次はトランプVS.ウォーレンと読む人が陥る罠

次はトランプVS.ウォーレンと読む人が陥る罠

…ら、結局そのあとの国政選挙では何も変わらなかった。以前、あのスティーブ・バノン氏が、トランプ政権にはお手本があり、それは日本の安倍晋三首相だと発言して…

10月23日(水) 5時35分-経済総合(東洋経済オンライン)

「地下言説」を弄ぶトランプ:「ウクライナ疑惑」もう1つの闇

…スよりはるかに深い層に響く。 バノン氏は今年3月の私とのインタビュー(2019年3月22日『ポピュリズムと地政学:バノン思想の「今」を探る』)で、20…

10月10日(木) 14時0分-国際総合(新潮社 フォーサイト)

ウクライナ疑惑を乗り切ってもトランプ再選には黄信号?

ウクライナ疑惑を乗り切ってもトランプ再選には黄信号?

…的にやっつけるのが好きだ」と語ったこともある。大統領就任後もスティーブ・バノン首席戦略官(当時)やスティーブン・ミラー上級顧問のような側近の一部は、こ…

10月8日(火) 19時14分-国際総合(ニューズウィーク日本版)

トランプ政権が対中投資制限を検討

トランプ政権が対中投資制限を検討

…派であるピーター・ナバロ通商政策大統領補佐官、元大統領側近のスティーブ・バノン氏らが、この対中投資制限を強く主張している。他方、ムニューシン財務長官、…

9月30日(月) 8時41分-経済総合(NRI研究員の時事解説)

ジョンソン新首相が就任し英国の迷走は悪化 ブレグジットと大統領選、トランプ再選に黄色信号も有料

ジョンソン新首相が就任し英国の迷走は悪化 ブレグジットと大統領選、トランプ再選に黄色信号も

…<2019年9月28日号> 英国の新首相にボリス・ジョンソンが就任し、同国の迷走はさらに悪化している。EU(欧州連合)からの合意なき離脱(ハード・ブレグジット)を強行する英保守党のジョンソンは9月3日…

9月20日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

N国・立花党首はなぜマツコを標的にしたのか? 上杉隆幹事長が明かす裏側

N国・立花党首はなぜマツコを標的にしたのか? 上杉隆幹事長が明かす裏側

…象”だと思っています。’16年の米大統領選で、トランプ選対のスティーブ・バノンのヘッドクォーターに入り、もっとも間近で見てきた私からすれば、このムーブ…

8月21日(水) 15時52分-社会(週刊SPA!)

安倍首相、大失敗のイラン訪問日本に挽回の可能性はあるのか?

安倍首相、大失敗のイラン訪問日本に挽回の可能性はあるのか?

…ん。 アメリカ側がトランプが戦争を望まなくとも主戦派のJ.ボルトン、S.バノン、M.ポンペオらによって戦争に引き込まれる可能性があるのと同じように、イ…

6月20日(木) 18時0分-政治(BEST TIMES)

世界経済「共倒れ」の予感 中国外交の北朝鮮化有料

世界経済「共倒れ」の予感 中国外交の北朝鮮化

…<2019年6月22日号> 中国の対米外交が“北朝鮮化”している。米国を挑発的に批判する姿勢をどんどんエスカレートさせているのだ。

6月14日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

「米中の共存はありえない」 タカ派が警告する新冷戦有料

「米中の共存はありえない」 タカ派が警告する新冷戦

…<2019年5月25日号> トランプ米政権の対中国政策の今後を占ううえで、重要な意味を持つかもしれない出来事が、この春にあった。「現在の危機に関する委員会:中国(CPDC)」の発足である。

5月17日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

»»Part1 揺れるSNS帝国 情報流出で一転窮地 露呈した急成長の歪み有料

»»Part1 揺れるSNS帝国 情報流出で一転窮地 露呈した急成長の歪み

…<2018年5月19日号> フェイスブックを取り巻く難題一人の男の告発が、パンドラの箱を開けた。3月中旬、欧米メディアの報道により、フェイスブックから大量のユーザー情報が流出していた事態が明らかになっ…

2018年5月12日(土) 7時1分-経済総合(週刊東洋経済)