Yahoo!ニュース

【相模原市】揚げたてサクサク!相模湖公園スグ「松木園レストラン」のダムカレー

旅人間はらぺこライター

はらぺこライターの旅人間です。今回もまた神奈川県相模原市の「さがみ湖 相模ダムカレー」について。これは2023年の4月に相模ダムのPRから始まった新しいご当地グルメ。相模湖周辺の8店舗で食べられます。

その個性豊かさに惹かれ、大阪から足を運ぶようになり6店舗目。「どこがダム?」と突っ込むのが毎回楽しくなってきました。

この店は相模湖公園のスグ目の前、国道412号沿いにある松木園レストラン (レストランまつき)です。昭和40年創業の歴史あるお店、1964年東京オリンピックの頃に開業したと言えば、ピーンと来る方も多いかもしれませんね。

そう、相模湖は東京オリンピックでカヌー競技の会場となった場所。現在はボート遊びや釣りなどで人気のエリアとなっています。

外観は時代を感じるレトロ感のある店舗、中に入ると「おっ!」と言いたくなるウッディ―な雰囲気。まるでログハウスの中にいるような心地になります。

そして、同店は地元で評判の洋食屋でもあり、メニューは種類が豊富で価格も全体的にリーズナブル。人気は「ハンバーグステーキ」や「ミックスフライ」。観光客の間では「わかさぎ定食」も人気だそうです。

そして今回注文したのは「さがみ湖 相模ダムカレー」。どんなダムを模したカレーがやって来るのかドキドキして待っていると…。

エビフライとチキンカツの入ったボリュームあるカレーがサラダ付で到着。店主曰く「提供をスタートした頃に比べ、ビジュアル的に少し変化した」という。

提供当初はダムらしく見せようとこだわって、お客様のテーブルに届ける前にダムが決壊してしまうなど想定外の苦労もあったという。

見た目も大事だけど、お客様に「美味しい」と満足してもらえる内容にすることが一番大事だと考えた店主は「カツカレー」にはトンカツを、ダムカレーは「エビフライ」と「チキンカツ」にして違いを出したと…。値段は共に1050円。

注文が入ってから揚げてくれるので、少し待つがアツアツでサクサクしたフライの食感は抜群。間違いない美味しさです。いや、本当にお得としか言えない。

「ところでダムは…?」「このライスで表現してるんですよね?」と聞けば「分かりにくい?」と苦笑いの店主。「いえいえ、分かりますよ」「相模湖のダムカレーはこれでバッチリかと思います」と…。

角度を変えればダムになってます!青のりは湖面の藻のイメージでしょうか。

お味も家庭的で食べるとホッとします。お見事!

ちなみに、この「湖相模ダムカレー」はスタンプラリーを開催中。8カ所のうち6カ所の店舗のスタンプを集めたら「ダムカレーストラップ」か「Tシャツ」がもらえます。期間は2024年1月15日(月)まで。ただし、景品が無くなり次第終了に。

スタンプラリー台紙は相模湖総合事務所、相模湖駅、相模湖観光案内所(緑区与瀬)などでもらえるので、興味のある方は巡ってみては如何でしょうか。

<現在まで訪問した店>
⇒ かどや食堂
⇒ いかりやレストラン デミタス
⇒ 見晴しドライブイン
⇒ 喫茶レストラン 青林檎
⇒ グリーンスポット
※上記のリンクはYahooニュースで紹介した過去記事です。

松木園レストラン
住所:神奈川県相模原市緑区与瀬337-1
電話番号:042-684-3335
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
地図(外部リンク)

はらぺこライター

旅が好き、歴史も好き、食べるのはもっと好き ”はらぺこライター”です。 2005年にスタートしたYahooブログが全ての始まり。アメリカや東南アジア、インドなどへの一人旅、タイの首長族の村に泊まった体験談などを綴っていた。次第に旅行サイトから声がかかり、トラベルjpで新人賞、年間アクセス1位賞、SNSで記事が最も拡散されたソーシャル賞を受賞。またグルメサイトで連載、吉本興業の公式ライターなどを経て現在に至る。 最近は地域に古くから伝わる伝承や伝説、ちょっと変わったスポットに興味津々。旅と歴史、地元で人気のグルメなど幅広く紹介したい。

旅人間の最近の記事