42歳でメジャーデビュー◆キャプテンの3000安打◆コロンビア生まれの2人が…【7月9日のMLB】

デレク・ジーター July 9, 2011(写真:ロイター/アフロ)

◆2016年7月9日

シカゴ・ホワイトソックスのホゼ・キンターナとアトランタ・ブレーブスのフリオ・テラーンが、先発投手として投げ合う。コロンビア生まれの2投手が同じ試合で先発登板は、史上初めて。オフに一緒にトレーニングをしたこともある2人は、6イニングずつを投げ、4失点のキンターナに白星、5失点のテラーンに黒星がついた。コロンビアン同士の投げ合いは、2度目も彼ら。2018年5月14日に、カブスのキンターナとブレーブスのテラーンが先発マウンドに上がった。この試合の白星と黒星は、1度目とは逆。先発登板したことのあるコロンビア生まれの投手は、2人を除くと、ダイアン・ディアズしかいない。それも、2017年6月7日の1試合だけ。

◆2011年7月9日

ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターが、通算3000安打に到達する。1打席目のシングル・ヒットでリーチをかけ、2打席目にホームランを打った(写真はそのホームイン後)。さらに、3打席目は二塁打、4打席目と5打席目はシングル・ヒット。3000本目のヒットがホームランは、1999年8月7日のウェイド・ボッグスに続く2人目(3人目は、2015年6月19日のアレックス・ロドリゲス)。ヤンキースの選手として3000本目のヒットを打ったのは、ジーターが1人目、A-RODが2人目。ジーターはヤンキース一筋にプレーし、3465安打を記録した。2003年6月から2014年のシーズン終了後に引退するまで、チームのキャプテンを務めた。

◆1948年7月9日

クリーブランド・インディアンズから、ニグロリーグの伝説的な投手、サチェル・ペイジがメジャーデビューする。42歳(年齢については、いくつかの説がある)。1948~49年と1951~53年の5シーズンに計178登板。その後、1965年にも1試合に投げた。

 7月8日のMLBは、こちら。

前半戦に15勝を挙げた投手、16勝の投手◆オールスター・ゲームのサヨナラ本塁打…【7月8日のMLB】