端侑(福井)   2-0-0 1B 1S

湯井飛鳥(滋賀)  2-0-0

〈外野手〉

カレオン(福島)  3-1-0 1K

加藤壮太(武蔵)  4-0-0 2K

石森亨(新潟)   3-0-1 1K

須藤優太(福井)  1-0-0 1K 1B

BC 001 000 000=1

DB 010 003 000=4

 *6月11日 ベイスターズ球場*

(表記のない写真の撮影は筆者)

BCリーグ*関連記事】

横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【投手編】

“ラストオーディション”でアピールしたBCリーガーたち

ドラフト会議に向けてラストオーディション

BCリーグとイープラス、オフィシャルパートナー契約

野球のおもしろさを―BCリーグとアシックスの取り組み

BC北陸選抜チームvs阪神タイガース・ファーム

福井ミラクルエレファンツ*関連記事】

BC・石川と福井が阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

方向転換と大松尚逸の加入で好転!福井ミラクルエレファンツの逆襲がはじまる

まさに“ミラクル”サヨナラ劇!福井ミラクルエレファンツが上昇気流に乗ってきた

就任1年目にして3人の選手をプロに輩出した田中雅彦監督

BCリーグ新監督に聞く―田中雅彦監督(福井ミラクルエレファンツ)

“野球好き女子”の野球との関わり方―福井ミラクルエレファンツの女性スタッフ

育成初のトリプルスリーを目指す!東京ヤクルト・育成2位、松本友

阪神・鳥谷敬選手のように―福井の背番号1・松本友選手はNPBで鉄人を目指す

石川ミリオンスターズ*関連記事】

BC・石川と福井が阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

全員一丸で戦う石川ミリオンスターズが快勝!

“勝イズム”が浸透。2年目を迎えた武田勝監督の手応え

ラストイヤーに懸ける選手が投打で牽引

長谷川潤が帰ってきた石川ミリオンスターズが開幕星

BCリーグ新監督に聞く―武田勝監督(石川ミリオンスターズ)

東京ヤクルトスワローズ・沼田拓巳

東北楽天ゴールデンイーグルス・寺岡寛治

横浜DeNAベイスターズ・寺田光輝

独立リーグ初!支配下3人の指名(石川ミリオンスターズ)

10年目の石川ミリオンスターズ。阪神タイガース戦でドラフト候補がアピール

富山GRNサンダーバーズ*関連記事】

新監督対決を制した二岡智宏監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグ新監督に聞く―伊藤智仁監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグトークショー・伊藤智仁(富山)×村田修一(栃木)×佐野慈紀(石川)

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)前編

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)後編

小林宏之と伊藤智仁から投球術を伝授された男―菅谷潤哉

「NPBで使える投手に」ー菅谷潤哉、指名漏れからの再挑戦

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【前編】

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【後編】

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~1

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~2

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~3

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)のエトセトラ

片山雄哉*関連記事】

凱旋試合であらためて感じた田中雅彦監督との固い絆

崖っぷちからプロ野球選手という夢を掴んだ男・片山雄哉(阪神タイガース・育成1位)

「絶対にプロに行く!」―片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)

母の日

虎戦士の新アイテム

ルーキーたちの初めてのキャンプ

山本祐大*関連記事】

初の関西凱旋!ハマの正捕手を目指す山本祐大、いま試練のとき

「ここじゃ終わらへん!」―ルーキーイヤーを終えた山本祐大(横浜DeNA)の中に今もあるもの

プロ初打席でホームラン!山本祐大捕手は野球の神様に愛されている

1軍デビューした19歳ルーキー・山本祐大捕手が“持ってる”ものとは

19歳ルーキーが正捕手への第一歩を踏み出した―山本祐大選手、初の1軍出場

友だちだけどライバル《後編》

友だちだけどライバル《前編》

入寮直前の決意

横浜DeNAベイスターズ・新入団会見

ドラフト指名

BCリーグ北陸選抜vs阪神タイガース・ファーム

NPBを目指す独立リーガー

救世主現るー18歳のラッキーボーイ