トルコ/新たなるオスマン帝国の夢(8)有料

…トルコがウイグル人の人権侵害について中国を批判しています。百万人のウイグル人を収監している強制収容所を「人類にとって大きな恥だ」と呼び、その閉鎖を要求しています。そのトルコについて、まとめてみました。

2月18日(月) 10時0分-アジア・オセアニア(高橋和夫)

ホルムズ海峡は反米の最前線 イラン・バンダルアバス、ステルス艦も配備

ホルムズ海峡は反米の最前線 イラン・バンダルアバス、ステルス艦も配備

…イランと米の主要な対立の一つがイスラエルへの対応だ。ホセイン氏は、イランがシリアで影響力確保を目指す理由も「反イスラエルの民兵組織を維持するためだ」と…

2月16日(土) 21時0分-中東・アフリカ(産経新聞)

トランプ戦略のキーワードは「ニクソン」と「モンロー主義」だ有料

…トランプ大統領は「国家非常事態」を宣言しメキシコ国境の壁の建設予算を確保する構えだが、民主党は法廷闘争に持ち込む構えだ。最近のトランプの言動から見えるキーワードは「ニクソン」と「モンロー主義」である。

2月16日(土) 20時2分-政治(田中良紹)

風雲急!米主導の反イラン連合にロシアが対抗

風雲急!米主導の反イラン連合にロシアが対抗

…催という形をとっている。だが実際のところは、トランプ政権とイスラエル、そしてサウジアラビアが、共通の敵であるイランの封じ込めを狙って、欧州やアラブ諸国…

2月14日(木) 18時17分-国際総合(ニューズウィーク日本版)

イラン革命40年 勢力圏拡大に躍起 米戦略と相容れず

イラン革命40年 勢力圏拡大に躍起 米戦略と相容れず

…らシリア、レバノンへと連なる勢力圏は「シーア派の弧」と呼ばれ、イスラエルサウジアラビアに軸足を置く米国の中東政策とは相いれない。しかし、11日に革命…

2月13日(水) 20時26分-中東・アフリカ(産経新聞)

【月刊『WiLL』(3月号)より】大韓民国は消滅した有料

日本の安全保障問題において、気になるニュースがある。ジェームズ・マティス国防長官が辞任し、代わりにパトリック・シャナハン氏が代行として就任したことだ。 マティス氏の辞任によって、トランプ大統領と軍部…

2月13日(水) 14時58分-政治(WiLL)

米との利害衝突避けられぬイラン 革命体制下で影響圏拡大

…辺国への介入による影響圏の拡大を安全保障の根幹とみなしており、イスラエルサウジアラビアとの関係を中東政策の柱とする米国との利害衝突は不可避だ。 近年…

2月12日(火) 13時6分-中東・アフリカ(産経新聞)

イラン浸透、混迷に拍車=覇権争いで周辺国と対立

…などに浸透。イランの覇権拡大を警戒するスンニ派の盟主サウジアラビアや、イランを敵視するイスラエルとの対立激化が中東混迷の要因の一つとなっている。 スン…

2月11日(月) 6時55分-中東・アフリカ(時事通信)

イラン革命40年 トランプ政権、イラン封じ込めへ圧力包囲網

イラン革命40年 トランプ政権、イラン封じ込めへ圧力包囲網

…て対立状況に回帰した。トランプ政権は、中東最大の同盟国であるイスラエルや、サウジアラビアなどアラブ・ペルシャ湾岸のイスラム教スンニ派諸国と連携してイラ…

2月9日(土) 19時0分-北米(産経新聞)

シリア――潰えた正義、新たな大義:シリア情勢2018(1)

シリア――潰えた正義、新たな大義:シリア情勢2018(1)

…て分断され、イスラーム国の残党も活動を続けている。また、米国、トルコ、イスラエルが国土の一部を違法に占領し、ロシアとイランも軍や武装勢力を駐留させている。

2月8日(金) 16時40分-国際総合(青山弘之)