今週末は花見の前に「花散らしの風」か

川に流れる桜の花びら(GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

さくらの開花と満開

 平成最後のさくら(ソメイヨシノ)は、3月20日に長崎、3月21日に東京、横浜、福岡の開花から始まりました。

 例年より暖かい春の始まりにより、関東から西日本の平野部で例年より早い開花でしたが、この頃から日本上空には寒気が南下しはじめました。

 このため、東京では3月27日に満開となったものの、多くの地点では、開花から満開までの期間が延び、満開になっても散り果てるまでの期間が延びています。

 4月に寒気が南下することはときどきありますが、多くは一時的な南下で、今回のように数日にわたる南下は珍しいものです。

 このため、福島県只見町で48時間降雪量が63センチ、長野県野沢温泉村で72時間降雪量が62センチなど、4月としての長い期間の観測記録を作っています。

 最初さくらが咲いた長崎では、寒気の南下によって満開が開花の14日後、予想通りの4月3日でした。このため、今週末の6日、7日は十分楽しめるでしょう(図1)。

図1 長崎のさくらの見頃予想
図1 長崎のさくらの見頃予想

 ただ、長崎に次いで開花が早い東京では、開花後に気温が高かったこともあり、3月27日に満開となっていますが、その後の寒気南下で、散り終わりが少し遅くなっています(図2)。

図2 東京のさくらの見頃
図2 東京のさくらの見頃

 とはいえ、東京のさくらは今が盛りで、週末はギリギリでしょう(図2、写真)。

写真 東京赤坂日枝神社のさくら(4月3日に撮影・提供、高橋和也)
写真 東京赤坂日枝神社のさくら(4月3日に撮影・提供、高橋和也)

 寒さが収まり、週末まで気温が平年より高い日が続くからです(図3)。

図3 東京の最高気温と最低気温(4月4~10日は気象庁、11~13日はウェザーマップの予報)
図3 東京の最高気温と最低気温(4月4~10日は気象庁、11~13日はウェザーマップの予報)

 東京のさくらは、一斉に咲いたというより、多くの花が咲いたものの、一部はつぼみが残っているという、満開感が少ないと感じている人が多いかと思います。

 その理由として考えられるのが、今年は、寒さにさらされることが少ないまま春を迎えたことです。寒さによる休眠打破という現象が不十分で、昨年のように、一斉に咲き誇ることがなかったのではと思っています。

花ちらしの風

 週末の天気予報によると、桜が咲いている関東から西日本にかけて、晴れて気温も高くなり、花見には適した天気になりそうです(図4)。

図4 土曜日(6日)の天気予報
図4 土曜日(6日)の天気予報

 しかし、その前に大敵があります。

 金曜日(5日)に北日本を通過する低気圧です(図5)。

図5 予想天気図(4月5日9時の予想)
図5 予想天気図(4月5日9時の予想)

 この低気圧に向かって強い南風が吹き込む予報です(図6)。低気圧の発達如何によっては、強い南風で花ちらしの風になるかもしれません。

図6 風と雨の予想(4月5日15時の予想)
図6 風と雨の予想(4月5日15時の予想)

 その場合は、見上げての観賞ではなく、見下げての観賞、川面を流れる花びら「花筏(いかだ)」の観賞となります。

 一方、金曜日(5日)に北日本を通過する低気圧は、日本列島に暖気を持ち込みますので、さくらがまだ咲いていない北陸から東北地方にとっては、開花を促す「催花雨」となるでしょう(図7)。

図7 さくらの開花前線(ウェザーマップ4月1日発表)
図7 さくらの開花前線(ウェザーマップ4月1日発表)

 平成最後の花見も、いよいよ後半戦です。 

図1、図2、図4、図6、図7の出典:ウェザーマップ提供。

図3の出典:気象庁資料、ウェザーマップ資料をもとに著者作成。

図5の出典:気象庁ホームページ。

写真の出典:高橋和也氏提供。