【韓国の新型コロナ】梨泰院集団感染は”6人増”。「爆発はなんとか食い止めている」。再び”自信”も。

ソウルの夜から始まった集団感染も「現状では抑えられている」/写真はイメージ(写真:アフロ)

韓国政府疾病管理本部は16日14時から定例会見を行い、5月6日に発覚した「ソウル梨泰院クラブでの集団感染」が6人増で計162人となったと報告した。

16日12時時点の全体の増加は19人で、海外からの流入が10人、国内での発生事例が9人。上記の通り6人が梨泰院集団感染関連で、3人が別の事例だった。

クラブ関連集団感染者162人のうち、クラブでの1次感染が88人で、2次感染が74人となっている。このなかには3次感染のほか4次感染の1名も含まれている。

韓国全体のここまでの感染者の総数は1万1037人。死亡者は2人増え、合計262人となった。

16日の定例ブリーフィングの模様。

集団感染の現状について、登壇したクォン・ジュヌク疾病管理本部副本部長は「あくまで5月2日の発生から14日となる明日までは強い緊張が必要」としながら、こういった評価も下した。

「幸いなことに、ここまで爆発的な集団感染とはなっていない」

その背景には「広範囲の診断検査、感染者のクラブ訪問以降の移動経路の徹底的な追跡に、地方自治体が協力してくれたこと」ことがあったとし、謝意を示している。

検査対象期間と定められた4月24日から5月2日の間の梨泰院訪問者追跡に手応えがあり、ということだろう。今回の集団感染で初めて匿名での検査も実施。結果、5万6000人あまりが受診したと発表された。13日の2万2000人から倍以上の数字となった。このあたりは、解除と同時に見せた処罰へのプレッシャーが成果を見せたか面もあるか。

参考記事:【韓国の新型コロナ】解除と懲罰。ウソは「2年以下の懲役」も。集団感染再発後の対策は厳格に。日本は?

全世界にさきがけ新型コロナ以降を生きる方法を見つけ、他の国にも示そう

この日登壇したクォン副本部長はさらに一歩踏み込んだ発言を行った。

「新型コロナはこれからも相当時間、散発的な流行そして弛緩を繰り返しながら、私たちの社会に残っていくでしょう。現在、治療法とワクチン開発などに最善を尽くしています。いつの日かこのウィルスを克服することは明らかですが、それとは別に『変化した世界』、いえ正確に表現すると『一歩発展した安全なコミュニティを作っている過程にある』と認識しています」

さらに『変化した世界』についての説明を続けた。

「その世界とは『距離の確保』と『個人衛生』が生活化された世界です。おそらく私たち韓国国民は全世界にさきがけ新型コロナ以降を生きる方法を見つけ、他の国にも示さなければならない状況になったことも事実です。例えば4月15日の総選挙の時のように。また仁川の宗教団体ではこれらを守った上での行事も行われています」

ここ数日は、動揺とも見える様子も見せていたが、再び”強気”の発言が出た。自信と自負を植え付けることで、事態の克服を促そうという考えか。”世界”を意識することで、市民意識の高まりを促す。韓国ではよく取られてきた方法だ。

国内メディアも16日の定例会見を受け、大きな反論はせずに記事を発信した。

「梨泰院発新型コロナ拡散者161名…”急激な拡散はなし”」(聯合ニュース)

「国内新規感染9名…梨泰院発は7日ぶりに一桁台に」(KBS)

いっぽうで13日間のうちに「4次感染」まで起きた点を衝撃的に捉える記事もあった。

「梨泰院クラブ→知人→カラオケ→知人…クラブ発4次伝播1名」

韓国政府疾病管理本部は「引き続きの引き締めが必要。油断大敵」とも警告を続けるなか、明日以降は状況がどう変化するだろうか。

<参考記事>

韓国の子どもたちが「コロナの一番えらい人」に聞いたこと。「コロナは どれくらい ちいさいですか?」

【韓国の新型コロナ】5月1日の政府発表「新規感染者8人」。連休中に”緩めつつ、引き締めつつ”

【コラム】コロナ日韓比較は無用。それでも「日本もやれる!」たったひとつのこと。

【韓国の新型コロナ】4月27日の政府発表「感染者10,738人」「増加は10人」。

【韓国の新型コロナ】4月28日の政府発表「新規患者は14人」。韓国も連休前だが「細心の注意を」

【韓国の新型コロナ】4月29日の政府会見「感染者6人増」。「こどもの日」に先立ち”特集”も。