アメリカの戦略を読み解けない「平和ボケ」

フーテン老人世直し録(61)

如月某日

 なぜ日本はアメリカの戦略を読み解けないのか。自民党の衛藤晟一参議院議員が動画サイト「ユーチューブ」に投稿した国政報告を見て、あまりに子供じみた日米関係の理解に開いた口がふさがらなかった。

 安倍総理の靖国参拝に「失望」を表明したアメリカに対し、衛藤議員は「こちらの方が失望した」と述べ、続けて「安倍政権は民主党政権で崩れた日米関係修復に非常に大きな力を割いてきた。なぜ同盟関係にある日本を大事にしないのか」、「米国は中国にちゃんとものが言えないようになりつつある。声明は中国に対する言い訳に過ぎない」とアメリカを批判した。

 当たり前の話だがアメリカは自国の利益になる事を追求している。それ以上でもそれ以下でもない。自民党は民主党政権で日米関係が崩れたと考えているが、アメリカから見れば民主党政権でも自民党政権でもアメリカの利益にさえなればどちらでも良い。

 同盟関係があるから日本を大事にするなどと言う理屈はそもそも成り立たない。同盟関係は利益があれば維持され、不利益になれば廃棄される。運命を共にする契約を結んだ訳ではない。同盟関係にあるからと言ってアメリカを日本の味方と考えるのは100%以上の「平和ボケ」である。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年2月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2014年2月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■オンライン「田中塾」の第一回日時:9月27日(日)午後3時から4時半まで。ご自宅のパソコンかスマホでご覧いただけます。日本と世界の動きを講義し,質問を受け付けます。会員制ですのでhttps://bit.ly/2WUhRggまでお申し込みください。今入会なら会費2回分無料。録画でも視聴できます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ