【感染症ニュース】風しん・先天性風しん症候群 国立感染症研究所「風疹急増に関する緊急情報:2020年1月8日現在」全文

【感染症ニュース】風しん・先天性風しん症候群 国立感染症研究所「風疹急増に関する緊急情報:2020年1月8日現在」全文

…清による風疹抗体陽転または有意上昇は54人(2%)であった。また、麻疹(臨床診断例)として保健所に受理された後、検査診断の結果、風疹(検査診断例)に届…

1月15日(水) 14時56分-ヘルス(感染症・予防接種ナビ)

5歳以下に多いがん「神経芽腫」 海外標準薬は日本未承認…個人輸入する親の思い

5歳以下に多いがん「神経芽腫」 海外標準薬は日本未承認…個人輸入する親の思い

…場合の不安も大きい。免疫療法の薬も未承認 小児の患者数が少ない病気では、臨床試験が難しいことや開発にかかる費用に比べ売り上げが見込めないことが、治療薬…

1月15日(水) 14時10分-科学(読売新聞(ヨミドクター))

睡眠中には脳内から“毒素”が洗い流される:米研究チームがメカニズムを解明、アルツハイマー病の治療に光

睡眠中には脳内から“毒素”が洗い流される:米研究チームがメカニズムを解明、アルツハイマー病の治療に光

…。高齢の参加者を対象とした実験に期待この知見は、アルツハイマー病の治療に臨床応用できるかもしれない。近年のアルツハイマー病の治療法の開発は、βアミロイ…

1月15日(水) 12時11分-科学(WIRED.jp)

美肌、冷え対策、痩せ体質作り、健康リスク軽減、眠気冷ましや覚醒効果だけじゃないコーヒーのスゴい機能

美肌、冷え対策、痩せ体質作り、健康リスク軽減、眠気冷ましや覚醒効果だけじゃないコーヒーのスゴい機能

…慣的な摂取が脂質代謝に影響したという研究結果も出ている。47人の被験者に臨床試験を行い、1カ月目はコーヒーの摂取を控えてもらい、2カ月目は1日4杯のコ…

1月15日(水) 11時51分-ヘルス(@DIME)

小川洋子「小説を書かなくたって、誰でも無意識のうちに物語を作っている」

小川洋子「小説を書かなくたって、誰でも無意識のうちに物語を作っている」

小川洋子さんはかつて、臨床心理学者の故・河合隼雄さんとの対談集のあとがきに「現実と物語が反発するのではなく、境界線をなくして1つに溶け合った時こそ、…

1月15日(水) 11時0分-エンタメ総合(文春オンライン)

大腸がんリスク診断開発へ 三重大など世界初 「潰瘍性大腸炎」患者対象に

大腸がんリスク診断開発へ 三重大など世界初 「潰瘍性大腸炎」患者対象に

…を調べる。内視鏡検査に比べて患者の身体的負担が軽減される。実用化に向けて臨床研究を進め、4月以降に診断精度を評価する。 同大によると、潰瘍性大腸炎は大…

1月15日(水) 11時0分-三重(伊勢新聞)

無届け再生医療 大阪医大元講師を逮捕「アンチエイジングで頼まれ」

無届け再生医療 大阪医大元講師を逮捕「アンチエイジングで頼まれ」

…、これまでは動物実験でしか効果が確認されていない。 同法では、再生医療で臨床研究や治療を行う場合、厚労省に計画書を提出し、幹細胞などを培養する施設につ…

1月15日(水) 9時56分-社会(毎日新聞)

3カ月で椎間板再生 注射1本でできる「腰痛」の根本的治療【開発した医師に聞いた】

3カ月で椎間板再生 注射1本でできる「腰痛」の根本的治療【開発した医師に聞いた】

…か――。酒井医師は2003年に動物実験を開始。10年には人間を対象にした臨床研究を行った。「剣道歴13年の当時20歳の女性は椎間板が変性し、痛みで競技…

1月15日(水) 9時26分-ヘルス(日刊ゲンダイDIGITAL)

現職医師も驚く 異色の医療ドラマ「アライブ」が描くがん診療のリアル

現職医師も驚く 異色の医療ドラマ「アライブ」が描くがん診療のリアル

…です。 中には、現在がん診療に重要な役割を果たす「治験コーディネーター(臨床研究コーディネーター)」の、あまりに現実離れした描写に学会が講義する、とい…

1月15日(水) 8時0分-ライフ総合(山本健人)

王室離脱をも決意させたヘンリー王子の「唯一性」を分析する

王室離脱をも決意させたヘンリー王子の「唯一性」を分析する

臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理…

1月15日(水) 7時0分-国際総合(NEWS ポストセブン)