~続・工場編(4)

受刑227/384日目(続)

保護観察官との面接

 この日は陸山会事件の証人尋問に向けた指定弁護士との打ち合わせのほか、面接室で保護観察官との2回めの面接もあった。担当は前回と同じく大阪保護観察所の首席保護観察官だったが、4ヶ月ぶりの再会であり、劇的に痩せている僕の姿を見てかなり驚いていた。

 保護観察官からは、出所後の仕事のことや家族との生活、友人や支援者らによる支えの状況、マスコミとの関係などについて詳しく尋ねられたことから、一つ一つ率直に答えた。保護観察官は、僕がインターネットや出版などを通じて様々な情報を社会に発信できる立場にあるので、そうした活動にも大いに期待しているとのことだった。

 3日前の12月6日には家族とも会ってきたという。仮釈放がどうなるのかまだ分からないものの、とにかく健康に気をつけてがんばってくださいと激励され、面接を終えた。1ヶ月後にようやく刑期の3分の2を経過するタイミングであり、やはり保護観察所の動きがかなり早いように感じられた。