神戸フェルメーレンが、バルサとアーセナルで乗り込えた日々...日本に辿り着くまでの異色のキャリア

ヴィッセル神戸でプレーするフェルメーレン(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

彼は、どんなキャリアを歩んできたのだろうか?

ヴィッセル神戸に所属するトーマス・フェルメーレンが、J1初得点を記録した。明治安田生命J1リーグ第14節セレッソ大阪戦で、後半アディショナルタイムに左足のシュートでネットを揺らした。土壇場で勝ち点1をもたらす貴重なゴールだった。

現役のベルギー代表だ
現役のベルギー代表だ写真:ロイター/アフロ

フェルメーレンのこれまでの道のりは決して平坦ではなかった。

ベルギー出身のフェルメーレンだが、15歳でオランダの名門アヤックスの下部組織に入団している。2004年に19歳でトップデビューを飾ると、ヴァールヴァイクへのレンタルを経て、2005-06シーズンからアヤックスの主力として活躍した。

■アーセナルへの移籍

2009年夏、アーセナルがフェルメーレンに触手を伸ばす。アーセン・ヴェンゲル監督が、彼を欲しがった。移籍金1000万ポンド(約15億円)が支払われ、コロ・トゥーレが背負っていた「5番」を引き継ぐ形でアーセナル加入が決まった。

「アーセナルは偉大なクラブだ。世界的に有名な監督がいて、素晴らしいスタジアムがあり、能力の高い選手が揃っている。次のシーズン、僕の人生は大きく変わるだろう。トップクラスのゴールゲッターと対峙するが、恐れはない。自分自身を懸けて戦う」とは当時のフェルメーレンの言葉だ。

アーセナルでは、5シーズンを過ごした。公式戦150試合に出場。2010年には、プレミアリーグの年間ベストイレブンに選ばれ、2014年にはFAカップのタイトルを獲得している。

アーセナル時代のフェルメーレン
アーセナル時代のフェルメーレン写真:Action Images/アフロ

そんなフェルメーレンに、バルセロナが目を付けたのは2014年夏だった。アンドニ・スビサレッタ当時スポーツディレクターが「即戦力の補強だ」と評したフェルメーレンの獲得に際して、バルセロナは移籍金1900万ユーロ(約24億円)を支払っている。

スペインはレアル・マドリーとバルセロナの2強時代だった。そんな中、ルイス・エンリケ監督の下では出場機会に恵まれず、一年間ローマにレンタル移籍したのち、バルセロナに復帰した。ジェラール・ピケ、サミュエル・ウンティティ、ハビエル・マスチェラーノに次ぐ4番手のセンターバックという立ち位置であったが、エルネスト・バルベルデ監督は色眼鏡で選手を判断する指揮官ではない。

「フェルメーレンはフィジカルが強く、きちんとトレーニングをする。私は常に彼を評価していた。難しい試合でも、チームにコミットしてくれる。ビッグマッチで良いプレーを見せて、私というよりファンを納得させたね。私は以前から彼のプレーに納得していたから」とはバルベルデ監督の弁である。

バルセロナ在籍時のフェルメーレン
バルセロナ在籍時のフェルメーレン写真:なかしまだいすけ/アフロ

2014-15シーズンには、負傷で長期離脱を余儀なくされた際、主将のシャビ・エルナンデスから黄色いTシャツがフェルメーレンに贈られた。

そこには”muchos ánimos Thomas(ムーチョス・アニモス・トーマス)”と記され、全選手の署名があった。「がんばれ、トーマス」というメッセージだった。「あれはサプライズだったし、すごく力をもらった」とのちにフェルメーレンが明かしている。

■僥倖と贅沢

2018-19シーズン終了後、アンドレス・イニエスタの後を追うように、バルセロナからヴィッセル神戸に移籍した。

アヤックス(獲得タイトル数5個)、アーセナル(1個)、バルセロナ(8個)と多くのタイトルを獲得してきた。2015年には、バルセロナでチャンピオンズリーグ優勝を経験している。また、2014年のブラジル・ワールドカップと2018年のロシア・ワールドカップに出場しており、現役のベルギー代表選手でもある。

先日、イニエスタが神戸と2年の契約延長を行い、話題を呼んだ。イニエスタのプレーが、引き続き日本で見られる。それは僥倖である。加えて、フェルメーレンのプレーも見られるのだから、我々にとっては贅沢な話だ。

フットボールライター/戦術分析家 東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体/出演メディアは『エルゴラッソ』『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』『J-WAVE』等。2020年ラ・リーガのセミナー司会。『Foot! MARTES』出演中。

有料ニュースの定期購読

誰かに話したくなるサッカー戦術分析サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3回程度
リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    明らかに崩れ始めた「大谷翔平は左投手が苦手」という幻想菊地慶剛6/18(金) 12:35
  2. 2
    引き分け激増のプロ野球。古の「引き分け0.5勝、0.5敗」ルールなら、現在の順位は?菊田康彦6/17(木) 8:00
  3. 3
    サヨナラ満塁本塁打に続き、次の試合で先頭打者本塁打を打つ。この2打席連続ホームランは史上初宇根夏樹6/18(金) 6:54
  4. 4
    「人々を驚かす計画が動いています」ノニト・ドネアのプロモーターは何を語ったのか杉浦大介6/18(金) 7:00
  5. 5
    バンタム級のレジェンド山中慎介が語る井上尚弥「ボディでKOも十分ありえる」木村悠6/18(金) 8:37
  6. 6
    「北京五輪当時、私も不調のなか選ばれた…」結果論で批判される野球代表選考 東京五輪メンバーを分析上原浩治6/17(木) 11:30
  7. 7
    元横綱・鶴竜親方インタビュー「やめたらすごく楽になった」引退から3カ月の胸中飯塚さき6/14(月) 7:00
  8. 8
    復帰戦158キロの千賀滉大がマウンドで思わず笑顔。火の国・吉村裕基は「嬉しかった」田尻耕太郎6/18(金) 8:11
  9. 9
    10年ぶりに再会した馬とのストーリーと現在の活動を1人の調教師が語る平松さとし6/18(金) 4:55
  10. 10
    オリックスに入団するランヘル・ラベロは、パワー・ヒッターなのか宇根夏樹6/18(金) 10:14