■【順位発表!】どんな人がリッチな仕事人生を送ることができるのか?

先週アップしたこちらの記事は、過去最高の反響があった。

なぜとびぬけた成功者が現れるのか? なぜ男女は理解しあえないのか? 2つの共感力で解説する【横山塾】

私自身、長年「謎」と思っていたことが、ある本と出会って解明できたのである。そのことを書いた。キーワードとは「共感」である。

共感力が高ければ、

・思いやりがある

・リーダーシップがある

・営業力が高い

と思われ、共感力が低ければ、

・自己中心的

・無神経で思いやりがない

・営業力が低い

と受け止められる。これが一般的な認識だ。だから多くの現場で(特にリーダーは)「共感力を高めよう」とい言われるものだ。しかし共感には2種類あり、それら4つの組合わせによって、この常識観は崩れる。

今回はアダム・グラントの名著『GIVE&TAKE』から引用し、どうすれば豊かな仕事人生を送ることができるのか。どうすれば貧しい仕事人生を回避できるのかについて解説する。

豊かな仕事人生を送る順位は、以下のとおり。

●1位:成功するギバー(与える人)

●2位:マッチャー(損得のバランスを取る人)

●3位:テイカー(奪う人)

●4位:自己犠牲型のギバー(与える人)

1位も2位もギバー(与える人)である。つまり【利他の精神】があってもビジネスで成功するとは限らない。

いいように周りに利用されてしまうのであれば、本人も周囲も幸せになることはないのだ。

そこで今回は、2種類の共感4つの組み合わせと、ギバー/マッチャー/テイカー3つの組合わせを解説し、自己犠牲型にならない、本当の思いやりのある思考を手に入れる方法をお伝えする。

約「60分」を超える本格的なセミナー付きの記事である。永久保存版。時間があるときに、ぜひ繰り返し触れていただきたい。

■「自己犠牲型のギバー」にならない方法を徹底解説!

今回のセミナーは、本格的な講義である。