家で捨てる食材 6,357名調査 卵、牛乳、納豆、豆腐、パン、もやし…1位は?

(写真:アフロ)

ハウス食品グループ本社は2019年7月、自社会員サイト登録者6,357名対象に食品ロス調査を実施し、その結果を2020年5月に発表した。家庭内で捨てている食材は、はたしてどれが最も多かっただろうか。

この調査は2019年7月2日から8日まで、インターネットを用いて実施された。対象者は以下の通り。

ハウス食品グループ本社の会員サイト登録者

有効回答数:6,357(全国 10代から90代までの男女、うち男性1,375、女性 4,446、不明 536)

最も捨てる食材は野菜類で68.1%

家庭で捨てる食材で最も多いのが「野菜類」で68.1% 。次いで「果物」で17.4%、「日配品」(日持ちしにくい食品)で16.4%。

1位は「きゅうり」上位10位には野菜の他、豆腐・納豆・牛乳・パン・卵など

最近捨ててしまった食材ランキングでは、上位10位のうち、4つで野菜が挙げられた。

1位 きゅうり、2位 豆腐、3位 キャベツ、4位 レタス、5位 納豆、6位 牛乳、7位 もやし、8位 パン、9位 食パン、10位 卵と並んだ。

最近捨ててしまった食材ランキング(ハウス食品グループ本社資料より)
最近捨ててしまった食材ランキング(ハウス食品グループ本社資料より)

期限が近づいて焦った食品の1位は「牛乳」

期限が近づいてきて焦ったことのある食品の1位は「牛乳」。以下、豆腐、卵、納豆、肉類、ヨーグルト、ハム、パン、魚、ウィンナー・ソーセージと並んだ。

期限が近づいて焦ったことのある食品上位10位(ハウス食品グループ本社資料より)
期限が近づいて焦ったことのある食品上位10位(ハウス食品グループ本社資料より)

食品ロスの認知率は9割、ただし程度に差あり

食品ロス問題を知っているかどうかについて、「かなり詳しく知っている人」が4.9%、「ある程度知っている人」が45.7%、「なんとなく知っている人」が39.5%、「まったく知らない人」が9.9%という結果だった。年代が高くなるのに比例し、認知率も上昇した。

食品ロス問題の年代別認知率(ハウス食品グループ本社発表資料より)
食品ロス問題の年代別認知率(ハウス食品グループ本社発表資料より)

食品ロスが事業系と家庭系に分かれることの認知度は5割

「食品ロス」が、事業者由来の「事業系」と、消費者宅で発生する「家庭系」とに大別されることについては、「知っている人」が48%、「家庭系のみ知っている人」が8.3%、「事業系のみ知っている人」が14.8%となり、全体で知っている人は5割程度となった。これも年代が上がるごとに認知度が高まっている。

食品ロスが2つに大別されることについての世代別認知率(ハウス食品グループ本社資料より)
食品ロスが2つに大別されることについての世代別認知率(ハウス食品グループ本社資料より)

7割の家庭で食品ロスが月1~2回以上発生

家庭内での食品ロス発生頻度は、「ほぼ毎日発生」する人から「月1~2回」までが70.4%。「年1~2回」「まったくない」が29.6%。およそ70%の家庭で月1~2回以上発生しており、世代別では若いほど頻度が高い結果となった。

家庭内での食品ロス発生頻度、世代別調査(ハウス食品グループ本社資料より)
家庭内での食品ロス発生頻度、世代別調査(ハウス食品グループ本社資料より)

調査結果を拝見して

家庭内で野菜が最も捨てられるという結果は、平成26年度に農林水産省が実施している統計調査の結果とも一致しており、その他の調査でも同様の結果が出ている。

食品ロス削減のヒントその1 買う量を減らす

「捨てる」理由の一つは「需要と供給のアンバランス」なので、多く買い過ぎるのであれば、買う量や単位を減らすことがアドバイスとして挙げられる。きゅうりだったら1本売りを選ぶ、キャベツやレタスなら半個や4分の1個売りを選ぶ。海外であれば1kg単位で必要なだけ買うことができるが、日本ではそうでない場合が多い。

食品ロス削減のヒントその2 長持ちする保存方法を使う

キャベツやレタスを丸ごと買う場合、芯のところにある成長点を止めることで日持ちする。芯の裏側につまようじを3箇所ぐらい刺したり、芯をくり抜いて湿らせた新聞紙を詰めたり、小麦粉を塗ったりすると、放置しておくよりは長持ちする。

市販の野菜保存袋を活用するのもお勧めだ。

もやしは電子レンジにかけておいたり、袋から出して密閉容器に移し、水に浸けておいたりすると日持ちする。それが面倒な場合は、使う日以外に買うのをやめる。

食品ロス削減のヒントその3 賞味期限の意味や成り立ちを理解する

捨てている食品の上位に納豆や卵など、おそらく、賞味期限を品質が切れる日付だと誤解しているような例が見られる。消費期限と違って、賞味期限は美味しさの目安であり、かなり前に設定されていることを知っていれば、捨てなくて済んだかもしれない。

参考:

賞味期限切れ卵は生で何日食べられる?ニワトリが24時間かけて産んだ卵を賞味期限で容赦なく捨てる私たち

以上、調査結果から、食品ロス削減のヒントになりそうなこと3点を挙げてみた。

欧州の食品企業は、加工食品のパッケージに、賞味期限とはなんぞやという意味や、五感で判断して飲食するよう勧めている。つまり、消費者におもねるのではなく、「企業は、消費者教育の責務がある」としっかり認識している。日本の食品関連企業も、見習うべき点があると考える。

デンマークの牛乳のパッケージ。賞味期限の意味や、過ぎてもたいがいの場合は五感で判断して飲食可能であることを説明している。政府も了解済み(デンマークのToo Good To Go提供)
デンマークの牛乳のパッケージ。賞味期限の意味や、過ぎてもたいがいの場合は五感で判断して飲食可能であることを説明している。政府も了解済み(デンマークのToo Good To Go提供)

今回の結果は、食品ロス削減推進法が施行される前の調査なので、法律施行後にどう変わったか、次回の調査結果も楽しみに期待したい。

参考情報

食品ロスに関するアンケート調査結果について(ハウス食品グループ本社)

もっとカレーだからできることプロジェクト(ハウス食品グループ本社)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

有料ニュースの定期購読

食品ロス問題ジャーナリスト・井出留美のSDGs世界最新レポートサンプル記事
月額900円(初月無料)
月2回程度
気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。