自分が大きくなったり、小さくなったりとバランスがわからなくなる「不思議の国のアリス症候群」、家庭環境を失ったこどもを里親や児童養護施設職員などが養育者になって、その家庭に迎え入れて養育する家庭養護施設「ファミリーホーム」などなど。

 あまり一般的になじみのない事柄を背景に、ひとりの少女の切実な心の声を描いたのが澤佳一郎監督の映画「アリスの住人」だ。

 主人公は、現在18 歳、思春期の中にいる、つぐみ。

 過去に父から性的虐待を受けていた彼女は、現在、ファミリーホームで生活を送っている。

 日々悩まされる「不思議の国のアリス症候群」の症状は、性的虐待のトラウマが起因。

 本作は、社会とも他者とも、なにより自分とうまく向き合えない彼女の心模様が描かれる。

 本作については、つぐみ役の樫本琳花のインタビュー(第一回第二回第三回第四回)と賢治役の淡梨のインタビューをすでに届けた。

 最後に登場いただくのは手掛けた澤佳一郎監督。

 あまり知られていない社会問題になぜ目を向けたのか?「アリスの住人」が誕生するまでを澤監督に訊く(第一回第二回)。(全四回)

「アリスの住人」の澤佳一郎監督 筆者撮影
「アリスの住人」の澤佳一郎監督 筆者撮影

一度は芸能活動を辞めながら、心を新たに本格的に女優として歩みだしていた

樫本琉花をヒロインに起用した理由

 第三回となる今回は、キャスティングについての話から。

 まず、複雑な過去に苦悩し、現在もまだその苦しみの中にいる難役のヒロイン、つぐみを演じたのは、樫本琳花。

 当時、一度は芸能活動を辞めながら、心を新たに本格的に女優として歩みだしていた彼女を起用した理由をこう明かす。

「実は、このワークショップオーディションは、都合4回やったんです。

 樫本さんはそのすべての回に参加してくれたんです。

 1、2回目は、まさに『これから女優業に本格的に取り組んでいきたい』みたいなころだったと記憶しています。

 たぶん演技についてひとつひとつ学び、経験を積んでいるときだったと思います。

 だから、おそらく本人に戸惑いや緊張があって、正直なところ、そこまで僕の中にグッとくるところはなかったんです。

 つまり、本人には失礼になるんですけど、そこまで目にとまる感じはなかった。

 ただ、3回目、4回目のときにガラッと印象が変わったというか。

 すごくお芝居が樫本さん自身とフィットしたように感じられて、心をもっていかれたんですよね。

 それぐらい心をつかまれるものがあった。そこで『いつかご一緒できたら』と思ったんです。

 それから、今回の『アリスの住人』の脚本を書き始めて、つぐみという主人公が生まれていったときに、僕の中のイメージで浮かんだのが樫本さんでした。

 もっと言うと、ピンポイントで『樫本さんの目がつぐみにぴったりだな』と思ったんです。

 これは樫本さんもインタビューで答えてらっしゃいますけど、本人に大変失礼ながら伝えたんですよ。

 『死んだ魚のような目をしているのがつぐみにぴったり』と。

 実際の樫本さんは活き活きしているし、性格もとても明るい。

 でも、なんですかね、真顔になったときにある種の冷徹さが目に宿る。

 生きているんだけど死んだような目に感じられる。僕にはそう見えたんですね。

 つぐみは性的虐待を受けた過去の傷が癒えていない。

 生きているけれど、心は死んでいるような状態というか。生きている実感を得られていない。

 そういう状態を樫本さんなら演じられるのではないかという可能性を、彼女の瞳に見出したんですよね

 それで、つぐみは彼女かなと」

「アリスの住人」より
「アリスの住人」より

つぐみを演じるにあたって、きちんと考える時間を彼女にもってほしかった

 つぐみを演じ切った樫本にこう言葉を寄せる。

「実は樫本さんに関してはプロットの段階で、こういう役を考えているということを伝えました。

 つぐみの背景は複雑ですし、『はいわかりました』と二つ返事で受け入れるのが難しいデリケートなところもある。

 だから、事前に伝えておいたほうが、本人も考える時間ができて、いろいろと思考を深めることもできると思ったんです。

 僕としてもつぐみを演じるにあたって、きちんと考える時間を彼女にはもってほしかった。

 なので、撮影は10月でしたけど、樫本さんには7月ぐらいに伝えました。どういう役かということを。

 それで、脚本が上がって最初に読み合わせをしたんです。

 すると、樫本さんはほぼつぐみになってくれていました。

 それから、僕が言うことはほとんどなかったです」

淡梨さんは夢がかなった役だったのではないかなと

 一方、つぐみの恋人となる賢治役は『スペシャル・アクターズ』のインチキ教祖役などでいま脚光を浴びつつある淡梨が演じている。

「淡梨さんは、これもインタビューで本人が言っていましたけど、まずワークショップオーディションで彼の夢が『普通の人の役』を演じることでした。

 本人曰く『キャラが立った役のオファーが多いので普通の人を演じてみたい』と(笑)。

 じゃあということで、生まれたのが賢治という人物で。

 賢治は普通の家庭で育ったごくごく普通の男性で、淡梨さんの夢にかなった役だなと思って、演じてもらいました。

 もうひとつ淡梨さんに賢治をお願いしたいと思った理由があって。

 樫本さんがけっこう背が高いんですね。

 なので画面に映ったときのバランスを考えたときに、ある程度、背丈のある男性がいいと思いました。

 淡梨さんも背が高い役者さんだったので、樫本さんと並んだときにとてもバランスが良かった。

 それでお願いしたところもあります。

 淡梨さんにとってはいままでにない普通の役だったかもしれないですけど、ひじょうに朴訥としていてフラットな性格の賢治をよく演じてくれたと思います」

(※第四回に続く)

【樫本琳花第一回インタビューはこちら】

【樫本琳花第二回インタビューはこちら】

【樫本琳花第三回インタビューはこちら】

【樫本琳花第四回インタビューはこちら】

【淡梨インタビューはこちら】

【澤佳一郎監督第一回インタビューはこちら】

【澤佳一郎監督第二回インタビューはこちら】

「アリスの住人」より
「アリスの住人」より

「アリスの住人」

監督:澤佳一郎

出演:樫本琳花 淡梨 しゅはまはるみ 伴優香 天白奏音

下北沢トリウッドにて27日(金)まで19:10~/28日(土)・29日(日)18:30~上映 

愛知・刈谷日劇にて6月17日(金)~公開

公式サイト:https://www.reclusivefactory.com/alice

場面写真は(C)2021 reclusivefactory