Yahoo!ニュース

【大阪/京橋】駅から歩いて2分!ホンマに美味い「中華そば」が食べられる店

旅人間はらぺこライター

はらぺこライターの旅人間です。今回は大阪の京橋から食レポです。JR京橋駅といえば、改札を出でると目の前には商店街があり、そこは居酒屋が多く、ディープな雰囲気に包まれた夜の街…そんな雰囲気のエリア。美味しい店も沢山あります。

今回紹介するのは、この商店街にある絶対に食べて後悔しない「中華そば」について。

駅から2分ほど歩けば、スグに見えて来る赤い看板の「中華そば 丸岡商店」。開放感あるスタンド形式で、庶民感まる出しの野暮ったさが逆に良い。そんな店。

最近のラーメン屋はどこもかしこもお洒落過ぎるんじゃないか?と感じている私。それに引き換え…「いいねぇ~」と思わず心の中でボタンを押してしまう。

改めて言うが、お洒落とは縁遠い店。いや、お洒落の”お”の字もない。イスもない立ち食い形式。しかも狭く余分なスペースもない。「ない」「ない」「ない」と続くが、「ある」ものもある。それはお店の方の気さくな笑顔と、サッパリした人柄だ。

要するに、一言で言えば「いい店」なんですよ。

そして、注文したのは「中華そば 並」です。

あれれ?チャーシューメン?肉増し?と思ってしまうボリューム感だが、これがベーシックなメニューのよう。ちなみに一番人気の「肉増し」を注文したら、器一面にチャーシューがのってくるそうだ。

さて、この店の特徴は、無料で”生たまご”が入っていること、スープに”柚子が入っていること。これだけで濃厚にしてサッパリであることが分かる。

実際にスープを飲めば、「おぉ~こう来たか!」とキリリっとした醤油の旨さが突き刺さる。鹿児島の醤油をベースに国産の鶏ガラ、豚背骨、そして淡路島の香味野菜で撮ったスープを合わせ豚の腹脂で仕上げたそうだが、濃厚にして奥深い。その深みがハンパないのだ。

柚子のサッパリとした風味も合わさって、思わず「スープ…うまっ!」って叫びたくなる。こりゃ~ハマります。

もちろん、味の好みは人それぞれですが、「中華そば」が好きなら麺をしっかりスープに絡め、出来るだけスープを含んだ麺を一気にすすって食べてほしい。ちょっと味が濃いなって感じる場合は早めに”生たまご”を潰して混ぜればOK。また小皿にニラ辣油も付けてくれるので、味変を楽しむのも良いでしょう。

お店の方にお話を聞けば、「中華そば 丸岡商店」は計2店舗のみ。この京橋が本店で、もう一店舗は京都・祇園の八坂神社の側にあるという。この店、本当におすすめですよ。

<関連記事>
京橋でまた美味いラーメンに出会ってしまった!

中華そば 丸岡商店 京橋本店
住所:大阪市都島区東野田町3丁目9−1
電話番号:06-6335-9999
営業時間:11:30~0:15
定休日:なし
地図(外部リンク)

はらぺこライター

旅が好き、歴史も好き、食べるのはもっと好き ”はらぺこライター”です。 2005年にスタートしたYahooブログが全ての始まり。アメリカや東南アジア、インドなどへの一人旅、タイの首長族の村に泊まった体験談などを綴っていた。次第に旅行サイトから声がかかり、トラベルjpで新人賞、年間アクセス1位賞、SNSで記事が最も拡散されたソーシャル賞を受賞。またグルメサイトで連載、吉本興業の公式ライターなどを経て現在に至る。 最近は地域に古くから伝わる伝承や伝説、ちょっと変わったスポットに興味津々。旅と歴史、地元で人気のグルメなど幅広く紹介したい。

旅人間の最近の記事