島澤諭

エコノミスト
富山県魚津市生まれ。東京大学経済学部卒業後、経済企画庁(現内閣府)、秋田大学教員等を経て、公益財団法人中部圏社会経済研究所研究部長。東京と名古屋を拠点に活動。法政大学兼任講師、関東学院大学経済学部非常勤講師。日本の政治や経済について、データに基づき分析しています。ポケモンとeスポーツも嗜む程度ですがまぁ。主な著書に『若者は日本を脱出するしかないのか?(近刊)』(ビジネス教育出版社)、『年金「最終警告」』(講談社現代新書)、『孫は祖父より1億円損をする』(朝日新書、共著)、『シルバー民主主義の政治経済学』(日本経済新聞出版社)。記事の内容等は全て個人の見解で、いかなる所属先とも無関係です。