リーグ史上初、兄弟が先発投手として対決 兄26歳左腕、弟24歳右腕の顔合わせ<韓国KBOリーグ>

先発対決の兄キム・ジョンビン(左)と弟キム・ジョンイン(写真:SSGランダーズ)

9日の韓国KBOリーグは、前日に大気汚染の影響で中止となった4カードがダブルヘッダーで編成され、全9試合が行われました。1日で9試合開催は過去最多です。

SSGランダーズ-キウムヒーローズ(インチョン)のダブルヘッダー第2試合、両チームの先発はSSGがキム・ジョンビン、キウムはキム・ジョンイン両投手でした。この2人は2歳違いの兄弟。兄弟の先発投手対決は、今季が40年目となるKBOリーグ史上初です。

SSGの先発、兄で26歳の左腕キム・ジョンビン投手は、2回に2死満塁、3回に無死満塁のピンチを迎えるも、いずれも無失点で切り抜けました。

一方の弟、キウムのキム・ジョンイン投手は、カーブとチェンジアップで打者のタイミングを外して空振りを誘うも、1回に3番チェ・ジョン選手のソロアーチで1失点。3回には4番チョン・ウィユン選手のタイムリーと、6番オ・テゴン選手の内野ゴロの間に三塁走者が生還し、この回2点を喫しました。

兄、弟ともにこの日は3回でマウンドを降り、兄のキム・ジョンビン投手は70球を投げて5つの三振を奪い、被安打2、四死球5を与えるも無失点。弟のキム・ジョンイン投手は76球を投げて4奪三振。被安打3、四死球3、失点3でした。

試合は4-3でSSGが勝利。両投手に勝ち負けはついていません。兄キム・ジョンビン投手の通算成績は61試合1勝2敗1セーブ10ホールド、弟キム・ジョンイン投手は26試合1勝3敗です。

◆「現役の兄弟選手は12組」

韓国野球委員会(KBO)の2021レコードブックに記載の、現役の兄弟選手は11組。しかし、この中にこの日先発した両投手は含まれておらず、KBOリーグには12組の兄弟が在籍していることがわかっています。

野手の兄弟では昨季9月、SSGのチェ・ジョン(兄)、チェ・ハン(弟)の兄弟がともに一発を放ち、史上初の同一投手からのアベック弾を記録しました。

(関連記事:史上初、兄と弟が同じ投手からホームラン 全打点を兄弟で叩き出す

また、NPBの直近の兄弟登板では、先発ではありませんがヤクルトのアルバート・スアレス投手(兄)、阪神のロベルト・スアレス投手(弟)が昨季10月に同一試合で登板しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガースとのダブルヘッダー第1試合、6回表にキム・インテ選手の代走で出場。その裏からライトの守備に入りました。8回表の先頭打者で打順が回りましたが、ホ・ギョンミン選手が代打で登場し、退いています。

第2試合では7回表、キム・ジェファン選手の代走で出場。その裏、ライトの守備に入りました。9回表、先頭打者として打順がまわり、結果はセカンドベース寄りのショートゴロでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全9試合の結果です。10日は試合がありません。

◇5月9日(日)の結果

・LG 11 - 1 ハンファ(チャムシル)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:イ ミンホ

 敗:キム ミンウ

・LG 4 - 5 ハンファ(チャムシル)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:キム ボムス

 敗:ハム ドクチュ

・SSG 4 - 1 キウム(インチョン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:チェ ミンジュン

 敗:ヨキッシュ

・SSG 4 - 3 キウム(インチョン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:キム テフン

 敗:ヤン ヒョン

・KT 11 - 16 NC(スウォン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:パク チョンス

 敗:ソ ヒョンジュン

・KT 9 - 5 NC(スウォン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ペ ジェソン

 敗:キム ジンホ

・サムスン 8 - 6 ロッテ(テグ)

 勝:シム チャンミン

 敗:ク スンミン

・KIA 3 - 5 トゥサン(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:イ スンジン

 敗:チョン ヘヨン

・KIA 9 - 0 トゥサン(クァンジュ)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:ユ ヒグァン

 敗:キム ユシン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。