Yahoo!ニュース

早く教えてよ!大葉を「しなびにくく」保存するコツに「これから気を付けます」【意外な注意点】

「大葉を買うことがある」
「一度に使いきれずしなびたことがある」

そんな方に、ぜひ知っていただきたい「大葉鮮度よく保存する方法」をご紹介します。

保存の注意点

購入した大葉を一度に使いきれず、野菜室に保存した結果…

しなびてしまい、「食べていいのかな…」と不安になる、という方は少なくないかもしれません。

そんな事態になるのを防ぐのが…

そう、「茎を水に浸ける」という保存方法です。

ジャム瓶などに、大葉を立てて入れ、茎の先端が浸かる高さまで水を入れればOKです。

実際に…

「水に浸けたもの」と「浸けないもの」の2つを用意し、野菜室でひと晩、保存したところ…

浸けないもの」は、ひと晩でしなび始めたのに対し…

「水に浸けたもの」は、買った頃とほぼ変わらない状態で保存できています。

大葉をまとめ買いしたり、一度に使い切れない場合は、ぜひ今回の方法も活用して、鮮度良く保存していただければ幸いです。

(水は1日に1回ほどの頻度で取りかえ、なるべく新鮮なうちに美味しく召し上がってください。)

これも知ってください

役立つ情報は他にもあります。
この機会にチェックしてください。

ハサミを使わず野菜の「赤いテープ」を簡単に剥がすコツに「今までの苦労は何?」

もやしを食べきれない時の保存のコツ「簡単なのに便利」「まとめ買いできる」

今回の内容が「参考になった!」という方は、「料理家ふらお」のプロフィール画面等から「フォロー」をいただけると嬉しいです。

29歳で脱サラし料理家になった1児の父|フーディストノートアンバサダー|食生活アドバイザー|手軽で美味しい爆速レシピ|Zip!(日テレ)、SmartNews、macaroniほか|レシピや料理に関する豆知識を毎日1〜2記事 投稿|X(旧Twitter)でレシピを毎日発信|フォローすると、毎日の料理を「時短化」できるうえ、知ってうれしい「キッチン周りの雑学」が自然と身につきます|目標はレシピ本出版

脱サラ料理家ふらおの最近の記事