これまでの観客動員数が2万5000人を突破!劇場公開が始まってから約1年が経つ現在も各地での上映が続き、異例のロングラン上映となっている映画「ひとくず」。

 児童虐待の悲惨な現実を伝えながら、心温まるヒューマン・ドラマでもある同作については、これまで手掛けた上西雄大監督(第一回第二回)と、主要キャストであると同時に助監督、メイキャップなどスタッフワークも担当した徳竹未夏と古川藍(第一回第二回第三回番外編)のインタビューを届けた。

 そのインタビュー内でも触れているが、上西は「映像劇団テンアンツ」を主宰し、徳竹と古川は同劇団の看板俳優。これまで多くの舞台公演を行い、数年前から映像制作にも乗り出し「ひとくず」は生まれた。

 精力的な活動は続き、今年は赤井英和を主演にした映画「ねばぎば新世界」が公開。今後も、「ヌーのコインロッカーは使用禁止」「西成ゴローの四億円」と上西が監督を務め、徳竹と古川が出演した「映像劇団テンアンツ」印というべき映画の公開が控える。

 そして、先日、マドリード国際映画祭で最優秀作品賞と外国語映画最優秀主演女優賞のW受賞を果たしたことが報じられた「ヌーのコインロッカーは使用禁止」の舞台版の東京公演が8日から始まった。

 舞台公演直前に上西、徳竹、古川の3人に話をきいたインタビュー(第一回第二回)の第3回に入る。(全三回)

それぞれが演じるヌーの印象は?

 前回のインタビューでは、難役といっていいヌーをいかにして演じたのかについての話が中心となったが、今回はWキャスト、徳竹と古川それぞれが互いのヌーをどう感じているかという話から。

 まず、徳竹は古川の演じるヌーについてこう明かす。

徳竹「前回の話で少し出ましたけど、かわいいんですよ。

 とにかくかわいい。そのひと言に尽きる気がします。妹のような存在で、かわいくて仕方ないです(笑)」

舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」でヌー役を演じる徳竹未夏 筆者撮影
舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」でヌー役を演じる徳竹未夏 筆者撮影

 では、古川は徳竹が演じるヌーをどう感じているのだろうか?

古川「(徳竹)未夏さんのヌー役は、もう気づかされることだらけといいますか。

 未夏さんの、お芝居をみていると、『あれ、わたしまだ全然できてない!』って思っちゃうんですよね。

 『あっ、そうやんなあ』『あぁ、そういう表現があるよ』みたいな(笑)、気づかされることばっかりなんです。

 そこはあえて似せる必要はないんですけど、『なるほどなぁ』と思う瞬間がいつもあります」

徳竹「それはお互いにたぶんあるんじゃないかな。

 わたしも藍ちゃんのヌーを『あっ、そうか』って瞬間があるもん。

 役から離れると、客観的にヌー役を見れるので、気づくことがいつもある」

古川「そうですね」

徳竹「でも、前回(のインタビュー)、上西さんがいったことで腑に落ちたましたよ。

 そう、確かに中身の年齢が違うのかなと。

 わたしが演じた場合のヌーは確かにちょっと大人っぽい、藍ちゃんの場合は子どものような無邪気さがある。

 『なるほど確かに』と思いました」

古川「確かにそういわれると、未夏さんのヌーはちょっとリアリズムがあって、わたしのヌーはファンタジックな要素があるなと、思いました。

 だから、ほんとうに、同じ脚本で同じセリフをいっているのに、まったく別の物語のように違うんですよね」

上西「ほんとうに徳竹版と古川版で違うので、お時間許すならば両方みてほしいです」

舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」でヌー役を演じる古川藍 筆者撮影
舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」でヌー役を演じる古川藍 筆者撮影

まずは舞台版でヌーを知ってほしい

 今回は映画版「ヌーのコインロッカーは使用禁止」に先駆けての舞台公演。

 劇場版は来年の公開を予定しているが、マドリード国際映画祭で最優秀作品賞と外国語映画最優秀主演女優賞のW受賞するなど、すでに海外で高い評価を受けている。

上西「映画の公開はもう少し先になるんですけど、まずは舞台版でヌーを知ってほしいですね」

 ファンの立場からすると、徳竹版ヌーの映画版があってもいいような気がするが?

上西「それはちょっと考えています。あってもいいんじゃないかと。チャンスがあったら撮りたいですね」

ロングランヒットが続く「ひとくず」はディレクターズ・カット版が完成!

 そのほか、まだまだロングランヒットで各地で上映が続いている「ひとくず」だが、このたび、ディレクターズ・カット版が完成した。

上西「実は、もともと『ひとくず』は、2時間40分あったんですよ。

 すべてのエピソードをつなげていったら、その尺になったんです。僕はそれでいいと思っていたんです。

 ただ、僕ら何の実績も残せていない。その中で、いきなり2時間40分の映画を上映しようとしても、当然、とりあってもらえない。

 2時間ぐらいでないと、配給がつくのは難しいとなって、2時間にしたんです。

 まあ、その2時間にするまでも、結構大変で。

 最初、編集の人に入ってもらって、話し合いながら、カットしていったら、3分しか縮まってなかった(苦笑)。

 それで、もう大胆にやらないとダメだと、自分でもわかって。

 自分の気持ちを最優先させると切れないから、最後は編集の人の意見に従ってようやく約2時間になったんです」

舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」の作・演出を手掛け、黒迫を演じる上西雄大 筆者撮影
舞台「ヌーのコインロッカーは使用禁止」の作・演出を手掛け、黒迫を演じる上西雄大 筆者撮影

 今回、ディレクターズ・カット版を発表に至った経緯をこう明かす。

上西「おかげさまでまだ『ひとくず』の公開は続いてますけど、ほんとうにいろいろな方から『感動した』という声をいまもいただいています。

 何度もリピートしてみてくださる『追いくず』というファンの方もいらっしゃって、なにかそういった方に喜んでいただけるグッズはないかと考えて、シナリオを販売することにしたんです。

 そうしたら、『このシーンも見たい』『あのシーンはなんで入っていない!』という声をいただくようになった。

 それで、ある舞台挨拶のときにいったんです。『いつか機会があれば、切ったシーンをお見せできたら』と。

 そうしたら、『追いくず』のみなさんがファンクラブをつくってくださって、気が付けば400人ぐらいになっていた。

 で、そのファンクラブをメインで支えてくださっている方々と会ったときに言ったんです。『ディレクターズ版、みなさんにお見せしたいから作ります』と。

 それで制作に入ったんです。

 さらにそのファンクラブのみなさんが公開に向けた宣伝費のクラウドファンディングをはじめてくださったりして、ほんとうにありがたい次第です。

 通常のバージョンでは、カットの関係で飯島大介さんは出演クレジットには出てくるんですけど、シーンとしては出ていない。

 それがディレクターズ・カット版ではばっちり出てきます。

 飯島さんにずっと言われていたんです。知りあいから『えっどこ出てんの』って言われると(苦笑)。

 ようやくいい報告ができます」

僕らが育ってきたのは板の上。基本は舞台にある

 まだまだ『ひとくず』の上映は続けていくという。

上西「ディレクターズ・カット版で、もう一度、『ひとくず』をかけていただいた劇場を回れないかなと思っています。

 それから、今年公開した『ねばぎば新世界』も続編に向けてもう動いています。

 来年には『ヌーのコインロッカーは使用禁止』と『西成ゴローの四億円』の公開もあります。

 なんだか映画の話が続きますけど、僕らが育ってきたのは板の上。基本は舞台にあると思っています。

 ですから、基軸は舞台のお芝居におきながら、映像作品もどんどん発表して、作品のひとつひとつをみなさんに大切に届けていきたいと思ってます。

 まず『テンアンツ』の舞台をまだみたことのない方は、ぜひ今回の『ヌーのコインロッカーは使用禁止』に一度足をはこんでいただければと思います」

徳竹「舞台でヌーに出会っていただけたらうれしいです!」

古川「重ねてになりますけど、未夏さんとわたしとでほんとうに違うので、両方のヌーに出会っていただけたらと思います!」

 舞台公演は本日(15日)を含めて残り2日。ヌーに出会ってほしい。

舞台公演「ヌーのコインロッカーは使用禁止」ポスタービジュアル 提供:映像劇団テンアンツ
舞台公演「ヌーのコインロッカーは使用禁止」ポスタービジュアル 提供:映像劇団テンアンツ

舞台公演「ヌーのコインロッカーは使用禁止」

作/演出 上西雄大

出演:上西雄大、徳竹未夏、古川藍ほか

公演:10/8(金)~10/17(日) ※10/16(土)は、 特別上映 映画劇「コオロギからの手紙」

会場:「劇」小劇場(下北沢)

料金:前売り 5,900円/当日精算 5,900円

当日・千秋楽 6,500円

※すべて上西監督新作映画「西成ゴローの四億円」鑑賞券付き

チケット予約はこちら → https://ticket.corich.jp/apply/114501/10/

特別上映 映画劇『コオロギからの手紙』

※第46回公演 第5回東京公演 上演回舞台映像に生の音響を付けてお届け。吉村ビソーライブ付

各回 前売/当日 2,500円

チケット予約はこちら → https://ticket.corich.jp/apply/114502/10/

予約に関するお問い合わせは  thankyou-10ants@outlook.com まで