家で捨てる食材6,990名調査 納豆、豆腐、もやし、パン、キャベツ、レタス…1位は?

(写真:アフロ)

2020年9月24日、ハウス食品グループ本社が、2020年7月に実施した「食品ロスに関する第二回アンケート調査」の結果を発表した。対象は10代~100歳代までの男女6,990名。2019年7月に実施された第一回と比べて、はたして変化はあっただろうか。

2019年と比べて家庭で食品・食材を捨てる人の割合は10%減少

2019年7月(n=6,357)に実施した調査と比べて、2020年7月(n=6,990)に実施した今回の調査では、食品ロスの認知率は90.1%から97.3%へと、より上昇して100%に近づいた。

また、食品・食材を月に1~2回以上捨ててしまっている人の割合は、2019年の70.4%から61.9%に減少した。

「食品ロスについて、聞いてみました」(ハウス食品グループ本社公式サイトより)
「食品ロスについて、聞いてみました」(ハウス食品グループ本社公式サイトより)

2020年の調査では、家庭での食品ロスが「まったくない」という人が17.1%いた。ほぼ毎日捨てている人から「月1~2回捨てている」という人まで合わせると61.9%となった。

食品ロス発生頻度(ハウス食品グループ本社、2020年7月実施調査結果より)
食品ロス発生頻度(ハウス食品グループ本社、2020年7月実施調査結果より)

捨ててしまいがちなのは圧倒的に「野菜」

捨ててしまいがちな食品や食材で最も多いのは、2019年と同様「野菜類」で、57.3%が回答した。次が調味料・油(14.5%)だった。

捨ててしまいがちな食品・食材の割合(ハウス食品グループ本社の調査結果より、上位10項目のみ抽出)
捨ててしまいがちな食品・食材の割合(ハウス食品グループ本社の調査結果より、上位10項目のみ抽出)

最近捨ててしまった食品・食材 上位10点

「最近捨ててしまった食品・食材」の1位は、2020年・2019年とも「きゅうり」だった。

最近捨ててしまった食品・食材 2020年と2019年の比較(ハウス食品グループ本社調査結果より)
最近捨ててしまった食品・食材 2020年と2019年の比較(ハウス食品グループ本社調査結果より)

考察

農林水産省平成26年度の統計調査と同様に、家庭で捨てられやすい食材は「野菜」であるという結果となった。

ハウス食品グループ本社としては、食品ロス削減推進法の施行(2019年10月)の前後での比較を考えていたのかもしれない。だが、期せずして新型コロナ感染症の拡大が起こった。食品ロスが2019年に比べて減る傾向になったのは、おそらくコロナ禍の影響であろう。

ハウス食品グループ本社の広告統括部・企画制作課の生田幸平さんは、2020年の結果について「外出自粛や在宅テレワークが進んだことで、家庭内での調理・喫食機会が増え、結果として家庭の食品ロスが減少した点は、2019年との比較で特筆すべき点かと考えています」と話した。

きゅうりの活用法

ハウス食品グループ本社は、捨てられやすいきゅうりの活用法として、自社商品(カレールー)を使ったカレーライスを提案している。

筆者は、この夏、きゅうりの半干しというのをやってみた。料理研究家の有元葉子(ようこ)さんが著書で提案しているものである。生で食べるよりも、歯ごたえが増し、しょうゆ・ごま油・酢を混ぜて漬け込んで食べると、ちょっとしたお酒のおつまみや漬物にもなった。

きゅうりの半干し(筆者撮影)
きゅうりの半干し(筆者撮影)

世界各国、コロナ禍で家庭の食品ロスが減る傾向に

これまで記事でイギリス・イタリア・オーストラリア などで、都市封鎖(ロックダウン)により家庭の食品ロスが減る傾向を紹介してきた。ただし、イギリスでは、ロックダウンが解けたら、また増える傾向も報道されているので、今後とも、世界各国の傾向を注意して見ていきたい。

参考資料

「食品ロスについて、聞いてみました」(ハウス食品グループ本社公式サイトより)

家で捨てる食材 6,357名調査 卵、牛乳、納豆、豆腐、パン、もやし…1位は?

イタリア計2,244名の購買行動と食品ロス調査 コロナ禍でどう変わった?SDGs世界レポ(30)

オーストラリア415名購買行動・食品ロス調査報告書 コロナ禍の変化とは?SDGs世界レポ(31)

家で食べ物を捨てる人減った?5,345名調査 日・仏・英・米 家庭の食品ロスの変化

「パン・牛乳・鶏肉などのロス34%減」英国、外出自粛中に家庭の食品ロス減:SDGs世界レポ(21)

きゅうりを干しておいしいの?干すと生より歯ごたえあっておいしい!お酒のつまみや夏休みの自由研究にも

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。食品ロス削減を目指す、政府・企業・国際機関・研究機関のリーダーによる世界的連合Champions12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『あるものでまかなう生活』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。