リオネル・メッシが、パリ・サンジェルマンのユニフォームを着てプレーしている姿に、違和感が拭えない。

そう考えているのは、私だけではないだろう。多くのバルセロニスタが、似たような感覚を抱いているはずだ。メッシがバルサ 以外のチームでプレーするなんて、数年前であれば想像さえできなかった。そんな予想を口にするものなら、SNSで叩かれまくっていたはずだ。

だが、それは現実になった。メッシは現在、ネイマール、キリアン・エムバペらと共にタイトルだけを見据えてプレーしている。当然ながら、彼らの最大の野望はビッグイヤー獲得だ。

■メッシの放出

しかも、あろうことか、バルセロナはメッシをフリーで放出した。

先日、ジョアン・ラポルタ会長がスペインのラジオ局『RAC1』に出演した際の発言は、「メッシに無料でプレーして欲しかった」というのを含め、驚きに満ちたものだった。

バルセロナのラポルタ会長
バルセロナのラポルタ会長写真:ロイター/アフロ

「メッシに怒ることはできない。彼を高く評価している。だが我々の財政状況に顧みて、“フェア・プレー“の観点から、これ以上は無理だという瞬間が訪れた。メッシには、バルセロナに残りたいという想いがあった。一方で、他クラブからのオファーがあり、プレッシャーを感じていた」

「あの時点でパリ・サンジェルマンのオファーが具体的にあったかどうかは分からない。しかし、我々と交渉している間に、非常に良いオファーがメッシに届いていたのは確かだ。最後の最後に、メッシが『ノーギャラでもいいから残留したい』と言ってくれないかと期待していた。けれども、あのクラスの選手がそれをするというのは考えられない」

(全4491文字)

■財政難に喘いで

無論、メッシの退団が決まった理由は、お金の問題である。

現在のバルセロナの負債は13億5000万ユーロ(約1750億円)だとされている。ジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長と前理事会の経営があまりに杜撰であり、そこまで膨れ上がってしまったのである。

その中で、重要だったのがサラリーの問題だ。ラポルタ会長が言うところの“フェア・プレー”というのは、基本的にラ・リーガ版サラリーキャップのことを指し示している。

UEFAのファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)とラ・リーガ版サラリーキャップは異なる。ここを勘違いしている人は少なくない。メディアの中にも、普通にいる。