自分が大きくなったり、小さくなったりとバランスがわからなくなる「不思議の国のアリス症候群」、家庭環境を失ったこどもを里親や児童養護施設職員などが養育者になって、その家庭に迎え入れて養育する家庭養護施設「ファミリーホーム」などなど。

 あまり一般的になじみのない事柄を背景に、ひとりの少女の切実な心の声を描いたのが澤佳一郎監督の映画「アリスの住人」だ。

 主人公は、現在18 歳、思春期の中にいる、つぐみ。

 過去に父から性的虐待を受けていた彼女は、現在、ファミリーホームで生活を送っている。

 日々悩まされる「不思議の国のアリス症候群」の症状は、性的虐待のトラウマが起因。

 本作は、社会とも他者とも、なにより自分とうまく向き合えない彼女の心模様が描かれる。

 この苦しみの中にいるつぐみを見事に体現したのが、当時まだ10代だった樫本琳花(かしもと・りんか)。

 2019年に本格的に俳優活動をはじめたばかりの彼女に訊くインタビュー(第一回第二回)の第三回に入る。(全四回)

ひとつひとつわからないことをクリアして、下準備をしていきました

 前回に続いて、演じたつぐみについての話から。

 『この役を自分が演じ切ることができるのか』と思ったという彼女だが、演じるにあたりまずは自分なりの下準備を始めたという。

「その時点では、ファミリーホームのことを知りませんでした。そういう制度が実施されていることも知りませんでした。

 不思議の国のアリス症候群なんて病気があることも知りませんでした。

 知らないことだらけでしたけど、いずれも『アリスの住人』においては、物語の根幹に関わる重要な要素ですから知っておかないといけない。

 ですからファミリーホームであったり、児童養護施設であったり、物語に含まれることで自分が知らないことをひとつひとつピックアップして、自分なりに調べていきました。

 ただ、『不思議の国のアリス症候群』に関してだけは、澤監督が実体験者であるので。

 調べるよりも、ご本人に訊いた方が早いしリアルなことを訊ける。

 そう思ったので、監督にあれこれと質問させていただきました(笑)。

 そうやってひとつひとつわからないことをクリアして、つぐみを演じる下準備をしていきました」

「アリスの住人」で主演を務めた樫本琳花 筆者撮影
「アリスの住人」で主演を務めた樫本琳花 筆者撮影

知るとやはり社会の見方が変わるところがある

 そのリサーチもとても大きな経験になったという。

「10代で、こういうことを調べたりすることはなかなかないじゃないですか。

 知るとやはり社会の見方が変わるところがあるし、ふだん歩いている町の違ったことに気づいたりする。いつも歩いていたのに『こんなところにこんな施設があるんだ』とか。

 そういうことを実感すると、よけいに作品が大切に思えるというか。

 『アリスの住人』はすごく大切なことを描いて、作品を通して、こうした事実があることを多くの人にもっと知ってもらおうとしていると思えた。

 きちんと伝わる作品になるように、自分も頑張らないとと思いました」

つぐみをそばで見守ることしかできなかった。

でも、自分なりに一生懸命に寄り添う

 リサーチをした上で、前回、つぐみと寄り添うと話していたが、実際は、つぐみをどう演じていったのだろうか?

「性的虐待を受けたことはつぐみに暗い影を落としている。

 作品でも表現されていますけど、ある日突然、フラッシュバックで悪夢に襲われる。

 他人がわかったような気になってはいけないし、つぐみ本人もこの苦しみを表す言葉を持ち合わせていない。もしかしたら、一生、この苦しみは言葉で表現できないのかもしれない。

 どう言葉にしていいかわからないから、誰にも相談できない。

 もちろん、誰かの支えは必要なんですけど、その上で、自分で自分と向き合って、自分の中だけでどうにか癒していかないといけない傷だと思うんです。

 ですから、いろいろと下準備をしましたけど、演じている間も、つぐみのそばでつぐみを見守っている存在になろうと思ってずっと臨んでいました。

 演じるわたしでも、わかってあげることができないぐらいの深い傷を心身ともに抱えているということを、心にとどめて演じようと思いました。

 つぐみの心に中にはずっと刺さっていてぬくことのできないとげのようなものがある。

 そのとげのせいで常に心が痛みを伴っている。

 ですから、楽しい場面であっても、この子はそういう傷を抱えているんだというのを忘れないように演じました。

 いまでも、つぐみのことを理解してあげられたとは言えない。

 そばで見守ることしかできなかった。でも、自分なりに一生懸命に寄り添うことができたと思っています」

(※第四回に続く)

【「アリスの住人」樫本琳花インタビュー第一回はこちら】

【「アリスの住人」樫本琳花インタビュー第二回はこちら】

「アリスの住人」より
「アリスの住人」より

「アリスの住人」

監督:澤佳一郎

出演:樫本琳花 淡梨 しゅはまはるみ 伴優香 天白奏音

シネマスコーレにて3/19(土)〜3/25(金)

京都みなみ会館にて3/25(金)〜3/31(木)

大阪シアターセブンにて 3/26(土)〜4/1(金)公開

<シネマスコーレにて登壇イベント決定!>

3/19(土)

登壇者:樫本琳花(オンライン)、天白奏音(オンライン)、澤佳一郎監督

3/20(日)

登壇者:しゅはまはるみ(オンライン)、みやたに(オンライン)、澤佳一郎監督

3/21(月)〜3/24(木)連日 澤佳一郎監督登壇

3/25(金)主題歌生ライブ

登壇者:レイラーニ(現・中嶋晃子)、澤佳一郎監督

公式サイト:https://www.reclusivefactory.com/alice

場面写真は(C)2021 reclusivefactory