Yahoo!ニュース

小渕優子氏に遡って説明責任を果たさせる時

田中良紹ジャーナリスト

フーテン老人世直し録(134)

如月某日

政治資金問題を追及されていた西川公也農林水産大臣が辞任した。「法律に触れる事は全くないが」「いくら説明しても分からない人は分からない」から辞任したという。「口は災いのもと」と言うが、この開き直りがどうなるか、国会に波風が立ち始めた。

「口は災いのもと」は西川氏だけではない。安倍総理も西川大臣を追及する民主党の玉木雄一郎衆議院議員に対し、「日教組!」と野次を飛ばし、それが誤解に基づく野次である事が分かって訂正を求められた。安倍総理は訂正に応じたが謝罪には応じず、誤解した事を「遺憾である」と述べるに終始した。

民主党の後藤祐一衆議院議員は、安倍総理の謝罪に応じない姿勢が「戦後70年の総理談話」にも引き継がれるのではないかと批判したが、安倍総理は「遺憾である」だけを繰り返し、そのやりとりがテレビ中継される事はなかった。

NHKの国会中継が行われた19,20日の衆議院予算委員会では、西川大臣も安倍総理も終始強気の姿勢を見せていた。それがテレビ中継のない23日の委員会で安倍総理の訂正発言は行われ、またこの日の委員会で厳しく追及された西川大臣は、委員会終了直後に安倍総理に辞表を提出、直ちに後任に林芳正前農林水産大臣が決定された。

国民の見えるところでは強気の姿勢を見せ、事態が行き詰まれば、それは見えないところで、短時間のうちに処理してダメージを最小限に抑える。それが安倍政権の危機管理術であるようだ。それにしてもNHKの国会中継が何故23日に行われなかったのか、そのことにフーテンは大いに疑問を持つ。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー 2015年2月

税込550(記事6本)

※すでに購入済みの方はログインしてください。

購入についての注意事項を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。欧州経済領域(EEA)およびイギリスから購入や閲覧ができませんのでご注意ください。
ジャーナリスト

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。90年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■オンライン「田中塾」の次回日時:7月28日(日)午後3時から4時半まで。パソコンかスマホでご覧いただけます。世界と日本の政治の動きを講義し、皆様からの質問を受け付けます。参加ご希望の方は https://bit.ly/2WUhRgg までお申し込みください。

田中良紹の最近の記事