矢萩邦彦

教育ジャーナリスト/知窓学舎塾長/スタディオアフタモード代表
教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、一つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指すアルスコンビネーター(松岡正剛より拝命)。1万5千人を超える直接指導経験を活かし、横浜に「受験×探究」をコンセプトにした学習塾『知窓学舎』を開校、プログラムデザイン・講義・研修・学習カウンセリング・キャリアコンサルティング等を手がける。代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードでは人材育成やマネジメントに従事、ロンドン・ソチパラリンピックには公式記者として派遣。主宰する教養の未来研究所では「教養とキャリア」「学びと遊び」をテーマに企業の未来戦略やブランディングも手がけている。