»»Part1 揺れるSNS帝国 情報流出で一転窮地 露呈した急成長の歪み有料

»»Part1 揺れるSNS帝国 情報流出で一転窮地 露呈した急成長の歪み

…<2018年5月19日号> フェイスブックを取り巻く難題一人の男の告発が、パンドラの箱を開けた。3月中旬、欧米メディアの報道により、フェイスブックから大量のユーザー情報が流出していた事態が明らかになっ…

2018年5月12日(土) 7時1分-経済総合(週刊東洋経済)

“トランプ氏のかわりに銃弾を受ける”という“狂犬”弁護士、マイケル・コーエン氏とは何者なのか?

“トランプ氏のかわりに銃弾を受ける”という“狂犬”弁護士、マイケル・コーエン氏とは何者なのか?

…下”と言える存在だろう。コーエン氏は、元大統領首席戦略官のスティーブン・バノン氏が記者にある情報をリークした時、こう言ったという。 「私がリークを止め…

2018年4月12日(木) 10時15分-国際総合(飯塚真紀子)

現実路線からポピュリストモードへ 米政権から相次いで去る現実主義者有料

現実路線からポピュリストモードへ 米政権から相次いで去る現実主義者

…政権の大物幹部の相次ぐ辞任・解任は、昨年夏にプリーバス大統領首席補佐官、バノン同…

2018年3月24日(土) 7時1分-経済総合(週刊東洋経済)

プライバシー保護よりアプリ開発優先か フェイスブック創業者が英政治コンサル会社のデータ乱用問題で謝罪

プライバシー保護よりアプリ開発優先か フェイスブック創業者が英政治コンサル会社のデータ乱用問題で謝罪

…じられています。 「トランプ大統領や前首席戦略官兼上級顧問スティーブン・バノン氏はバッドガイ(悪玉)と位置づけられている。もしケンブリッジ・アナリティカが5…

2018年3月22日(木) 19時24分-社会(木村正人)

データ社会の恐怖「トランプ大統領誕生」「イギリスのEU離脱」の裏で動いた英政治コンサル会社が大炎上

データ社会の恐怖「トランプ大統領誕生」「イギリスのEU離脱」の裏で動いた英政治コンサル会社が大炎上

…ブザーバーへの証言) 【前トランプ政権首席戦略官兼上級顧問スティーブン・バノン】 オンラインニュースサイト「ブライトバート」の会長時代にワイリー氏、ニ…

2018年3月21日(水) 18時23分-社会(木村正人)

フェイスブック問題で懸念強まるケンブリッジ・アナリティカの手法:トランプ大統領誕生「影の立役者」の今

フェイスブック問題で懸念強まるケンブリッジ・アナリティカの手法:トランプ大統領誕生「影の立役者」の今

…ーブ・バノン氏(元首席戦略官)は「フェイスブックが主戦場」と何度も発言した。CAの設立には命名も含めバノン氏がかかわっていた。また、現在はバノン氏への…

2018年3月21日(水) 0時59分-北米(前嶋和弘)

王岐山、次期国家副主席の可能性は?

王岐山、次期国家副主席の可能性は?

…12月21日のコラム 「バノン氏との出会い――中国民主化運動の流れで」 に書いたように、筆者はバノン氏と会話する機会が何度かあった。そのときバノン氏が本当に「ト…

2018年2月26日(月) 7時30分-国際総合(遠藤誉)

孔子学院が遂にFBI捜査の対象に

孔子学院が遂にFBI捜査の対象に

…たドキュメンタリー映画である。  日本では、昨年12月21日のコラム 「バノン氏との出会い――中国民主化運動の流れで」 に書いたシンポジウムで上映され…

2018年2月20日(火) 15時56分-国際総合(遠藤誉)

保守思想家カークに学ぶ マルクス思想復権の意味有料

保守思想家カークに学ぶ マルクス思想復権の意味

…<2018年2月17日号> 米国戦後保守主義の原点となった思想家ラッセル・カークの生誕から今年でちょうど100年となる。筆者は、1994年に亡くなる前の3年ほど交流を持った。その縁で、今も健在のアネッ…

2018年2月17日(土) 7時0分-経済総合(週刊東洋経済)

【月刊『WiLL』(3月号)より】トランプは倒せない──なぜ?有料

…古森 取材で東京とワシントンを行き来していると、トランプ大統領に対する認識に、日米間のあまりにも大きなギャップを感じます。 多くの日本人は、「トランプ=悪あるいは愚」という前提で報道を展開するニューヨ…

2018年2月9日(金) 9時1分-政治(WiLL)