レアル・マドリーを優勝に導いた「2人の司令塔システム」とその変化。「固定」と「流動」の狭間で。

ボールを追うモドリッチ(写真:なかしまだいすけ/アフロ)

2人の司令塔が、レアル・マドリーを優勝に導いた。

トニ・クロースとルカ・モドリッチ。シーズン終盤、マドリーで彼らが輝いた。無論、2008年のイケル・カシージャス以来となるマドリー選手としてのサモラ賞受賞に近づくGKティボ・クルトゥワと守備陣の貢献を否定はできない。

だが中断明けの試合で10連勝とまさに破竹の勢いでリーガエスパニョーラ優勝まで駆け抜けたマドリーにおいて、クロースとモドリッチの存在感は絶大であった。

■F・バルベルデの台頭

今季、マドリーはフェデリコ・バルベルデが台頭した。18歳でマドリー・カスティージャ(Bチーム)に正式入団したウルグアイ代表の選手は、厳しい競争の中で忍耐を持ち続け、ついに萌芽の時を迎えた。

F・バルベルデの急成長でクロースとモドリッチの「牙城」は崩された。まずは、その要因、いかにしてF・バルベルデの重要性がジネディーヌ・ジダン監督のチームで高まっていったかを述べる必要があるだろう。

この記事は有料です。
誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

誰かに話したくなるサッカー戦術分析のバックナンバー2020年7月サンプル記事

森田泰史

価格

550(記事5本)

2020年7月号の有料記事一覧

すべて見る

リーガエスパニョーラは「戦術の宝庫」。ここだけ押さえておけば、大丈夫だと言えるほどに。戦術はサッカーにおいて一要素に過ぎないかもしれませんが、選手交代をきっかけに試合が大きく動くことや、監督の采配で劣勢だったチームが逆転することもあります。なぜそうなったのか。そのファクターを分析し、解説するというのが基本コンセプト。これを知れば、日本代表や応援しているチームのサッカー観戦が、100倍楽しくなります。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

東京生まれ。スペイン在住歴10年。2007年に21歳で単身で渡西して、バルセロナを拠点に現地のフットボールを堪能。カンプ・ノウでメッシの5人抜きを目の当たりにして衝撃を受ける。2011年から執筆業を開始すると同時に活動場所をスペイン北部に移す。2018年に完全帰国。過去・現在の投稿媒体は『Goal.com』『ワールドサッカーキング』『サッカー批評』『フットボリスタ』等。『Foot! MARTES』出演。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。