川崎大助

作家
作家。1965年生まれ。米英のポップ/ロック音楽、そこに連動する文化やライフスタイルを研究。88年、ロック雑誌〈ロッキング・オン〉にてデビュー。93年、インディー・マガジン〈米国音楽〉を創刊。編集/発行/グラフィック・デザインを手掛け、国際的評価を得る。レコード・プロデュース作品も多数。2010年より、ビームスが発行する文芸誌〈インザシティ〉に短篇小説を継続して発表。近著に『教養としてのロック名盤ベスト100』、翻訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生』。そのほか長篇小説『東京フールズゴールド』『日本のロック名盤ベスト100』、評伝『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』などがある。

記事一覧

1~23/23件 年月で絞り込む

2020年

前へ

  • 1

次へ

1~23/23件