終局直後のドラマ アゲハマ交換の名人戦 裏話のその裏

井山裕太棋聖と対局中の高尾紳路九段(左)=2015年9月、筆者撮影

7月19日日曜日に放送されたNHK「囲碁フォーカス」で、「盤上のドラマは終盤にあり」という特集がありました。ご覧になったかたもいらっしゃると思います。

そこで採り上げられていた第31期名人戦(張栩名人対高尾紳路挑戦者)第4局(2006年10月11、12日)は、タイトル戦史上初めてアゲハマ交換が行われ、364手の激闘の末、半目勝負となった一戦です。

私は観戦記者として現地にいて、アゲハマ交換もナマで目撃でき、印象に残る碁でした。

そのときの裏話をご紹介しましょう。

対局当日、初日から張栩名人はぴりぴりしていました。

対局室の外、庭から物音が聞こえるとびくっとしてそちらのほうを見たり、記録席の紙ずれの音も気になって見たり。いつもとはちょっと違う感じを受けていました。

この記事は有料です。
内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

内藤由起子の「花見コウ」〜囲碁観戦記者 ここだけの話〜のバックナンバー2020年7月サンプル記事

内藤由起子

価格

330(記事3本)

2020年7月号の有料記事一覧

すべて見る

囲碁界取材歴20年を超える囲碁観戦記者・囲碁ライターが、囲碁界のオモテウラをお話しします。小耳にはさんだ最近の話から今だから話せる昔あったあの事件の裏側、記事にできなかった取材こぼれ話など、現場で見聞きしたここだけのとっておきの話をランダムに発信します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

囲碁観戦記者・囲碁ライター。神奈川県平塚市出身。1966年生。お茶の水女子大学大学院修士課程修了。お茶の水女子大学囲碁部OG。会社員を経て現職。朝日新聞紙上で「囲碁名人戦」観戦記を担当。「週刊碁」「NHK囲碁講座」「囲碁研究」等に随時、観戦記、取材記事、エッセイ等執筆。囲碁将棋チャンネル「本因坊家特集」「竜星戦ダイジェスト」等にレギュラー出演。棋士の世界や囲碁の魅力を発信し続けている。著書に『囲碁ライバル物語』(マイナビ出版)、『井山裕太の碁 強くなる考え方』(池田書店)、『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』(水曜社)等。囲碁ライター協会役員、東日本大学OBOG囲碁会役員。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。