「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に〈週刊朝日〉

「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に〈週刊朝日〉

…ボルテゾミブの飲み薬版となるイキサゾミブも登場する予定だ。その後も、現在臨床試験中の新しい分子標的薬や、抗体医療と呼ばれる薬など続々と発売されるとみら…

12月11日(水) 17時10分-ヘルス(AERA dot.)

ほとんどうたれなくなったHPVワクチン、再開のために私たちができること

ほとんどうたれなくなったHPVワクチン、再開のために私たちができること

…メリカなどでHPVワクチンが認可されたのは2006年です。この数年前から臨床試験が行われていたのを知っていたので、「もうすぐワクチンが認可されるんだな…

12月11日(水) 17時6分-社会(BuzzFeed Japan)

「多発性骨髄腫」とは、どんな病気?宮川花子さんが闘病を公表

「多発性骨髄腫」とは、どんな病気?宮川花子さんが闘病を公表

…病中であることを明らかにした。多発性骨髄腫とは、どんな病気だろうか。日本臨床内科医会の小冊子によると、多発性骨髄腫は、骨髄で作られる「形質細胞」ががん…

12月11日(水) 16時14分-社会(ハフポスト日本版)

【特集】「エコノミークラス症候群」で男性死亡 過重労働で長時間座ったまま...『労災』認められない“壁”とは?

【特集】「エコノミークラス症候群」で男性死亡 過重労働で長時間座ったまま...『労災』認められない“壁”とは?

…長時間のデスクワークでも発症する可能性は十分にある」と話します。「我々も臨床でデスクワークが関与したと思われる例は何度も経験があります。職種や業務の内…

12月11日(水) 16時2分-経済総合(MBSニュース)

脚を組んで座ることが体に与える影響

脚を組んで座ることが体に与える影響

…ける。しかし、解けばすぐに圧迫が解消されるので、元の状態に戻るのだそう。臨床看護専門誌『Journal of Clinical Nursing』に掲載…

12月11日(水) 12時4分-ライフ総合(ウィメンズヘルス)

「他人の得が許せない」に巻き起こる議論 現代人の「ねたみ」の心理とは?〈AERA〉

「他人の得が許せない」に巻き起こる議論 現代人の「ねたみ」の心理とは?〈AERA〉

…がることを、感じ取れるかどうかということだ。 アンケートでは、関東地方の臨床検査技師の女性(38)から、「生活保護受給者が無料で医療など公的サービスを…

12月11日(水) 11時30分-社会(AERA dot.)

中国の最先端医療を目の当たりにした、日本人トップドクターの危機感

中国の最先端医療を目の当たりにした、日本人トップドクターの危機感

…人者。脊椎脊髄腫瘍、靭帯骨化症手術、首下がり病、難治性疾患などにも豊富な臨床経験を持つ。

12月11日(水) 11時1分-科学(現代ビジネス)

三重県議会常任委 朝鮮学校拡大「不採択に」 幼保育無償化の対象問題で

三重県議会常任委 朝鮮学校拡大「不採択に」 幼保育無償化の対象問題で

…摘。福井敏人医療保健部長は「極めて早い」と反論し、臨床研修制度を始めた初期の頃は60人ほどだった臨床研修医が倍増していると説明した。 【医師確保】 県…

12月11日(水) 11時0分-三重(伊勢新聞)

乳がんの再発予防で10年間もホルモン剤を飲み続けるの?

乳がんの再発予防で10年間もホルモン剤を飲み続けるの?

…以上経ってから再発することがあるのです。たくさんの乳がん患者が参加しての臨床試験では、数年前に「5年間内服よりも10年間内服した方が再発は少ない」とい…

12月11日(水) 9時26分-ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL)

核酸を安定させる技術進歩で遺伝子治療薬開発が大きく前進【遺伝子治療薬はここまで来ている】

核酸を安定させる技術進歩で遺伝子治療薬開発が大きく前進【遺伝子治療薬はここまで来ている】

…つながっています。こうした製剤化の技術革新によって、遺伝子治療薬が実際に臨床で使われるようになってきたのです。(神崎浩孝/医学博士、薬剤師)…

12月11日(水) 9時26分-ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL)