2977人もの尊い命が失われた、9.11、アメリカ同時多発テロから20年。

 当時、世界貿易センタービル(以下、WTC)に真っ先に急行したのは、警察官や消防士、救急隊員など救援のために現場に最初に駆けつける”ファースト・レスポンダー”と呼ばれる緊急対応要員たちだった。

 彼らは、この20年、何を思い、どう生きてきたのか?

 世界貿易センタービル近くの地下鉄の駅を警備中に事件の一報を受け、現場に向かった元ニューヨーク市警の警察官キャロル・ポークナーさんに話を伺った。

毎日9.11を生きている

 キャロルさんにとって、この20年はどんな20年だったのか? 

 最初にそう問うと、キャロルさんはこう答えた。

事件から20年が経ちましたが、私たちファースト・レスポンダーやサバイバーは、毎日、9.11の日を生きています。人はあれから20年経ったと思うかもしれません。しかし、あの日あの場所にいた私たちには、毎朝のように、9.11の日に目覚めている感覚があるのです。毎日のように、あの日のことが脳裏に蘇っています」

 キャロルさんにとって、時は、9.11の日からピタリと止まっていた。

 キャロルさんが今も9.11を生きているのは、現場で目の当たりにした光景が、あまりにも大きなトラウマになっているからだ。

「私の中で最もトラウマになっているのは、WTCから飛び降りる人々を目撃したことです。高層ビルから飛び降りるという、命を落とす決意をしなければならないほど、ビルの中は想像を絶する状況だったのでしょう。彼らの決意を思うと胸が苦しくなります。私は、彼らが飛び降りてきた場所のそばにいたので、飛び降りた後の酷い光景も目にしました。その光景もトラウマになっているのです」

粉塵と灰にまみれながら、歩き続けた元NY市警の警察官キャロル・ポークナーさん(前列、最左)。写真:womenyoushouldknow.net
粉塵と灰にまみれながら、歩き続けた元NY市警の警察官キャロル・ポークナーさん(前列、最左)。写真:womenyoushouldknow.net

私は逃げません!

 キャロルさんは、2001年9月11日の朝、WTCから1ブロックのところにある地下鉄の駅のパトロールを行っていた。WTCが大変な状況になっているという一報を受けたキャロルさんは地下鉄の階段を駆け上がった。そこで目にしたのは、航空機(アメリカン航空11便)が激突した直後のタワー1だった。 そして、WTCから逃げる多くの人々が生み出していたカオス。

 人々を救援するためにタワー2に入ったキャロルさんは、ビルの地下で、FBI捜査官にこう告げられ、事の深刻さを知る。

「我々は攻撃されている。これは絶対にテロだ。航空機がもっとたくさん飛んで来るかもしれない。生きたかったら、すぐに逃げた方がいい。我々はたぶんみな死ぬことになる」

 現場に留まって人々を助けるか、それとも逃げるか。キャロルさんは選択を迫られた。留まれば、確かに死ぬことになるかもしれない。死を覚悟したキャロルさんだった。時は、キャロルさんが逃げるかどうか迷うことを一瞬も許さなかった。そばにはすぐに救援を必要としている負傷者がいたからだ。キャロルさんはFBI捜査官にこう告げた。

「私は逃げません。助けるのは私の職務です。人々を残したままにはできません。できるだけ多くの人々が避難できるよう助けます」

ビルから飛び降りる人々

 キャロルさんは救援を続け、タワー2の中にいた人々を避難誘導した。しかし、避難誘導は容易には進まなかった。タワー1とタワー2の間に、ビルから、たくさんの人々が飛び降りてきたからだ。キャロルさんは避難する人々が飛び降りてくる人々にぶつからないよう、避難誘導しなければならなかった。しかし、救援にかけつけた消防署に務めるある牧師は、飛び降りてきた人がぶつかって亡くなったという。

「凄絶な恐ろしい光景だった」

とキャロルさんは振り返る。

「歩き続けろ」

 そして、キャロルさんがタワー2の中で救助活動を行っている時、2機目の航空機(ユナイテッド航空175便)が激突し、ビルが崩壊し始める。ビルが上部から次々と重なるように崩れ落ち、時速140キロはありそうな風塵で、周りにいる人々が吹き飛ばされる中、キャロルさんは吹き飛ばされないよう、週4回ウエイトリフティングをして鍛えていた身体から力を振り絞ってドアのフレームを掴み続けた。

 ビル崩壊後、瓦礫の中から這い出ることができたキャロルさんを取り囲んだのは真っ黒な煙と静寂だった。

 負傷したキャロルさんは、黒い煙の中を粉塵と灰にまみれながら歩き始めた。

「マリア、神の母よ、私たちを助けたまえ」。彼女にはどこからかそんな声が聴こえたような気がした。しかし、そこには誰もいなかった。後に、その声の主は父の声だとキャロルさんは思った。父が「歩き続けろ」と励ましてくれたのだと。

白血病に罹患

 その後、キャロルさんは負傷による痛みやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息、耳鼻咽喉系の病気、慢性頭痛など様々な健康問題に襲われる。膝や肩は6回もの手術を受けた。2014年にはさらなる試練が襲う。白血病と診断されたのだ。医師から、白血病は、9.11の日に有毒な物質に曝されたことと関連していると告げられたという。

「ファースト・レスポンダーやサバイバーたちは、多くが様々な癌に罹患し、亡くなった人も数多くいます。今年だけで、300人以上が9.11関連の病気で亡くなりました。また、多くの人々がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えており、そのために自ら命を絶った人もいます」

 9.11関連の病気に罹患したファースト・レスポンダーやサバイバーたちのモニタリングを行っているCDC(米疾病対策センター)の「ワールド・トレイド・センター・ヘルス・プログラム」の統計によると、2021年6月30日時点で、このプログラムを通して治療を受けている人々は約11万人。そのうち、約5人に1人に当たる23710人(癌で亡くなった人も含む)が9.11関連の癌と認定されている。比較までに、2018年6月30日時点では、9.11関連の癌と認定された人の数は9795人だったので、3年で2倍超に増えたことになる。

 また、9.11関連の癌で亡くなった人の数も年々増加している。その数は2018年6月30日時点では420人だったが、2021年6月30日時点で1510人と3倍超に増加。癌を含む9.11関連の病で亡くなった人は3799人と、9.11の日に亡くなった犠牲者の数を超えている。

助けることが支え

 現在、キャロルさんは治療を受けたりフィジカル・セラピーを受けたりする日々を送っている。再び、手術を受ける予定もある。白血病をはじめ様々な病気を抱え、身体の痛みにも襲われているキャロルさんを支えているものは何か?

「妻が心を支えてくれていますが、大切なのは自分自身を支えにすることだと思います。私はたくさんの病気を抱えていますが、そんな自分を憐れみたくはありません。病気にも負けたくありません。レジリエンス(困難な状況から立ち直る力)があり、ポジティブであろうとする自分を支えにしています。また、9.11を契機にファースト・レスポンダーやサバイバーの方々と繋がり、9.11関係のコミュニティーが生まれたので、コミュニティーを通じて出会った人々と交流することも支えになっています。9.11関係のコミュニティーの中には、私のようにポジティブになれない人々も大勢います。彼らは落ち込んだり、病との闘いに疲れたりしています。そんな彼らの話に耳を傾けたり、彼らの心の問題や病気を治してくれる医師を見つけたりしているのです」

 9.11のあの時、同じ思いを分かち合った人々を助けることが、キャロルさんの大きな支えになっているのだ。

私は今も生きている

 最後に、キャロルさんはこう結んだ。

「グラウンド・ゼロで有毒な煙をたくさん吸い込んだために、9.11の10年後には、私はこの世にはもういないだろうと思っていました。でも、こうして今も生きています。今生きていることに感謝しています」

 アメリカ同時多発テロから20年。9.11のあの時から今に至るまで、数多くの命が失われた。

 しかし、あの日、グラウンド・ゼロで命をかけて人々を助け、PTSDや様々な病気に襲われながらも強くあり続けようとしているキャロルさんの意志の力は今も生き続けている。

*続きは、「ガードを緩めたら、9.11は再び起きる」トラウマと闘う元NY警官に聞く 米同時多発テロ20年②をお読み下さい。

(関連記事)

アメリカ同時多発テロから19年 世界貿易センタービル「偽の柱」採用案の衝撃

アメリカ同時多発テロから18年 1万4千人超が9.11関連の癌に「粉塵と癌の関連性を初証明」米研究者

アメリカ同時多発テロから17年 約1万人の人々が9.11関連の癌に 今も9.11は終わっていない

「なぜ日本人建築家なんだ」 ミノル・ヤマサキが世界貿易センタービルの建築家に選ばれた理由とは?