片山雄哉(阪神タイガース)が凱旋試合であらためて感じた師匠・田中雅彦監督(福井ME)との固い絆

再会に笑みがこぼれる田中雅彦監督と片山雄哉選手

 懐かしい風景がいろんなことを思い起こさせてくれた。この球場で4年間、汗と土にまみれた。喜びに浸ったこともあれば、悔し涙にくれたこともあった。

 そこにあった思いはただひとつ、「NPBに行きたい」―。それだけだった。

■懐かしい人たちとの再会

石川ミリオンスターズの武田勝監督にご挨拶
石川ミリオンスターズの武田勝監督にご挨拶

 阪神タイガースのルーキー・片山雄哉捕手が福井での凱旋試合に臨んだ。

 タイガースのファームは毎年、BCリーグとの交流試合に赴く。今年は5月21日に石川ミリオンスターズと、同22日に福井ミラクルエレファンツとそれぞれ戦った。

 金沢市民球場では石川の武田勝監督に挨拶したあと、しばし談笑していた片山選手。フェニックススタジアムではさらにテンションが上がり、昨年までのチームメイトとの再会に笑顔が絶えなかった。

荒道好貴選手とハグ
荒道好貴選手とハグ

 みんなの歓迎が心から嬉しかった。「ホントに僕の勝手な解釈かもしれないけど、迎え入れてくれたような、『おかえり』って言ってくれてるような…。みんな笑って出迎えてくれた。ずっと長く一緒にやった選手もいて、知った顔があるのはなんかホッとしたし、1~2年の選手も挨拶にきてくれた。みんなが気にかけてくれて、嬉しかった」。

 “勝手な解釈”などではない。エレファンツナインは待ちに待っていた。それぞれが片山選手を見つけるや、駆けよってハグをしたり話し込んだりで盛り上がっていた。

中村辰哉選手はキャッチボールをする片山雄哉選手のもとへ
中村辰哉選手はキャッチボールをする片山雄哉選手のもとへ
ノリノリのセカンドアップ(奥に片山選手)
ノリノリのセカンドアップ(奥に片山選手)

 キャプテン・中村辰哉選手も、片山選手が一塁側ファウルゾーンでキャッチボールをはじめるや「片山さんとしゃべりたい~」と、傍まで飛んでいった。同じ捕手として、昨年はその背中を追っていた兄貴分である。

 実は中村選手、ある“仕込み”をしていた。福井のセカンドアップ時に流す曲を、片山選手が登場曲に使用していた「MY TIME(AK-69)」にすり替えていたのだ。

 ちょうどタイガースのシートノックの時間だった。ホームベースでボールを受ける片山選手を横目に、エレファンツナインはノリノリで「MY TIME MY TIME MY TIME MY TIME~♪」と口ずさみながら体を動かしていた。

 “仕掛け人”の中村選手は「片山さん、気づいてくれた!」と、してやったりとばかりに笑顔を弾けさせ、セカンドアップを終えた。

練習も元気いっぱい
練習も元気いっぱい

 試合直前の真剣なシートノック中とあって、大きなリアクションこそ見せなかった片山選手。

 だが、あとで「恥ずかしかったというか、照れくさかった。あそこでキャッキャしてたらダメじゃないですか(笑)。後輩にも示しがつかないし。わきまえないとね」と明かしたあと、「すごく温かくて、嬉しかった」と感謝していた。

 かわいい後輩の“歓迎の意”は十二分に胸を打ったようだ。

後輩たちの目も意識
後輩たちの目も意識

 また、スタンドからは片山選手の福井での応援歌も鳴り響いた。「ファンの人からもたくさん声をかけてもらって…。あらためて頑張らないとなって素直に思った」。

 4年間、変わらず応援してくれ、さらにこうして今もなお声援を送ってくれることに頭を下げた。

■“代名詞”である全力プレー

先制の、そして決勝打となったタイムリー
先制の、そして決勝打となったタイムリー

 それだけにプレーでも見せたかった。自身の一番のウリである「全力プレー」だ。

 この日は「6番・キャッチャー」でスタメン出場すると、四回にチャンスで回ってきた。二死一、二塁からしっかり引っ張ってライト前へ。

 これが先制の、そして決勝のタイムリーとなった。相手の動きを見て、一気に二進した。

 守っても小野泰己石井将希牧丈一郎の3投手を完封リードし、存在感を見せた。

常に全力プレー
常に全力プレー

 しかし片山選手が語るのは、結果だけではない。「もちろん結果も大事だけど、それだけじゃなく、こういう全力プレーが大事。たまたまヒットは出たけど、次の塁とか、凡打でも攻守交替でも全力で走る。そういうところでも頑張らないと」。

 これまでもやってきたことだ。やり通してきたことだ。「プロに行くために」と、どんなに疲れているときでも決して抜かない、隙を見せないという姿勢を貫いてきた。

 それでもあえて、意識してやった。

昨年、幾度も熱く語り合った清田亮一選手兼任コーチと対峙
昨年、幾度も熱く語り合った清田亮一選手兼任コーチと対峙

 「これからプロでやりたいっていう後輩たちに見てほしかった。これまでもやってきたことだけど、プロに入ってもなおやっているっていう現実を教えたかった。ドラ1、ドラ2で入って1軍で活躍してる選手でもやってるんだ。オレらがやらずにおれるわけがないってことを」。

 片山選手のプレーは、後輩たちへの檄だった。と同時に「自分自身にもあらためて、そう強く思ったし、その気持ちを忘れずに…いや、忘れたわけではないけど、この地であらためて思い出した。雅彦さんの顔を見て、より思い出した」と、自身への戒めでもあった。

 原点である“ここ”が、一番大事なことを再認識させてくれた。

■田中雅彦監督も感慨深げ

ずっと心の師、田中雅彦監督
ずっと心の師、田中雅彦監督

 「雅彦さん」とは田中雅彦監督のことだ。2年前にバッテリーコーチとして福井に入団した田中氏は、昨年から監督として指揮を執っている。

 片山選手がNPBに行けるよう、さまざまな指導をしたのは田中監督だ。技術はもちろんだが、人間性がいかに大切かを説かれた片山選手は、生活も含めすべてを見直した。

 田中監督のもとで生まれ変わったといっても過言ではない。

にこやかに談笑(左:田中雅彦監督 右:清田亮一選手兼任コーチ)
にこやかに談笑(左:田中雅彦監督 右:清田亮一選手兼任コーチ)

 ひさしぶりに再会した愛弟子の姿を、NPBの、タイガースのユニフォームをまとった姿を、田中監督はまぶしそうに見ていた。

 「いやぁ~、ちょっとねぇ…めっちゃ嬉しかった。プレーを見てて、誰よりも間違いなく一生懸命やってるし、ひたむきにやってる姿を見せてくれていた。なおかつ、こうやって福井でいい活躍もしてくれて、ウチの選手たちにもすごくいい刺激になったし、嬉しいし、頼もしかった」。

 胸がいっぱいといった様子で、目尻を下げる。

バッティングも進化した
バッティングも進化した

 技術面の進化にも「プレースタイルも、こっちにいるときとは変わってくるというか、プロのスピードに対応していかなきゃいけないような打ち方になってきてるし、スローイングもそういうふうになってきている。進んでいってる方向性も間違いないと思う」と、目を細める。

 「去年までは僕のかわいい教え子っていう感じやったのが、ちょっとこう遠い存在になっていく感じがあって…頼もしかったなぁ。うん、嬉しかった」。

 嬉しいけど、どこかちょっぴり淋しい。そんな複雑な心情が、なんともいえない表情ににじみ出ていた。

■「師弟関係」は変わらない

「雅彦さんにいいところを見せたかった」
「雅彦さんにいいところを見せたかった」

 片山選手にとっても、田中監督は特別な存在だ。

 「僕にとって、どこまでいっても偉大なひとり」と語り、田中監督の言葉を伝えても「そう言われてすごく嬉しいし素直に受け止めてはいるけど、受け止められないというか、気が抜けないというか、そこに浸りたくない」と、こちらも複雑な心境を明かす。

 「まだまだずっと僕のことを見ててくださいよって思うし、あの人の前でプレーできて嬉しかったけど、もっといいとこ見せたかった。少なからず力んでた、普段より」。

 意識せずにはいられなかった。後輩たちへ伝えたいメッセージ以上に、成長した自分を田中監督に見てもらいたかったのだ。

プロのスピードにも対応
プロのスピードにも対応

 「プレー中、(福井の)ベンチを見たら、雅彦さんがニコニコしてて、嬉しくて安心感があって…。あの人の顔、雰囲気を見ると、胸が苦しくなる。思うことがたくさんある」。

 同じチームではなくなり物理的な距離は離れても、心の中にはいつまでも「師弟関係」が存在していることには変わりないのだ。

出会いに感謝
出会いに感謝

 絶対にNPBに行くんだと腹をくくって取り組んだ昨年。己を律し、死に物狂いで、すべてを野球に捧げた。「自分でもよくやったと思う」と振り返るほどに。

 そしてそれを支えてくれたのは田中監督にほかならない。「人生を決める分岐点であの人に出会えた。出会い…こればっかりは運命だから。本当に雅彦さんと出会えてよかった」。

 運命ではあるが、それは片山選手が自ら引き寄せたものだ。本気で打ち込もうとする姿勢が、出会わせてくれたのだろう。

 タイミングは偶然ではなく必然だ。

■片山選手の後継者・坂本竜三郎選手

22番の後継者・坂本竜三郎選手
22番の後継者・坂本竜三郎選手

 福井には片山選手の継承者がいる。片山選手が福井で着けていた背番号22を自ら選択し、「片山さんのようになりたい」と後を追う。高校を卒業したばかりの坂本竜三郎捕手だ。

 このゲームでも片山選手から多くのものを盗んだ(詳細は前の記事⇒坂本竜三郎)。

 片山選手も「一生懸命さを感じた。一瞬だけの出会いだったけど、元気に楽しそうに野球をやってるなと感じた。僕のことを見ててくれたのも含め、なんとかしようっていうのは伝わってきた」と温かい目で見ていた。

坂本竜三郎選手は片山雄哉選手をガン見!
坂本竜三郎選手は片山雄哉選手をガン見!

 自身も「いろんな人に出会って助けられて、自分なりに吸収してこれた」と感じているだけに、「あの子にとって僕っていうひとりの選手を見たことで、野球観やプレースタイル、考え方に何かひとつでも響くものがあれば嬉しい。キャッチャーってこういうふうにもやれるんだっていうヒントになれば」と、坂本選手にとって何か役に立てればと願う。

 この日の片山選手との出会いは、坂本選手にとっても大きなターニングポイントになったに違いない。これも必然だったのだろう。

■福井のみんなのために・・・

みんなのために
みんなのために

 福井には4年在籍した。その間、たくさんの方々に応援してもらってきた。それは片山選手にとって、大きな財産だ。それだけに「みんなのために」という思いが、片山選手の中に強くある。

 「みんな」とは首脳陣を含むチームメイトであり、球団職員やボランティアであり、地元のファンである。

 「僕が成功することによって、独立リーグでもやれるんだと思ってもらえる。周りの目も変わるし、僕が上のステージで活躍することでエレファンツに対する応援のしかたも変わる。全部が繋がると感じた」。

濱田俊之投手と塚田貴之投手はバッテリーを組んだ仲
濱田俊之投手と塚田貴之投手はバッテリーを組んだ仲

 片山選手のNPB入りは、頑張れば夢は叶うという成功例となった。既存の選手にとっては憧れであり、大きな刺激だ。球団にとってもめでたいことであるし、有望選手獲得のアドバンテージにもなる。

 そしてファンにとっては「おらが街のヒーロー」の誕生だ。手塩にかけて育てた我が子のように誇らしい。

 そういった人々にもっともっと幸せを届けたい―。「みんなのためにも、もっと胸を張ってもらえるように」。

 この交流試合で“原点回帰”した片山選手は、さらなる高みを目指して今日も全力プレーを続ける。

福井の新旧22番、片山雄哉選手と坂本竜三郎選手
福井の新旧22番、片山雄哉選手と坂本竜三郎選手

(撮影はすべて筆者)

片山雄哉*関連記事】

母の日

虎戦士の新アイテム

ルーキーたちの初めてのキャンプ

崖っぷちからプロ野球選手という夢を掴んだ男・片山雄哉(阪神タイガース・育成1位)

「絶対にプロに行く!」―片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)

福井ミラクルエレファンツ*関連記事】

BC・石川と福井が阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

方向転換と大松尚逸の加入で好転!福井ミラクルエレファンツの逆襲がはじまる

まさに“ミラクル”サヨナラ劇!福井ミラクルエレファンツが上昇気流に乗ってきた

就任1年目にして3人の選手をプロに輩出した田中雅彦監督

BCリーグ新監督に聞く―田中雅彦監督(福井ミラクルエレファンツ)

“野球好き女子”の野球との関わり方―福井ミラクルエレファンツの女性スタッフ

育成初のトリプルスリーを目指す!東京ヤクルト・育成2位、松本友

阪神・鳥谷敬選手のように―福井の背番号1・松本友選手はNPBで鉄人を目指す

石川ミリオンスターズ*関連記事】

BC・石川と福井が阪神タイガース・ファームとの交流試合で得たものとは

全員一丸で戦う石川ミリオンスターズが快勝!

“勝イズム”が浸透。2年目を迎えた武田勝監督の手応え

ラストイヤーに懸ける選手が投打で牽引

長谷川潤が帰ってきた石川ミリオンスターズが開幕星

BCリーグ新監督に聞く―武田勝監督(石川ミリオンスターズ)

東京ヤクルトスワローズ・沼田拓巳

東北楽天ゴールデンイーグルス・寺岡寛治

横浜DeNAベイスターズ・寺田光輝

独立リーグ初!支配下3人の指名(石川ミリオンスターズ)

10年目の石川ミリオンスターズ。阪神タイガース戦でドラフト候補がアピール

富山GRNサンダーバーズ*関連記事】

新監督対決を制した二岡智宏監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグ新監督に聞く―伊藤智仁監督(富山GRNサンダーバーズ)

BCリーグトークショー・伊藤智仁(富山)×村田修一(栃木)×佐野慈紀(石川)

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)前編

鉄の意志を持つ“富山の末っ子”・湯浅京己がたった1年でプロ野球の扉を開いた(阪神タイガース6位)後編

小林宏之と伊藤智仁から投球術を伝授された男―菅谷潤哉

「NPBで使える投手に」ー菅谷潤哉、指名漏れからの再挑戦

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【前編】

戦力外から裏方、そして再びプロ野球選手へ―150キロ左腕・古村徹(元DeNA)の復活と進化【後編】

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰〜破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い〜1

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰〜破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い〜2

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰〜破天荒な古村徹(DeNA)を支えた三つの思い〜3

支配下→育成→戦力外→裏方→独立リーグ⇒NPB復帰〜破天荒な古村徹(DeNA)のエトセトラ

BCリーグ*関連記事】

“ラストオーディション”でアピールしたBCリーガーたち

ドラフト会議に向けてラストオーディション

BCリーグとイープラス、オフィシャルパートナー契約

野球のおもしろさを―BCリーグとアシックスの取り組み

BC北陸選抜チームvs阪神タイガース・ファーム

山本祐大*関連記事】

初の関西凱旋!ハマの正捕手を目指す山本祐大、いま試練のとき

「ここじゃ終わらへん!」―ルーキーイヤーを終えた山本祐大(横浜DeNA)の中に今もあるもの

プロ初打席でホームラン!山本祐大捕手は野球の神様に愛されている

1軍デビューした19歳ルーキー・山本祐大捕手が“持ってる”ものとは

19歳ルーキーが正捕手への第一歩を踏み出した―山本祐大選手、初の1軍出場

友だちだけどライバル《後編》

友だちだけどライバル《前編》

入寮直前の決意

横浜DeNAベイスターズ・新入団会見

ドラフト指名

ドラフトへ向けて

BCリーグ北陸選抜vs阪神タイガース・ファーム

NPBを目指す独立リーガー

救世主現るー18歳のラッキーボーイ