賃上げ実現のために必要なこととは

…る際、最も参考にするのは「これから先の会社の経営状況」です。特に日本は終身雇用という超長期雇用が原則なので、10年20年先のリスクも織り込んだうえで賃…

2017年8月29日(火) 10時0分-経済総合(城繁幸)

消える終身雇用「若者は一生に2つ3つのキャリアを」英テック教祖を直撃【フィンテック最前線】

消える終身雇用「若者は一生に2つ3つのキャリアを」英テック教祖を直撃【フィンテック最前線】

イギリスの前首相デービッド・キャメロンがテクノロジー・スタートアップ構想「テク・シティーUK」を打ち上げたのは2010年11月。  12年にロンドン五輪を開催する絶好のチャンスをとらえ、アメリカ西海…

2017年8月24日(木) 12時0分-社会(木村正人)

技術者を大切にしない日本企業

…り前の時代、場合によっては組織に大鉈を振るう大手術が求められる時代に、終身雇用ありきの早期退職募集制度というのは、筆者には組織を劣化させる死の加速装置…

2017年8月21日(月) 14時0分-経済総合(城繁幸)

日本社会を「破壊」し腐らせていくひとたち

日本社会を「破壊」し腐らせていくひとたち

…で、そうなっていない日本の雇用慣行が異常なのです。 この問題の本質は、終身雇用・年功序列の日本独特の雇用制度がかんぜんに行き詰まり、機能不全を起こして…

2017年8月14日(月) 17時0分-社会(橘玲)

トランプ大統領を追い詰める米メディア 日本との差はどこにあるのか

トランプ大統領を追い詰める米メディア 日本との差はどこにあるのか

…、今後、連絡を取り合って取材をすすめることになったと嬉しそうに話した。終身雇用ではない米国メディアでは、ニューヨーク・タイムズ紙、CNNテレビなどを頂…

2017年8月4日(金) 16時0分-国際総合(立岩陽一郎)

公正取引委員会が注視し始めた芸能界──SMAP、能年玲奈、清水富美加、相次ぐトラブルは改善されるか

公正取引委員会が注視し始めた芸能界──SMAP、能年玲奈、清水富美加、相次ぐトラブルは改善されるか

…社会の関係として捉えられる。それは、ひとむかし前の日本の企業で見られた終身雇用制と、それにともなう感情的な関係のなかで醸造されたものだ。  しかしそう…

2017年8月4日(金) 5時30分-エンタメ総合(松谷創一郎)

連合が残業手当ゼロ法案に賛成したワケ

…」という具合に経営側の立場が強くなることを恐れてるんですね(まあ実際は終身雇用の日本人サラリーマンの方が世界的に見て異常に立場が弱いんですが)。 ただ…

2017年7月28日(金) 14時0分-経済総合(城繁幸)

日本独自の「転勤」制度のゆくえ

日本独自の「転勤」制度のゆくえ

…いるからだ。 高度成長期の日本で、転勤制度は企業の成長と終身雇用を支えるものだった。終身雇用制度の下では、一度雇った従業員は容易に解雇できない。だから…

2017年7月18日(火) 6時30分-社会(やつづかえり)

終身雇用という枠組みの中では、労働組合が会社と戦う理由は何もない

…わない。いつでも転職できるから」と言える環境でないと出来ないわけです。終身雇用でその後も長く飯を食うであろう会社でストやって売上げ減らしても、自分で自…

2017年7月14日(金) 10時36分-経済総合(城繁幸)

ファーウェイの初任給40万円はトクかリスクか

… そして、日本企業も“たぶん”終身雇用じゃない というわけで、きっと読者の中には「なら、長く安定して働きたいなら終身雇用の日本企業が良くて、リスクを取…

2017年7月6日(木) 10時20分-経済総合(城繁幸)