Yahoo!ニュース

捨てないで!レシートを料理に活用する裏技「その手があったか」便利ワザ

買い物や食事を終えて持ち帰った「レシート」、そのまま捨ててしまっていませんか?

実はこのレシート、3回折り畳むだけで「料理を時短化」してくれる便利グッズに早変わりするのです。

「これは助かる!1回やってみよう」と思える裏技的な活用法。必見です。

レシートを「料理」に活用

まずはレシートを用意します。
長さ15cm以上のものがオススメです。

レシートの上部と下部が重なるよう2つ折りにします。

続いて、細長くなるように(長辺どうしが重なるように)折ります。

もう一度、長辺どうしが重なるように折れば、準備は完了です。

この折りたたんだレシートをいったい何に使うのかというと…

そう、「ツナ缶の開封」に使います。

ツナ缶のリングプル(取っ手)は思いのほか固く、持ち上げようとをひっかけると、ネイルに傷がついたり、指が痛くなったり…。

そんな開封時のストレスを、レシートで解消します。

レシートの角を、リングプルの下に差し込み

レシートの端がリングプルの穴から出てくる所まで、滑り込ませます。

リングプルの穴からレシートを引き上げ

レシートの両端を指でつまみます。

あとは、いつもどおりの開け方を実践するだけで…

爪や指を痛めることなく

ツナ缶を開けることができました。

ただの紙でも、折りたたむことで強度が増し、カタいリングプルさえも持ち上げられるようになります。

ちなみに、ツナ缶の油切りは…

切り離したフタでツナを抑えて油を搾るようにすると、時短で終わらせることができてオススメです。

少し長め(15cmほど)のレシートが手に入った時は、すぐに捨ててしまわず、今回の活用法を一度お試しいただければ幸いです。

これも捨てないで

捨てるともったいないものは、他にもたくさん。
ぜひこの機会に、チェックしてみてくださいね。

ペットボトルのキャップを活用する裏技「たしかに使える!」

2リットルのペットボトルを活用する裏技「捨てる前に知りたかった」

今回の内容が「参考になった!」という方は、「料理家ふらお」のプロフィール画面等から「フォロー」いただけると嬉しいです。

29歳で脱サラし料理家になった1児の父|食生活アドバイザー|懐事情が厳しくて節約レシピを研究中|メディア掲載→アイスム、macaroni、SmartNewsほか|レシピや料理に関する豆知識を毎日1〜2記事 投稿|X(旧Twitter)でレシピを毎日発信|フォローすると、毎日の料理を「時短化」できるうえ、知ってうれしい「キッチン周りの雑学」が自然と身につきます|目標はレシピ本出版

脱サラ料理家ふらおの最近の記事