【海外試乗】アウディ eトロン スポーツバックはスポーティさと実用性を兼ね備えたEVだ

【海外試乗】アウディ eトロン スポーツバックはスポーティさと実用性を兼ね備えたEVだ

…流麗なフォルムが魅力的だドイツを中心に市場展開が始まった本格的プレミアムBEV(バッテリーEV)の「アウディ eトロン」に、魅力的なバリエーションが加…

5月6日(水) 19時0分-モータースポーツ(Webモーターマガジン)

【英国】新車登録台数、4月は97%減 過去70年超で最低を記録

【英国】新車登録台数、4月は97%減 過去70年超で最低を記録

…3%減少。プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)は95.1%、バッテリー式EV(BEV)は9.7%それぞれ縮小している。マイルドハイブリッドシステム搭載車では、ガソリン車が96…

5月6日(水) 11時45分-ヨーロッパ(NNA)

トヨタが23年間でHV車1500万台販売!? 2025年までに新型モデル40車種を投入へ

トヨタが23年間でHV車1500万台販売!? 2025年までに新型モデル40車種を投入へ

…す。「もちろん、バッテリー性能の向上と(BEVの)コストの削減に懸命に取り組む必要があります。しかし、BEVとFCEVの両方に関連するハードルを克服す…

4月28日(火) 16時40分-経済総合(くるまのニュース)

日産が担う最新「4輪制御技術」は何が違うのか

日産が担う最新「4輪制御技術」は何が違うのか

…と進んでいるのはご存じの通りだ。 BEVの世界累計販売台数45万台を達成した「リーフ」を有する日産はこれまで、BEVを含めた電動車両の可能性をユーザー…

4月28日(火) 5時55分-経済総合(東洋経済オンライン)

復活のフレンチスポーツカー「アルピーヌ A110S」は大人がゾクゾクしちゃいます!

復活のフレンチスポーツカー「アルピーヌ A110S」は大人がゾクゾクしちゃいます!

…の指揮をとっていたデビッド・トゥイッグ氏は、現在、南京に本拠をおく中国のBEVのベンチャー、バイトンに引き抜かれてチーフテクノロジーオフィサーになって…

4月27日(月) 9時46分-ライフ総合(LEON.JP)

明快に主張する、新しい都市型コミューター──ホンダ

明快に主張する、新しい都市型コミューター──ホンダ

…なるフル充電での走行距離は約220kmとされている。市販されている多くのBEV(バッテリー駆動のEV)が、航続距離を300kmから400kmとしている…

4月21日(火) 16時0分-エンタメ総合(Forbes JAPAN)

GMの価格破壊バッテリー採用を決めたホンダは四輪事業を立て直せるか?

GMの価格破壊バッテリー採用を決めたホンダは四輪事業を立て直せるか?

…ンダに、BEV専用プラットフォームとアルティウム・バッテリーを供給することになったわけです。ホンダサイドの発表を見る限り、予定しているBEVは2モデル…

4月20日(月) 11時55分-経済総合(carview!)

ナチュラルに練り上げられた、生活に近いBEV──メルセデス・ベンツ

ナチュラルに練り上げられた、生活に近いBEV──メルセデス・ベンツ

…王道とされる。その流れをうまく使ったと思わせるのが、メルセデス・ベンツのBEV(バッテリー駆動電動車)のEQCだ。ぱっと見では、SUVとステーションワ…

4月19日(日) 19時0分-経済総合(Forbes JAPAN)

【海外試乗】アウディeトロン スポーツバックSは、次世代クワトロシステムで格別なスポーツ性能を発揮

【海外試乗】アウディeトロン スポーツバックSは、次世代クワトロシステムで格別なスポーツ性能を発揮

…2020年5月号より)2019年発売されたドイツのプレミアムブランドによる本格的なBEV(電気自動車)はアウディe トロン クワトロとメルセデスベンツ EQCだ…

4月18日(土) 20時1分-モータースポーツ(Webモーターマガジン)

ポルシェの魂とエンジニアリングレベルの高さの結実

ポルシェの魂とエンジニアリングレベルの高さの結実

…おり)内燃機関が出す排ガスの圧力を利用してパワーを増すシステム。なので、BEV(バッテリー駆動の電動車)になぜ? と思うが、もはやポルシェのアイコンな…

4月17日(金) 19時0分-経済総合(Forbes JAPAN)