生ごみ処理機を800回使って得られたこととは?200kgのごみが減るだけじゃない

(写真:Panther Media/アフロイメージマート)

2017年に家庭用生ごみ処理機を購入した。きっかけは、埼玉県川口市の廃棄物対策審議会の委員に選ばれたことと、川口市のクリーン推進員800名へ、ごみに関する講演を頼まれたこと。自分でやっていないことを話しても説得力がないし、廃棄物を減らす委員なのに何もやらないというのでは責任感が伴わない。

最初は川口市の助成金制度を使い、半額で購入した。その後、バージョンアップした機種に変更した上で使い続け、今では800回を超えた。

生ごみ処理機。操作は、生ごみを入れてスイッチを押すだけ(筆者撮影)
生ごみ処理機。操作は、生ごみを入れてスイッチを押すだけ(筆者撮影)

毎回、処理機にかける前と後の重量を量っている。

生ごみ処理機を開けたところ。入れてふたを閉め、スイッチを押すだけ(筆者撮影)
生ごみ処理機を開けたところ。入れてふたを閉め、スイッチを押すだけ(筆者撮影)

800回使い続けた結果、生ごみは、合計で200kg近く(195kg)減った。

生ごみ乾燥後残量と減少分の割合(%)(画像制作:Yahoo!JAPAN、筆者のデータを基に)
生ごみ乾燥後残量と減少分の割合(%)(画像制作:Yahoo!JAPAN、筆者のデータを基に)

棒グラフのうち、オレンジ色の部分が減った重量にあたる。601回以降で減少率がアップしているのは、家庭用生ごみ処理機の機種をバージョンアップしたものに変えたことと、ストッキング状の袋に入れていた生ごみを、そこから出して処理機にかけることで、より乾燥しやすくなったことが挙げられる。

生ごみを800回乾燥させる前と後との重量比較(画像制作:Yahoo!JAPAN、筆者のデータを基に)
生ごみを800回乾燥させる前と後との重量比較(画像制作:Yahoo!JAPAN、筆者のデータを基に)

生ごみの重量のうち、水分が80%といわれる。800回の平均減少率は63%程度だが、701回から800回の平均を見てみると、ほぼ80%に近づいてきており(77.7%)、重量を、より多く減らせるようになっていることがわかる。

全国の自治体のうち、およそ60%で、家庭用生ごみ処理機の購入に対し、市民に助成金制度を提示している。人気があり、募集を締め切っている自治体もあれば、利用率が低い自治体もあるようだ。日本全体のごみ処理費は2兆円を超えている(2020年3月末、環境省発表)。全国の自治体の廃棄物担当部署の方々には、今以上に積極的に、家庭用生ごみ処理機の助成制度に関し、告知・啓発に努めていただきたい。

200kg近くのごみが減るだけじゃないメリット

800回使い続けてきて、単にごみが減るだけではないメリットを感じている。

一滴の営みが水たまりになり、ささやかな自信が持てる

800回の測定値を見てみると、一回に減らせる量の平均は、たった243gに過ぎない。だが、それを続けた結果、195kgにもなった。50kgの体重の人が4人分である。『ハチドリのひとしずく』(監修:辻信一、光文社)という本に、森が火事になり、ハチドリが一滴ずつしずくを運び、まわりの動物から「そんなことをしていったい何になるんだ」と笑われる物語が書いてある。確かに、ハチドリのひとしずくは、他人から見たら、鼻で笑われる程度のものかもしれない。でも、ハチドリはこう答える。

I'm only doing what I can do. (わたしは、わたしにできることをしているだけ)

だんだん改善されていく喜び

生ごみ処理機を使う過程で、乾燥させた生ごみを、当初は燃やすごみに混ぜて捨てていた。でも途中から、マンションのベランダでコンポスト(堆肥)づくりを始めて、そこに入れるようになった。

コンポストに乾かした生ごみを入れる(筆者撮影)
コンポストに乾かした生ごみを入れる(筆者撮影)

野菜のかたい部分や玉ねぎの皮は、冷凍庫の袋にためておいて、ある程度たまったら、ベジブロス(洋風の野菜だし)として煮込んで使い、しぼりかすは乾燥させてコンポストに入れるようになった。

ベジブロスを煮込む前。ここに水を1~2リットル注いで1時間ほど煮込み、濾して出来上がり(株式会社 office 3.11撮影)
ベジブロスを煮込む前。ここに水を1~2リットル注いで1時間ほど煮込み、濾して出来上がり(株式会社 office 3.11撮影)

減らしたごみは「195kg」と言ったが、実は、200kg以上、減らしていることになる。

創意工夫や意識が高まり、だんだん改善されていく。それを実感できるのはうれしい。

廃棄や無駄を減らす姿勢が他のことにも波及する

こうやって減らしていくと、それが他のことにも波及する。食べ物の無駄を減らすだけじゃなくて、衣類や本なども、家におさまる量におさめようとするようになり、暮らし全体の無駄が減る。

測る、見える化する大切さ

ただ漫然と使うだけでなく、毎回、数字にすることで、目に見える結果になる。もちろん、大学の研究室ではないので、論文にはならないが、日々の生活が変わっていく。

気持ちがすがすがしい

ごみを減らすことのよさは、気持ちがすがすがしいということ。

ゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)活動に励んでいる方たちの多くは、気持ちがいいからやっているのだと思う。そうでなければ続かない。

ごみに見えるものが実は資源であると気づく

欧州取材で、食品ごみや剪定した木の枝や落ち葉を「Organic(オーガニック)」として回収し、資源化しているのを目の当たりにした。

ごみのように見えるものを「ごみ」にしてしまっているのは人間であり、ごみのように見えるものは、実は、資源なのだ。

オランダのショッピングモールから出る生ごみを資源化している様子(オランダ:The Waste Transformers提供)
オランダのショッピングモールから出る生ごみを資源化している様子(オランダ:The Waste Transformers提供)

「生ごみ」じゃなくて「食品ごみ」、でも元をたどれば「食品」

消費者の家庭から出る生ごみは、英語だと「Food waste」などと訳される。Food(食べ物)という語句が入っているのに、日本語の「生ごみ」は、なんとなく、使いようがない、捨てるしかない、臭い、液だれする、といった、ネガティブな印象を受ける。

本当は、言葉を変えると、また印象も違ってくるのかもしれない。

先日、講演に呼んでいただいた福井県の池田町は、生ごみを回収して牛のふんと混ぜ、堆肥にしていた。その名も「土魂壌(どこんじょう)」。

福井県池田町の土魂壌(どこんじょう)(筆者撮影)
福井県池田町の土魂壌(どこんじょう)(筆者撮影)

日本の中にも、生ごみだけ別回収して資源化している自治体はあるが、100に満たない。

福井県池田町は循環型農村を目指している(筆者撮影)
福井県池田町は循環型農村を目指している(筆者撮影)

日本じゅうの生ごみが資源化したら、世界は変わるだろうなと想像する。

まずは、自分の、ささやかなことから。

関連記事

夏の生ごみ、においや汁だれを解決する方法とは?最大5万円もらえる助成金、夏休みの自由研究にも

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ