水谷竹秀

電話殺到、市民の不安の標的に――保健所はパンク寸前、それでも第3波はやってきた

2020/11/26(木) 16:52 配信

冬の到来を目前に、日本各地で新型コロナウイルスの感染「第3波」が広がっている。大都市での感染拡大は顕著で、大阪市もその一つ。市の保健所には、不安を抱える市民からの電話が殺到し、職員は激務に追われている。感染第1波、第2波と対峙するなか、残業時間が1カ月あたり80時間の「過労死ライン」を超える職員も続出した。コロナ禍一色になってしまったこの1年、大阪市保健所では何が起きていたのか。

続きを読む

※ログインするとお読みいただけます

コロナと社会 記事一覧(38)

さらに読み込む

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。