奥村信幸

武蔵大教授/米ジョージワシントン大客員研究員/ジャーナリスト
1964年生まれ。上智大院修了。テレビ朝日で「ニュースステーション」ディレクターなどを務める。2002〜3年フルブライト・ジャーナリストプログラムでジョンズホプキンス大研究員、イラク戦争報道を取材。05年より立命館大准教授、08年ジョージワシントン大研究員。オバマ大統領を生んだ選挙報道を取材。11年立命館大教授、2013年より現職。専門はジャーナリズム。ゼミでは学生が自ら撮影、編集するビデオジャーナリズムを指導し、作品を「ニュースの卵」newstamago.comにアップ。民放連研究員、ファクトチェック・イニシアチブ(FIJ)理事としてデジタル映像表現やニュースの信頼向上について考えている。