トランプ研究(4):早くも不協和音が聞こえ始めたトランプ政権と共和党の関係-政策の違いが表面化するか

トランプ研究(4):早くも不協和音が聞こえ始めたトランプ政権と共和党の関係-政策の違いが表面化するか

…影響力を示しているのがバノン首席戦略官である。政府内に長期戦略を練るセクションとして「戦略開発グループ」を作る案があり、バノン首席戦略官が同グループを…

2017年2月2日(木) 21時20分-国際総合(中岡望)

トランプ・ラリーからトランプ・リスクへ

トランプ・ラリーからトランプ・リスクへ

またトランプ大統領は、スティーブン・バノン首席戦略官兼上級顧問を、国家安全保障会議(NSC)のメンバーに加えた。バノン氏は過去にゴールドマン・サックスに…

2017年2月1日(水) 9時9分-経済総合(久保田博幸)

「トランプ・ラリーからトランプ・リスクへ」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2017年1月31日有料

「トランプ・ラリーからトランプ・リスクへ」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2017年1月31日

…入国制限などを巡っての景気への影響そのものよりも、トランプ大統領そのものへのリスクが今後強く意識される可能性があり、相場の流れに変化が生じてくる可能性もありうるか。

2017年1月31日(火) 9時12分-経済総合(久保田博幸)

キッシンジャーが「外交指南」を務めても「アメリカの終焉」は変わらない?有料

…トランプ政権の「外交指南」はキッシンジャーだという。ロシアと手を組み中国を揺さぶる策をトランプに授けたと言われる。それは米国が抜け出せない泥沼にはまり込んでいることの証明でもある。抜け出せるかは疑問。

2017年1月31日(火) 4時50分-政治(田中良紹)

「トランプ、プーチンとの首脳会談を計画」英紙報道 西側情報機関は戦々恐々

「トランプ、プーチンとの首脳会談を計画」英紙報道 西側情報機関は戦々恐々

…外務省からレクチャーを受けました。トランプの政権移行チームのスティーブ・バノン首席戦略官と、ジャレッド・クシュナー上級顧問(トランプの娘イヴァンカの夫…

2017年1月15日(日) 19時56分-国際総合(木村正人)

“嘘のニュース”が世論をつくる? 米大統領選で注目集めた「脱真実」

“嘘のニュース”が世論をつくる? 米大統領選で注目集めた「脱真実」

…ティーブ・バノンが2016年夏にトランプの選挙責任者に就任したことで、『ブライトバート・ニュース』の名前も広く知られるようになった。バノンはトランプ当…

2017年1月7日(土) 15時0分-北米(THE PAGE)

「トランプ政権」主要メンバーの一覧からみる来年以降の米国:そのキーパーソンは

「トランプ政権」主要メンバーの一覧からみる来年以降の米国:そのキーパーソンは

…バス氏の他に、 大統領選挙で選挙対策本部の最高責任者を務めたスティーブ・バノン氏の名も取りざたされていましたが、娘イヴァンカ氏と夫のジャレッド・クシュ…

2016年12月30日(金) 23時4分-国際総合(六辻彰二)

トランプ、閣僚人事から見る「超危険」な政権

トランプ、閣僚人事から見る「超危険」な政権

…共和党主流派を取り込む狙いがある。上級顧問のバノン氏と同等のパートナーと言われているが、トランプ氏はバノン氏を上に考えていると言われる。 ●司法長官=…

2016年12月19日(月) 8時30分-経済総合(岩崎博充)

「トランプ政治」の方向性は? 固まりつつある政権顔ぶれ

「トランプ政治」の方向性は? 固まりつつある政権顔ぶれ

…せるなどして抵抗するだろう。 リベラル派が最も警戒するのはスティーブン・バノン氏だ。日本的に言えば、ネット右翼の親玉的存在で、白人至上主義的色彩の濃い…

2016年12月11日(日) 14時0分-北米(THE PAGE)

トランプの研究(番外):当選後、トランプ・タワーでトランプ次期大統領と会談した人の”不可解なリスト”

トランプの研究(番外):当選後、トランプ・タワーでトランプ次期大統領と会談した人の”不可解なリスト”

…化は避けられないようだ。大統領顧問と首席戦略官に任命されたスティーブン・バノンは“white nationalist(白人国家主義者)”と呼ばれる白人…

2016年11月20日(日) 23時49分-国際総合(中岡望)