史上初、兄と弟が同じ投手からホームラン 全打点を兄弟で叩き出す<韓国KBOリーグ>

本塁打を放った兄チェ・ジョン(左)と弟チェ・ハンの兄弟(写真:SKワイバーンズ)

13日の韓国KBOリーグは全5試合が14時開始のデーゲームで行われました。

インチョンSK幸福ドリーム球場のSKワイバーンズ-ロッテジャイアンツは、SKが0-1で1点を追う4回裏、1死一塁で3番チェ・ジョン選手(33)がレフトへ25号2ランホームラン。主砲の一発でSKは2-1と逆転に成功しました。

SKは5回裏、この回の先頭打者、6番チェ・ハン選手(26)がライトへ1号ソロホームラン。リードを2点に広げます。試合はそのまま3-1でSKが勝利し、SKは4連勝を飾りました。

この日のSKの全打点となった2本のホームランを放ったチェ・ジョン選手とチェ・ハン選手は7歳離れた実の兄弟。1987年生まれプロ16年目の兄、チェ・ジョン選手はこの日の一発が通算360号目(歴代2位)。

右打ちの兄チェ・ジョン(写真:SKワイバーンズ)
右打ちの兄チェ・ジョン(写真:SKワイバーンズ)

1994年生まれ、育成選手としてプロ入りし9年目の弟、チェ・ハン選手は自身9本目の一発でした。

左打ちの弟チェ・ハン(写真:SKワイバーンズ)
左打ちの弟チェ・ハン(写真:SKワイバーンズ)

KBOリーグでの同一ゲーム、兄弟アベック(?)アーチは3度目。うち1回は異なるチームに所属する兄弟の一発(LGナ・ソンヨン選手、NCナ・ソンボム選手)でした。

今回、チェ・ジョン、チェ・ハン兄弟は、ともにロッテの先発パク・セウン投手からホームランを放ち、同一チーム所属の兄弟が、同じ投手からホームランを記録するのは、リーグ史上初となります。

◆「サムスンの左腕、プロ初完封」

サムスンライオンズの左腕、チェ・チェフン投手がLGツインズ戦に先発。無失点で9回を投げ切り、プロ3年目で初完封を記録しました。

110球を投げて被安打4、10個の三振を奪ったチェ・チェフン投手は、味方打線の強力なバックアップを背に好投し、今季7勝目を挙げています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルスとの2軍戦は感染症防疫対策のため、中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。14日は試合がありません。

◇9月13日(日)の結果

・LG 0- 11 サムスン(チャムシル)

 勝:チェ チェフン

 敗:キム ユンシク

・キウム 6- 6 トゥサン(コチョク)

 勝:

 敗:

・SK 3- 1 ロッテ(インチョン)

 勝:ピント

 敗:パク セウン

・KT 5- 4 ハンファ(スウォン)

 勝:チョン ユス

 敗:チョン ウラム

・NC 3- 4 KIA(チャンウォン)

 勝:ブルクス

 敗:ソン ミョンギ

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。