消費税率アップの住宅購入、果報は寝て待て、か

消費税率アップの住宅購入、果報は寝て待て、か

…が落ちないように、住宅ローン控除の拡充が行われてきたわけだ。 15年住宅ローン控除の可能性も  今回の消費税率アップでも、住宅ローン控除の拡充が予定さ…

11月6日(火) 11時0分-経済総合(櫻井幸雄)

堕ちた「好事例」~スルガ銀行、西武信用金庫の問題発覚が示すこと

堕ちた「好事例」~スルガ銀行、西武信用金庫の問題発覚が示すこと

…持たず、ネットだけで融資をするこうした新規の銀行が、より低利で根こそぎ住宅ローンを持って行ってしまう。質の高いコンサルティングサービスを提供すれば顧客…

11月1日(木) 6時0分-経済総合(中村智彦)

消費税10%になる前にやっておきたいお金のこと(住宅編)

消費税10%になる前にやっておきたいお金のこと(住宅編)

…目安)の人が住宅ローンを借りて家を買う場合、収入に応じて最高30万円の給付が受けられる制度です(購入年齢が50歳以上の場合は、住宅ローンを借りない場合…

11月1日(木) 5時0分-経済総合(花輪陽子)

英EU離脱協議が6-8週間で最終合意という見通しの危うさ(下)有料

英EU離脱協議が6-8週間で最終合意という見通しの危うさ(下)

…EU加盟27カ国の首脳は9月の非公式会合で、英国のEU離脱提案を拒否。それ以降、協議は膠着状態に陥っている。貿易協定を含むEUとの将来関係について何も合意できないノーディールとなる公算が高まっている。

10月28日(日) 20時0分-ヨーロッパ(増谷栄一)

金利上昇を望む声

金利上昇を望む声

…いう面もありながら、余剰資金を多く抱えている企業も多い。個人にとっては住宅ローン金利が抑えられている面もありながら、預金金利などはほとんど付かない状況…

10月20日(土) 10時32分-経済総合(久保田博幸)

インフラ存続危機 いま考えるべき今後のまちづくり

インフラ存続危機 いま考えるべき今後のまちづくり

3つ目は、住宅ローンの整備。  市民が土地と家を所有するのは容易ではないが、1950年に住宅金融公庫が設立された。民間の銀行の住宅ローンなどに比べて…

10月9日(火) 12時30分-社会(橋本淳司)

消費増税カウントダウン、いまのうちにやっておくべきことはある?

消費増税カウントダウン、いまのうちにやっておくべきことはある?

住宅については、「住宅ローン減税制度」の拡充が検討されています。  「住宅ローン減税制度」は、返済期間10年以上の住宅ローンを組んだ場合、年末の住宅ローン残高の1…

10月9日(火) 6時0分-ライフ総合(浅田里花)

米長期金利の上昇はどこまで?=いずれにせよ「天井は近い」

米長期金利の上昇はどこまで?=いずれにせよ「天井は近い」

…上がったとしても程度は限られ、住宅ローンが一方的に切り上がる可能性は低い。  実は、金利が天井を付けた後の方が住宅ローンどころではない深刻な事態となる…

10月5日(金) 16時27分-経済総合(窪園博俊)

早婚と晩婚 金銭的にどっちがおトク?

早婚と晩婚 金銭的にどっちがおトク?

…すると、45歳で住宅ローンを組むことになります。もし35年ローンを組むとしたら、完済できるのは80歳になってしまいます。 住宅ローンの返済に合わせて、…

10月1日(月) 5時0分-経済総合(花輪陽子)

言論の自由はどうして認められているのか「新潮45」LGBT騒動に見る右派メディアの暴走

言論の自由はどうして認められているのか「新潮45」LGBT騒動に見る右派メディアの暴走

…失われた20年」に苦しんだ日本と同じトンネルに入ってしまいます。英国の住宅ローンは総額で1兆3000億ポンド(191兆円)を上回っており、米国のサブプ…

9月23日(日) 12時0分-社会(木村正人)