石川ミリオンスターズの若き主砲・今村春輝、いま覚醒の予感(BCリーグ)

日々成長している今村春輝選手

 好調な滑り出しで戦っているBCリーグ石川ミリオンスターズ。1分けを挟んで5連勝で、7月1日現在、西地区(ADVANCE―West)の首位だ。

 では前回に続いて6月25、26日の対福井ミラクルエレファンツ2連戦で活躍した選手を紹介しよう。

■1試合2ホーマー

1試合2本塁打を放った
1試合2本塁打を放った

 開幕から4番に座り続けている今村春輝投手のバットが火を吹いたのは1戦目、25日のゲームだ。

 まずは三回。先頭の神谷塁選手が二塁打で出塁し、盗塁で二死三塁を作ると、フルカウントから左翼越えの2ランを叩き込んだ。

 続いて八回は先頭で打席に入ると、カウント2-2から振り抜き、勝利をほぼ確定させるソロ弾とした。

 今村選手自身、1試合2ホーマーははじめてのことだ。2本とも“これぞホームランバッター”という、どデカイ当たりだった。

ホームランを打って、塁上の神谷塁選手と帰還
ホームランを打って、塁上の神谷塁選手と帰還

 「1本目はまっすぐ。スライダーを待っていたけど、うまく回転というか反応で打った感じ。2本目はスライダー。あの打席はピッチャー(楊鑄真投手)の前のイニング、ストレートがめちゃめちゃきてたんで、追い込まれたら最後は外のまっすぐかなぁと思って、まっすぐに張っていた。そしたらスライダーがきたけど、反応できた」。

 そうセルフ解説をつけてくれた。

2本目のソロホームランを打ってベンチに還る
2本目のソロホームランを打ってベンチに還る

 これに驚いたのは山出芳敬 野手総合コーチだ。

 「追い込まれてああやってホームラン打つっていうのは、僕はびっくり。これまでは、三振しないようにやっていたと思う。外のスライダーを見極めるとか、っていう考えだったと思うけど、その中でホームランを打てるようになっているっていうのは、すごい成長」。

■大学時代の試合を見てきた山出芳敬コーチ

山出芳敬 野手総合コーチ
山出芳敬 野手総合コーチ

 山出コーチは今村選手のことを、金沢星稜大時代から見てきたという。

 「大学の試合を見にいったけど、バッティングはひどいものだった(笑)。“ザル”というか…。たしかに当たれば飛ぶけど、当たらないっていうのは瞬間にわかった」と苦笑する。

 山出コーチは思案した。「ただ、入団してきて、あいつのいいものを消さずにやらないと、あいつが納得して試合に出られないだろうというのがあった。だから最初は我慢した」と振り返る。

背番号1の先代、桑原凌マネージャー
背番号1の先代、桑原凌マネージャー

 そして、まずは見守った。「とにかく打てなくても自分の思うようにやってみて、これじゃ打てないっていうのをわかってから変えていかないと、納得できないだろうなと思ったんで」。

 すると、今村選手はすぐに気づいたという。「このままじゃ打てない」と。

 そこで「一番合うんじゃないか」と教え込んだのが、桑原凌マネージャーの現役当時のバッティングスタイルだ。

 桑原マネージャーは昨年まで石川でプレーした、今村選手と同じ右のスラッガーである。奇しくも、背番号1は桑原マネージャーが着けていたものだ。

恵まれた体
恵まれた体
武田勝監督と
武田勝監督と

 山出コーチが心掛けたのは、一度にあれこれ言わないことだという。

 「1つのことをやるだけにして、シンプルにシンプルにバッティングをやらすことから始めた。回転を意識させて、構えからトップを作って、そして下から順番に回っていくっていうように」。

 しかし、やろうとしてもなかなかできなかったという。山出コーチも頭を抱えた。

 「タイミングがとれない、スイングもつねに手から始動する。だから、まず先にトップ作りなさい、タイミングがとれないからノーステップにしなさい、と。あとはボールに対して体を回すだけっていう状態から始めた」。

 そうしてようやく今、自分でタイミングがとれるようになり、「その中で始動を早くしたりっていうのを、考えてやらせている」という。

 そんな中で生まれた2本のホームランだが、山出コーチは「今が完成形ではない」と、まだまだ進化の途上であると強調する。

■“野球脳”も鍛える

“野球偏差値”を上げる
“野球偏差値”を上げる

 技術面だけではない。“野球脳”も特訓中だ。

 山出コーチは言う。「学生時代、どうやって考えて打っていたのか。スライダー投げとけば打てないし、スライダーを生かすために1球ストレートをポンと投げられたら、勝手にスライダーに泳いで三振っていうのをずっと見てきた」。

 打ち取られ方が同じだったという。

 「それを学生時代、ずっとやってきたことが逆にすごいなと思って。誰も何も言わなかったんだなって」。

常に考える
常に考える

 そこで、常に配球を考えて打つようにと指導した。試合後にチャートを見て振り返ることはもちろんだが、試合中も打席ごとに「こういうピッチャーだよ」と教え込み、状況による配球を伝え、「打席でどれを待つんだっていうのを、自分で選択させる」という。

 先述したように、今は配球を考えて待ち球を絞っている。少しずつ結果に顕れはじめているのだ。

■不動の4番に君臨

笑いが絶えない
笑いが絶えない

 開幕から全試合で4番として名を連ねている。

 「使ってもらってることに感謝すると同時に、やっぱり4番という場所で打たせてもらってるのはありがたいことだし、やっぱりもっともっと打ちたい」と、今村選手の鼻息も荒い。

 ここまで本塁打数7はリーグ6位タイ、打点32はリーグ10位とランキング外ではあるが、いずれもチームトップの数字である。

 「西武の山川選手のように、打率というよりはホームランと打点が多いほうがいいんじゃないかなというのがある」と“4番像”を語るように、本塁打と打点でチームを引っ張ることを目指している。

小林恵大選手との4、5番コンビ
小林恵大選手との4、5番コンビ

 打点を稼ぐには、チャンスで打たねばならない。今村選手の得点機での考え方はこうだ。

 「場面によるけど、1アウトとかノーアウトの場合は三振オッケーというのを常に思ってて。僕の後ろに小林恵大さんがいるので。後ろにいいバッターがいるんで、それだけ余裕持ってできている」。

 自分ひとりで背負わなくていい。その気持ちのゆとりが、平常心で打席に立たせてくれている。

小林恵大選手と
小林恵大選手と

 また、特筆すべきは四球の数で、32はリーグ5位タイだ。もちろんチーム1である。

 「選球眼は悪かった」という今村選手だが、これもまた「三振オッケーと思うからできていること」と“小林恵大効果”を強調する。

 自分が決めなきゃいけないと強引なバッティングをすることなく、余裕をもってボールを見ることができているのだ。

 そういった気持ちの整理について「やっぱそこが一番できているんじゃないかな」と胸を張った。

■二岡智宏監督(富山GRNサンダーバーズ)から伝授されたこと

二岡智宏監督に呼び止められた!
二岡智宏監督に呼び止められた!

 タイミングのとり方など、他球団の選手に自分からアドバイスを求めることもある。そんな折、なんとも貴重な指導を受ける機会に恵まれた。

 後期初戦、対富山GRNサンダーバーズ戦でのことだ。その日は試合前練習に金沢市民球場が使えず、別グラウンドで行った。

 石川の練習が終わり、富山と入れ替わるそのとき、二岡智宏監督から呼び止められた。

 「すごかった!」と、そのときのことを思い出してニヤニヤする今村選手。そりゃ読売ジャイアンツの、日本球界の、スター選手だった人だ。さぞかし舞い上がったことだろう。

 「二岡さんから言われたのは『結果を求めるというよりも、4番なんでフライというか、角度のある打球をもっともっと打てるように』ということ。それと右足のタメとか体の使い方とかを教えてもらった」と明かす。

二岡さんの助言が効いた?
二岡さんの助言が効いた?

 教わったポイントは2点だ。

 まず1つ目は「僕、打ったときに右足がちょっと伸びるというか、ちょっと前にズレる。それだとためた分の力が使えないと言われた」と、スウェーしないようにということ。

 2つ目は「どっちかというとコマというか、その場で回る」という軸回転だ。

 「そんな感じで打ったらホームランになった」と即、ゲームで実践した結果が25日の2本のホームランだったという。なかなかの吸収力だ。

 そして翌26日に放った逆方向へのタイムリー二塁打も、その効果と無縁ではないだろう。

■キャラクターもウリのひとつ

愛情深く導く山出コーチ
愛情深く導く山出コーチ

 今後については「ホームランと打点は一番こだわりたい」と、チームの勝利に直結する結果を求めていきたいと意気込む今村選手。

 しかしそんな今村選手の抱負とは裏腹に、山出コーチの考えは少し違う。

 「やっぱり率が残らないと、ただデカい当たりだけで確率がなかったら、きつい部分があると思う。カウントによってはホームランを狙って大きいスイングしながら、追い込まれてからも粘り強くヒットを打つとか。チャンスの場面でピッチャーが外外ってなっているときは、しっかりライト方向に打てるとか。そういうバッティングができないと上(NPB)では通用しないんだろうなとは思う」。

 NPBに行くために、状況に合わせた対応力を身につけてほしいという“親心”だ。

画像

 もう一つ、山出コーチが「あいつの持ち味」と推すのがキャラクターだ。「いつもいじられている」と頬を緩める。

 “お笑い担当”なのか、今村選手の一発ギャグや円陣の声出しなどの動画が、球団公式のSNSでしばしばアップされる。

 そのギャグのクオリティは“凡打”の日もあれば、“クリーンヒット”を飛ばす日もある。“ホームラン”は・・・どうだろうか。

 今村選手のギャグも、ぜひ一度チェックしてみてほしい。

(石川ミリオンスターズ公式インスタグラム⇒石川ミリオンスターズ

 次回は対福井2連戦の2戦目に活躍した2選手(野口稔陽投手神谷塁選手)をピックアップする。

今村春輝*今季成績】

42試合 打率.266 打数139 安打37 二塁打7 三塁打0 本塁打7 打点32 三振34 四球32 死球6 犠打0 犠飛4 盗塁0 失策2 併殺4 出塁率.414 長打率.468

(数字は7月1日現在)

今村春輝
今村春輝

(撮影はすべて筆者)

石川ミリオンスターズ*関連記事】

長谷川潤の復調と矢鋪翼の満塁斬り

阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

全員一丸で戦う石川ミリオンスターズが快勝!

“勝イズム”が浸透。2年目を迎えた武田勝監督の手応え

ラストイヤーに懸ける選手が投打で牽引

長谷川潤が帰ってきた石川ミリオンスターズが開幕星

BCリーグ新監督に聞く―武田勝監督(石川ミリオンスターズ)

東京ヤクルトスワローズ・沼田拓巳

東北楽天ゴールデンイーグルス・寺岡寛治

横浜DeNAベイスターズ・寺田光輝

独立リーグ初!支配下3人の指名(石川ミリオンスターズ)

10年目の石川ミリオンスターズ。阪神タイガース戦でドラフト候補がアピール

寺田光輝*関連記事】

どん底から這い上がった寺田光輝が“プロ初勝利”

寺田光輝、2年目の覚醒

横浜DeNAベイスターズからドラフト6位指名

BC北陸選抜VS阪神タイガース・ファーム

石川ミリオンスターズ10周年記念試合は掛布阪神と

福井ミラクルエレファンツ*関連記事】

阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

方向転換と大松尚逸の加入で好転!福井ミラクルエレファンツの逆襲がはじまる

まさに“ミラクル”サヨナラ劇!福井ミラクルエレファンツが上昇気流に乗ってきた

育成初のトリプルスリーを目指す!東京ヤクルト・育成2位、松本友

崖っぷちからプロ野球選手という夢を掴んだ男・片山雄哉(阪神タイガース・育成1位)

就任1年目にして3人の選手をプロに輩出した田中雅彦監督

阪神・鳥谷敬選手のように―福井の背番号1・松本友選手はNPBで鉄人を目指す

「絶対にプロに行く!」―片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)

BCリーグ新監督に聞く―田中雅彦監督(福井ミラクルエレファンツ)

“野球好き女子”の野球との関わり方―福井ミラクルエレファンツの女性スタッフ

片山雄哉*関連記事】

母の日

虎戦士の新アイテム

ルーキーたちの初めてのキャンプ

富山GRNサンダーバーズ*関連記事】

新監督対決を制した二岡智宏監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグ新監督に聞く―伊藤智仁監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグトークショー・伊藤智仁(富山)×村田修一(栃木)×佐野慈紀(石川)

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)前編

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)後編

小林宏之と伊藤智仁から投球術を伝授された男―菅谷潤哉

「NPBで使える投手に」ー菅谷潤哉、指名漏れからの再挑戦

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【前編】

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【後編】

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~1

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~2

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い~3

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰~破天荒な古村徹(DeNA)のエトセトラ

BCリーグ*関連記事】

横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【野手編】

横浜DeNAベイスターズ・ファーム対BCリーグ選抜【投手編】

“ラストオーディション”でアピールしたBCリーガーたち

ドラフト会議に向けてラストオーディション

BCリーグとイープラス、オフィシャルパートナー契約

野球のおもしろさを―BCリーグとアシックスの取り組み

BC北陸選抜チームvs阪神タイガース・ファーム

山本祐大*関連記事】

次代のハマの司令塔・山本祐大が古巣との試合で実戦復帰

初の関西凱旋!ハマの正捕手を目指す山本祐大、いま試練のとき

「ここじゃ終わらへん!」―ルーキーイヤーを終えた山本祐大(横浜DeNA)の中に今もあるもの

プロ初打席でホームラン!山本祐大捕手は野球の神様に愛されている

1軍デビューした19歳ルーキー・山本祐大捕手が“持ってる”ものとは

19歳ルーキーが正捕手への第一歩を踏み出した―山本祐大選手、初の1軍出場

友だちだけどライバル《後編》

友だちだけどライバル《前編》

入寮直前の決意

横浜DeNAベイスターズ・新入団会見

ドラフト指名

ドラフトへ向けて

BCリーグ北陸選抜vs阪神タイガース・ファーム

NPBを目指す独立リーガー

救世主現るー18歳のラッキーボーイ